ニュース
» 2011年12月16日 08時21分 公開

「プレイステーション」はハードからブランドへ――アンドリュー・ハウス社長兼CEOが語る「プレイステーション」の未来社長交代でプレイステーションはどう変わる?

9月1日より新たにSCEの代表取締役兼グループCEOに就任した、アンドリュー・ハウス氏によるラウンドテーブルが開催された。そこで語られた、プレイステーションの未来像とは。

[池谷勇人,ITmedia]

PS Vitaの予約は好調、海外展開にも手応え

画像 アンドリュー・ハウス氏。SCE本社にて長らく北米市場のマーケティングを担当しており、日本、北米、ヨーロッパの3市場に明るい。日本語も流ちょうに使いこなす

 PlayStation Vitaの勝算は? プレイステーション 4の開発は? ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)の代表取締役兼グループCEO、アンドリュー・ハウス氏が12月15日、複数媒体を招いたラウンドテーブルを開催し記者らの質問に答えた。

 真っ先に聞かれたのは、現行のプレイステーション 3に代わる次世代ハードの話題。しかしハウス氏はこれについて「みなさん予想されている通り、現時点では何もコメントはできません(笑)」と即答。PS3は今がまさに収穫期であり、もっともすばらしいゲームを提供できる段階になったばかり――とハウス氏は分析する。「プレイステーション 2は10年間生き残った。プレイステーション 3ではそれを超えるようなライフサイクルに期待したい」(ハウス氏)

 17日に発売を控えたPlayStation Vitaについては、「予約販売も大変好調」と手応えを強調した。現状、海外市場では携帯機よりも据え置き機が主流となっていることについて聞かれると、ブラックフライデーにおける3DSの好調に触れつつ、「まだどんな国でも、ゲーム専用機のライフサイクルはある」と回答。

画像 12月17日に発売されるPlayStation Vita

 加えて海外で据え置き機が好調な背景のひとつに、「ネット対戦が当たり前のものになりつつある」点を挙げ、PS Vitaの強みであるネットワーク機能、ソーシャル機能は、北米やヨーロッパのユーザーにとっても大きな魅力になると考えを述べた。「ここ数年、ゲーム機のネットワーク化が大きく進み、十分なネットワーク機能を持った(モバイル)デバイスが必要になってきている。Vitaはそれに耐えうるものになる」とハウス氏。なお、Vitaの当面の販売目標数についても聞かれたが、こちらは「今の段階で具体的な数字は公表していない」とのこと。

 また質問の中で多かったのは、ソーシャルゲームやスマートフォンといった新興市場との棲み分けについて。現状、日本ではモバゲーやグリー、海外ではFacebookなどが「ハードを持たないプラットフォーム」として大きな勢力を築きつつあり、今までのようにゲーム専用機をプラットフォームとして展開していくモデルは今後厳しくなっていくのではとの声もある。実際、SCEも「PlayStation Suite」という形で「ハードを持たないプラットフォーム」を打ち出しているが、このあたりについてハウス氏はどのように考えているのだろうか。

「PS Suiteのターゲットは、はじめてゲームに触る人たち。PS Suiteの魅力はマルチデバイス、クロスデバイスの部分にあり、開発者にとっては(専用機に比べて)アッという間に幅広いユーザーにアクセスできるというメリットがある。しかしどうしても、より奥深いゲーム体験という部分には限界があり、そこで並行して(PS Vitaのような専用機で)最先端のすばらしいインタフェースや技術を盛り込んだ体験を提供していく。PS Suiteを入り口にして、専用のデバイスでより良いゲーム体験を味わってもらうことで、徐々にその面白さを理解してもらうというのが理想」(ハウス氏)

 ソーシャルゲームや他のスマートフォンとの棲み分けについてはどうか。ソーシャルゲームやスマートフォン市場の隆盛について危機感を抱いているか、との質問に対しては、「危機感というよりは、パッケージ購入やネット配信など、コンテンツによってふさわしいビジネスモデルがある、というのが私の認識です。モバゲーやグリーなどのユーザーについては現状、私たちのプラットフォームがリーチしていないユーザーベースであり、競合性はないものと考えています」と答えた。

 もちろん、「ハードにまったくこだわらないわけではない」とハウス氏は強調する。ゲーム専用機から完全に脱却することは、自社が持っているOSやプラットフォームの魅力を失ってしまう可能性がある。PS Suiteは入り口であり、その入り口を進めば自然にゲーム専用機という道へとつながっていく。PS Suiteに力を入れていくからといって、今後ゲーム専用機から脱却していくということはなく、あくまで「両輪で進めていく」というのが当面の方針のようだ。

