ニュース
» 2011年09月05日 19時17分 公開

皆をつないで世界がつながる 「ドラクエX」はオンラインゲームのハードルを下げるかWii/Wii Uで発売、3DSとの連携も

「誕生25周年 ドラゴンクエスト新作発表会」において、Wii/Wii U対応ソフト「ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン」が発表された。

[加藤亘,ITmedia]
画像

 9月5日、Wii/Wii U対応ソフト「ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン」の発売が決定した。シリーズでは初のオンライン対応となる。Wii版は2012年発売を目指し開発が進められている(Wii U版は未定)。

 パークハイアット東京において行われた「誕生25周年 ドラゴンクエスト新作発表会」では近日中にテストプレイが体験できるβテスターの募集も予定されている。

 発表会にはアーマープロジェクト ゲームデザイナー堀井雄二氏をはじめ、スクウェア・エニックス ドラゴンクエストシリーズ エグゼクティブプロデューサー 三宅有氏、同社「ドラゴンクエストX」プロデューサー 齊藤陽介氏、同社「ドラゴンクエストX」ディレクター 藤澤仁氏、そして任天堂代表取締役社長 岩田聡氏が登場。まずはじめに三宅氏と堀井氏が累計5800万本以上の出荷実績を誇るドラクエシリーズ25周年の軌跡を振り返る。

画像 世代を超えて愛されるコンテンツはなかなかない。楽しい冒険の思い出とともに30周年、50周年と続けて行きたいと三宅氏
画像 わずか64KBの容量しかなかった「ドラゴンクエストI」から25年経つが、自分が主人公になれるという部分は変わっていないと堀井氏

 ドラクエの思い出の中には、友人と進行具合の報告や攻略について話した記憶と結びついているものも多い。それはプレイすることでコミュニケーションが成立していたことを意味していた。「ドラゴンクエストIX」の「まさゆきのちず」を例に、堀井氏自身もちず欲しさに新宿駅周辺をうろついたものだと振り返る。「ドラゴンクエストX」では、そうした他者とのコミュニケーションの再定義へと踏み込んだものとなる。

画像

 Wii/Wii U対応ソフト「ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン」は、そのタイトルにあるとおり、5つの魅力あふれる種族が中心に物語が紡がれることになる。舞台となるのは5つの大陸からなる「アストルティア」。「オーガ」「ウェディ」「エルフ」「ドワーフ」「プクリポ」の5種族からキャラクターを選ぶことができ、転職システムも健在だ。発売後には新職業や新クエスト、季節ごとのイベントなどの追加配信も予定している。

 堀井氏は仲間とプレイしている“感じ”を表現してきた本作だからこそできるオンラインゲームの進化系を目指している。また、温かい世界を作ろうとも。ただし、メリット・デメリットともにあることも理解している。AIの仲間ではなく、人間相手だとなにかと気を使うことも多いだろう。だからこそ気軽にログインして気持ちよく遊べることに注力しているのだそうだ。

 プロデューサーを務める齊藤氏は、「新しい感動」と「ずっと遊べる喜び」と、そして「安心して遊べる信頼」が本作を制作するにあたっての根幹だと紹介。オンラインの向こう側への気づかいとプレイヤー自身への安心感を強調した。AIで動くキャラクターを酒場で募集し、彼らを連れて1人で遊ぶこともできるし、自身を酒場に預けて他プレイヤーに育ててもらえるといったシステムがあることからもその一端がうかがえるのではないだろうか。

画像

 オンライン要素としては、フィールドで他のプレーヤーと会話ができ、戦闘中他のプレイヤーを応援してテンションをあげることができる。戦闘中に万が一力尽きてしまっても他プレイヤーへ助けを求め蘇生してもらうことも可能とか。生活面も充実しており、錬金で装備を自作でき、それを売ることができたり、自分の家を持ちそこへ招待することもできるようになるそうだ。

 なお、本作はシリーズ初となる自社開発となる。WiiおよびWii Uへの対応だけでなく、すれちがい通信といったニンテンドー3DSへの連携も視野に入れている。今後、公式サイトなどでβテストへの参加者を募る予定だ。

画像 「ドラゴンクエストX」プロデューサーの齊藤氏は、気軽にログアウトできるようなゲームにしたいと意気込みを語る
画像 「ドラクエVIII」のスキルポイント振り分けは健在。「ドラゴンクエストX」ディレクター 藤澤仁氏がデモプレイ映像を紹介した

