ガンプラ作れないからって、レゴで完全変形リボーンズガンダム作っちゃったんですかっ!?なんだただの天才か

レゴブロックのガンダム作品が「カッコイイ」「完全変形」なのはもはや当たり前。レゴ王が目指すのはその先! オリジナル作品制作の極意は、まずは好きなものに「似せてみる」ことにあり!!

» 2012年01月16日 10時15分 公開
[種子島健吉,ITmedia]
※本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

レゴ王、ガンプラは挫折しレゴで制作

「いやー、大好きなガンダムを部屋に飾りたいなと思って、モデラーの知り合いに聞いてみたんですけど、パーツの切り方とか塗装の仕方とか細かくて、ガンプラは自分には無理だなって……」

 いやー、普通の人はレゴブロックで作るほうが無理ですって。実はさとぴサンこと佐藤 洋(さとう ひろし)氏は、テレビチャンピオン2の第3回レゴブロック王選手権の優勝者なんです。さすがレゴブロック王。言うことが常人とは違います。

 ちょうど「ガンプラは無理だな」と思ったのと同時期に、さとぴサンがレゴブロック王になったのを知ったガンダム好きの友人が、「レゴでガンダムも作れるの?」と問いかけたこともきっかけとなって、「敬愛する至高のモビルスーツ」とさとぴサンが言ってはばからない記念すべきガンダム作品第1弾、ゼータガンダム(ウェイブライダー完全変形)に挑戦。次にアカツキ(オオワシ、シラヌイ換装可能)、そして今回のリボーンズガンダム(リボーンズキャノン完全変形)の制作へと繋がったわけです。


画像

画像

画像 良くできたリボーンズキャノンだなぁと思って観ていると、抜き差しなしでリボーンズガンダムへ完全変形!! 腕部関節の可動範囲も広くサーベルを抜くことができ、GNドライヴも発光。当然のごとくファングも分離する完成度の高さ(画像はさとぴサンのホームページ「さとぴ造船所」から許可を得て転載)

子供の頃から変形ロボットが大好き

 さとぴサンは、レゴ歴約15年。特に学校で機械や建築を専攻していたわけでもなく、現在も技術職でないごくごく普通のビジネスマンをやっている。ただ、子供の頃からアニメのロボットが大好きで、小学生の時ふとアニメ版「トランスフォーマー」のロボットがレゴで再現できないかと、「クルマから変形するロボットを作ってみたら思った以上に良くデキて感激したという思い出がルーツとなっているかも」とのこと。

 レゴから離れていた時期もあったそうですが、大学生時代に記念に1作品作って残ったパーツは親戚の子供にあげようと思ったら、またしても思った以上の良いデキでレゴ熱が再燃。このとき制作した変形ロボット1号からすでにミニフィグ(人形)1体搭乗可能で、抜き差しなしの完全変形だったところがさすがのこだわりです。

 下世話なのですが、素朴な疑問としてとレゴブロックオリジナル作品にトライする方の参考のため予算を確認したところ、いろいろなパーツを使用しているので正確なところは分からないが、リボーンズガンダム級の作品に費やすパーツをすべてそろえると10万円以上になってしまうとのこと。

 どうしてアバウトな話になってしまうかというと、さとぴサンの場合、2回のテレビチャンピオン出演の際に出演料の代わりに支給されたレゴブロックがあって、それを活用しているため。

 ちなみに、最初の出演で番組からの50万円分に加えてレゴ社からも提供があり、2回目の出演でも、番組からの70万円分に加えてやはりレゴ社からの提供もあったそう。それがガンダム3機体に有効活用されており、基本的に今持っているパーツで作品を制作するようにしているそうです。


完全変形ゼータガンダム。こちらの映像、レゴ好き、ガンダム好きならば観たことあるかも? 抜き差し無しで、ウェーブライダーになるのはホントにお見事


こちらアカツキは、大気圏内用装備のオオワシ、宇宙空間用装備のシラヌイの2通りのバックパックが換装可能。スケールは他2機体と同じく、レゴのミニフィグに合わせた約40分の1

「カッコイイ」「完全変形」よりも実は……

 再現度の高い作品をハタから観ていると、さぞかし外観にこだわって制作しているのかと思いきや、「カッコイイ」「完全変形」などはもう、さとぴサンには当然過ぎること。実は、見た目を多少犠牲にしても、「関節の可動範囲」や「強度」にこだわっていて、「動かなければ意味がない。変形やポージングしたときに、パーツがバラバラ外れたりといったことは許しがたい」のだそう。