 しかし、従来のような「プレイステーション=特定のゲーム機を指す言葉」という考えが、今後ゆるやかに変化していくことは間違いないだろう。「大事なのは(プレイステーションという)ブランド。今までプレイステーションというブランドはハードと結びついていましたが、これからはハードだけでなく体験、遊び方、楽しみ方に結びついたものになっていく。だからこそ社内でももう一度定義しなおす必要がある」というハウス氏の発言からは、少なからず、ゲーム専用機へのこだわりから離れつつあるニュアンスが感じられた。

画像 1990年ソニー入社。SCE本社にてマーケティング担当として活躍したのち、ソニーCMO、SCEEの社長兼CEO兼Co-COOなどを経て、2011年9月1日をもってSCE代表取締役兼グループCEOに就任した

 最後に、今後どのようにSCEを変えていきたいか、と問われると、ハウス氏は「大きく2点あります」と答えた。1つは、これまで(SCEAやSCEEといった)各地域に任せていた、マーケティングやゲーム会社とのコミュニケーションを、SCE本社がより密接にグローバルに管理していくこと。そしてもう1つ、自身がマーケティング部門出身であることを踏まえ、「今一度プレイステーションというブランドがどんなものなのか再確認し、定義しなおしていきたい」とハウス氏。またハウス氏と言えば、2005年にはソニーのCMO(Chief Marketing Officer)にも就任しており、ソニーグループのブランド展開を一手に引き受けてきた実績も持つ。その実績も活かし、今後は親会社であるソニーとの連携を、SCE側からより積極的に提案していきたいとも語った。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2201/20/news011.jpg 飼い主の指をしゃぶりたい保護子猫、大声で激おこ→「満足です……Zzz」 別猫のようなビフォーアフターがかわいい
  2. /nl/articles/2201/20/news094.jpg 「今日もぐんぐんグルトは買えませんでした」 “雪に埋もれた自販機”を1カ月間観測し続けた道民に注目集まる
  3. /nl/articles/1902/28/news005.jpg 「お前やってることは法律に引っかかってんだよ!」 コインハイブ事件、神奈川県警がすごむ取り調べ音声を入手
  4. /nl/articles/2201/20/news012.jpg 守りたい小さな背中の保護子猫が、5カ月後…… ずんぐりむっくりに成長したビフォーアフターに感動
  5. /nl/articles/2201/20/news010.jpg 「猫はコタツで丸くなるんですか?」「いいえ、雪道を猛ダッシュします」 兄姉犬と元気に散歩する猫がかわいい
  6. /nl/articles/2201/19/news025.jpg 「ペレットはお付けしますか?」 ハンバーグの注文でよく分からず「食後で」頼んでしまう4コマがシュール
  7. /nl/articles/2201/20/news154.jpg 「2人ともスタイルが流石!」「現役可愛い」 高島礼子&とよた真帆、デパ地下で遭遇した“50代美女”ショットに反響
  8. /nl/articles/2201/19/news024.jpg 昔出会った不思議な小学生、10数年前ぶりに家を訪れ「ゾクリッ」 実話怪談漫画の結末が不気味
  9. /nl/articles/2201/20/news079.jpg 3日ぶりに再会した子猫とハスキー、愛が爆発し…… 熱烈歓迎がとまらない子猫と諦めて受け入れるワンコが尊い
  10. /nl/articles/2201/20/news026.jpg 【漫画】「男の子の双子です」と言うと……「お家ボロボロにされるわよぉ」 アドバイスに戦慄するママに体験談集まる

先週の総合アクセスTOP10

  1. 勝手に「サービス終了ゲーム総選挙」をやったら6700票も集まってしまったので結果を発表します 2位の「ディバインゲート」を抑えて1位に輝いたのは……
  2. ママとの散歩中、田んぼにポチャンした柴犬さんが帰宅後…… パパに一生懸命アクシデントを報告する姿がいとおしい
  3. “26歳年の差婚”の菊池瑠々、第4子妊娠を発表「もう、とにかくうれしいです!」 年上の夫も満面の笑み
  4. 桐谷美玲、隠し撮りに「絶対ヤバい顔」 “ほぼ半目”な不意打ち写真に「100点満点に可愛い」と全力フォローの声
  5. 村田充、3匹目の愛犬の存在明かす 神田沙也加さんから引き取ったブルーザーとは「数日で仲良くなりまして」
  6. 三浦孝太、母・りさ子誕生日に“家族4ショット”でお祝い キングカズも笑顔の写真に「家族が1番!」
  7. バレー日本代表の清水邦広の再婚に盟友・福澤達哉さん「相手は私ではございません」 元妻は中島美嘉
  8. 「駅の待合室をバケモンが占領している」→“謎の生き物”の正体について大分県立美術館に話を聞いた
  9. 滝沢カレン、倖田來未の“バックダンサー”になりすまし 感極まって「人一人洗えるくらい泣きました」
  10. 宮崎駿愛用の「電動消しゴム」が故障 → サクラクレパス公式が倉庫の奥から発掘 Twitterが繋いだ温かな展開が話題に

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」