画像 岩田氏は25年の長寿シリーズでありながら最新作でも大記録を打ち出すほどと絶賛

 発表会には、任天堂の岩田聡社長もゲストとして登壇。「かつてユーザーには敷居が高かったRPGというジャンルで国民的ゲームとなった実績を持つだけに、『ドラゴンクエストX』が、オンラインゲームを変えていってくれるのではないかと楽しみにしている」と、本作でも社会現象となってほしいと期待を寄せた。

 「ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン」は、Wii版が2012年発売予定。USBメモリーを必要とする。価格や利用料金については未定。基本プレイ人数は1人だが、1ユーザーにつき3キャラクター作成することができる。Wii U版についてはすべて未定。


画像 司会によってキャラクターデザインの鳥山明氏、音楽のすぎやまこういち氏からのコメントも読み上げられた
画像 会場エントランスに展示されていた天空の剣と王者の剣
画像 発売済みも含めて25周年記念アイテムが勢ぞろい

画像 11月ホリより発売予定の「ドラゴンクエストスライムタワースピーカー」。価格は4980円。ちなみに分裂して設置することもできる
画像 全国ファミリーマートにおいて11月より発売が予定されているスライム肉まん。170円で提供される予定だ
画像 スライムだからの展示物

(C)2012 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2107/23/news003.jpg ぬいぐるみを抱いて眠る保護子猫、寂しくなって……? 飼い主さんのもとへ行く姿がもん絶級にかわいい
  2. /nl/articles/2107/22/news018.jpg 【漫画】夫の買い置きを勝手に食べ、謝る妻だったが…… 思いがけない夫の愛ある言葉に「前世は仏様か?」の声
  3. /nl/articles/2107/23/news050.jpg 小学生に読書感想文の書き方教えるテンプレが最高にわかりやすい 学生時代に「欲しかった」と2万“いいね”
  4. /nl/articles/2107/22/news009.jpg 「私たち、どうして終わったんだっけ」―― 元カレと再会して本当の“別れの理由”に気付く漫画が切なくも心に刺さる
  5. /nl/articles/2107/22/news011.jpg リモートワークになったので田舎に移住してみたら…… ワケありなメイドさんと暮らすことになった漫画に「かわいい」「うちにも来てほしい」の声
  6. /nl/articles/2107/23/news014.jpg 「目がおかしくなりそうなぐらいアザラシの最中作っています」 まんまるでコロコロな「アザラシ最中」がずっと眺めていたくなるかわいさ
  7. /nl/articles/2107/23/news006.jpg シリアスなの? ギャグなの? 漫画「エスパー少女が花嫁を奪いにくる話」にツッコミが追いつかない
  8. /nl/articles/2107/22/news039.jpg 「ベンツが似合いすぎる」 矢沢永吉、28歳・ソロデビュー間もないころに買った愛車を披露 「やっぱ最高にセンスがイイ」の声
  9. /nl/articles/2107/23/news002.jpg 【なんて読む?】今日の難読漢字「蕩ける」
  10. /nl/articles/2107/22/news005.jpg 赤ちゃんウサギの世話をするハト 大きくなってもあたため続ける姿に愛があふれている

先週の総合アクセスTOP10

  1. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  2. 石橋貴明&鈴木保奈美が離婚報告 今後は“事務所社長と所属俳優”として「新たなパートナーシップ」構築
  3. 元ブルゾンちえみ・藤原史織、最新ショットに反響 「更に痩せた?? 可愛すぎる」「素敵です!! 足細いですね」
  4. 「美容師人生の集大成を見せる」 タンザニアハーフ女子を縮毛矯正したら「美容師ナメてた」「人生変わるレベル」と360万再生
  5. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  6. 怒られたシェパード、柴犬の後ろに隠れたけど…… でっかくて丸見えなしょんぼりワンコが応援したくなる
  7. 塚本高史、中2長女&小6長男の背の高さに驚き 「なんじゃこいつらの成長の早さは!」「俺身長抜かれるんか?」
  8. 「声出して笑った」「狂人度高くて好き」 自転車泥棒を防ごうと不吉そうな箱を自作→まさかの結末迎える漫画が話題に
  9. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  10. 基地で生まれ育った子猫、兵士が足踏みすると…… まねをして一緒に行進する姿がかわいい

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」