 制作でいちばん苦労するのも、見た目のクォリティを確保しつつ、可動範囲と強度を犠牲にしないというところだそうなので、映像もそのあたりのバランス感覚が見どころです。

まずは好きなものに「似せてみる」

 「自分もレゴブロックでオリジナル作品を作ってみたいな」と思っている読者諸兄姉にアドバイスをお願いしたところ、まずはクルマや飛行機などなんでも良いので、自分が好きな一番作りたいものに「似せてみる」こと。持っているパーツと見比べて、どのパーツが似ているかイメージしてみること。そうやって経験を積んでいると、どのパーツとどのパーツの組み合わせでどんな形状ができるか想像できるようになり、どんどん表現の幅が広がっていくそうです。

 しかし、ガンプラでいえばMG(マスターグレード)かPG(パーフェクトグレード)級、はたまた市販売りのレゴブロックキットかと見まがう作品の完成度は圧巻です。思わず編集長が「ITちゃんも作ってもらえないかなあ」とつぶやいてしまう気持ちも分からないではありません。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2406/16/news001.jpg 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  2. /nl/articles/2405/19/news005.jpg 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  3. /nl/articles/2406/16/news017.jpg 2歳娘とかくれんぼ中のパパ、「もういいよー」が聞こえず目を開けると…… まさかの光景に「かわいすぎ!!」「永遠に始まらないww」
  4. /nl/articles/2406/15/news022.jpg 「絶対当たったわこれ」→「は?」 ガリガリ君の棒に書かれていた“衝撃の文章”に「そうはならんやろ」
  5. /nl/articles/2406/15/news025.jpg 【今日の計算】「50×50+50」を計算せよ
  6. /nl/articles/2406/16/news044.jpg 掃除中のママ、物音に振り返った瞬間…… 息子の“やばすぎる”行動に絶望 「もう笑うしかない」「まじこれ世界共通」【米】
  7. /nl/articles/2406/14/news136.jpg 家でポン・デ・リングを作ったら悲劇が…… まさかの姿に変身したドーナツに「爆笑した」「エンターテイナー」 3年後、再挑戦したのか聞いてみた
  8. /nl/articles/2406/16/news049.jpg 「天才見つけた」 ご飯の粗熱をすぐ取りたい→“予想外すぎる方法”を編み出した人に仰天 「効率良いな」
  9. /nl/articles/2406/16/news039.jpg 「こんなことになるのか」 ドラゴンフルーツ、白い服は控えたほうがいい理由 「翌日のトイレもなかなかです」
  10. /nl/articles/2406/15/news008.jpg 「え?」 “ごみだらけの道”を掃除したら…… あらわになった“まさかの正体”に世界中が驚き 「信じられない」【海外】
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「虎に翼」、共演俳優がプライベートで旅行へ “決別中”の2人に「ドラマではあまり見ることが出来ない全力笑顔」
  2. 「ハードオフには何でもある」 → 4万4000円で売られていた“とんでもないモノ”に「これは草www」「見てるだけでワクワクする」
  3. 釣りから帰宅、持ち帰った謎の“ニュルニュル”を水槽に入れてたら…… いつの間にか誕生した意外な生き物に「すごおー」「どこまで育つかな!?」
  4. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  5. 「さざれ石に苔のむすまで」何日かかる? 毎日欠かさず水やりし続けてまもなく1年、チャレンジの結果に「わびさび」「継続は力」
  6. 朝ドラとは雰囲気違う! 「虎に翼」留学生演じた俳優、おなかの脇がチラ見えな夏らしいショットに反響「とてもきれい」
  7. フードコートでふざけたパパ、1歳娘に怒られる→8年後の“再現”が1185万再生 笑えるのに涙が出る光景に「大きくなった!」「泣ける」
  8. 1歳妹「ん」だけで19歳兄をこきつかい…… 「あれで分かるにいに凄い」「ツンデレ可愛い」マイペースな妹にほんろうされる姿が280万再生
  9. 「ベランダは不要」の考えを激変させた“神建築”が200万表示 夢のような光景に「こんな家に帰りたい」「うっとり」
  10. 三重県沖であがった“巨大マンボウ”に漁港騒然…… 人間とサイズ比較した驚愕の光景に「でっか!!」「口から何か出てますね」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「今までなんで使わなかったのか」 ワークマンの「アルミ帽子」が暑さ対策に最強だった 「めっちゃ涼しー」
  2. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  3. 市役所で手続き中、急に笑い出した職員→何かと思って横を見たら…… 同情せざるを得ない衝撃の光景に「私でも笑ってしまう」「こんなん見たら仕事できない」
  4. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  7. 幼稚園の「名札」を社会人が大量購入→その理由は…… 斜め上のキュートな活用術に「超ナイスアイデア」「こういうの大好きだ!」
  8. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  9. JR東のネット銀行「JRE BANK」、申し込み殺到でメール遅延、初日分の申込受付を終了
  10. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」