デジカメ写真をiPhoneに即時転送! 3つの方法を徹底比較してみた旅するガジェット(3/3 ページ)

» 2012年04月24日 13時22分 公開
[吉田友和,ITmedia]
前のページへ 1|2|3       
※本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

 AirStashはどうだろうか。iPhoneへの転送には専用アプリを使用する。AirStash自体がアクセスポイントになるので、iPhoneのWi-Fi設定からSSIDを選んで接続し、アプリを立ち上げるとカードのルートフォルダが表示される。写真が入っているフォルダを開き、ファイルを選ぶのだが、ここで残念なのはサムネイル表示ができない点だ。一覧で表示されるのはファイル名のみなので、タップして写真を表示させ確認する必要がある。写真を表示させた画面では、スワイプで前後の写真に移動できる。iPhoneを傾ければ縦横が回転するが、ピンチイン/アウトでの拡大縮小には非対応のようだ。

 転送したい写真を選んだら、画面左下の「+」ボタンをタップする。すると転送画面に切り替わるので、「画像をコピーする。」をタップすればiPhoneに保存される仕組みだ。データを先読みしているせいか、保存自体は非常に高速でほぼ一瞬で完了する。転送時に画像サイズを縮小することも可能で、縮小後のサイズは1024×768ピクセルになった。また転送後に、カード内のデータを自動で削除するようにも設定できる。

画像画像 専用アプリではファイル名が一覧表示される。画像を選択して「+」ボタンをタップすると、転送画面に切り替わる。フォルダ内の全画像を一括転送する場合には、一覧画面でカメラマークをタップすればよい

 AirStashの良い所は、撮影の際に好きなSDメモリーカードを使える点だろう。Eye-Fiは読み込みは問題ないが、書き込み速度がスペックに満たないようだ。SDスピードクラスはclass6となっているが、同じclass6のSDメモリーカードと比較すると、明らかに書き込みが遅く感じる。最新の一眼レフなどをバリバリ使いたい人なら、class10などの高速なカードを使用して撮影できるのは、AirStashの利点といえるだろう。

画像

 また、AirStashはRAW画像にも対応している。ただしデータ自体の転送はできても、iPhone上で表示できるかどうかはカメラによるようだ。OM-D E-M5のRAWファイルはiPhoneでも表示できたが、ペンタックスK-5のRAWファイルは開けなかった。iPhoneに転送したファイルをPCにコピーして確認すると、K-5のRAWファイルの方はなぜか拡張子がTIFFに変換されていた(元はPEF)。試しにLightroomで読み込んだら通常のPEFファイル同様に現像処理が可能だったが、若干気になるところだ。いずれにしろ、iPhoneに転送する用途であればJPEGで十分だとは思う。RAWファイルはEye-Fiでは上位製品のみ対応で、FlashAirはスペック上は対応となっているが、OM-D E-M5、K-5共にSafariでは開けなかったことも補足しておく。

 撮り終わってカードをカメラから抜き出す一手間を苦に感じないのであれば、AirStashはオススメ度は高いといえる。ただ実際に海外旅行で使ってみたのだが、観光の最中にカードをいちいち抜き出すのはあまり現実的ではないのも事実で、カフェや公園、移動中の車内など、落ち着いた場所での作業になりがちだったことは正直に書いておく。

 AirStashでは、専用アプリを使用せずにSafariなどのブラウザからアクセスすることもできる。その場合もやはりサムネイル表示は不可能で、一覧表示はファイル名のみとなる。iPhoneで利用する限りは、アプリの方が手軽だ。アプリを使用すると、写真を個別に選択するやり方に加え、特定のフォルダ内のデータを一括で転送することもできる。この点はEye-Fi同様だが、AirStashでは一括で転送するか個別に転送するかをその都度選べるのは便利だと感じた。

 大量の写真を一括で転送する場合にかかる時間をAirStash、Eye-Fi双方で計測してみた。OM-D E-M5で撮影した1枚あたり7MB前後のJPEG画像を合計164枚、容量にして約1.14GB分転送した結果、AirStashが17分40秒、Eye-Fi(Connect X2 4GB)が17分20秒と僅差であった(AirStashの方は同じclass6の4GBのカードを使用した)。


画像画像 一括転送中の画面。左がEye-Fi、右がAirStashだ

 1つ小技を紹介すると、もし使わなくなった古いiPhoneが余っているなら、この一括転送機能を使って、データのバックアップを取る手がある。旅先で撮った写真は取り返しのつかないものだ。貴重なデータを失わないために、バックアップを取るのは常套手段である。PCを持って行って、ホテルなどでその日撮った写真を都度コピーしている人は少なくないと思う。もしそのためだけにPCを持参しているのなら、iPhoneをバックアップ先にすることでPCを持って行かずに済むことになる。もちろん古いiPhoneではなく、現役で使っているものでも構わないが、空き容量との相談にはなるだろう。

 欲をいえば、どうせカードを抜き出すのなら、カードリーダーがiPhoneのDockコネクタに直接接続できるような製品だとさらに便利だとは思う。iPadであれば、アップル純正のCamera Connection Kitを介して写真データを取り込むことができる。しかしiPhoneではUSBホスト機能がないせいか、Camera Connection Kitは使えない仕様だ。また以前サンワサプライから「zoomIt」というiPhone用のカードリーダーが販売されていたが、もう売られていない。

 近頃はデジカメ本体にWi-Fi機能を搭載した製品が少しずつ出始めている。今は過渡期なのかもしれない。将来的にすべてのデジカメにWi-Fi機能が搭載されたなら、このような苦労とも無縁になる。いや、できればそうなって欲しいものである。

Eye-FiFlashAirAirStash
一括転送×
個別転送△事前に要設定
選択時のサムネイル表示−選択はカメラ側で操作×
RAW対応△上位製品のみ
転送方法アプリブラウザアプリ/ブラウザ

筆者略歴

吉田友和(よしだともかず)

旅行作家。1976年生まれ。これまでに70カ国以上を訪問し、現在もほぼ毎月海外へ出かけている。雑誌等への寄稿および記事監修のほか、編集者として旅行ガイドの制作なども手がける。IT系の某雑誌編集部に在籍していたこともあり、ガジェットやネットとは付き合いが長い。近著は『スマートフォン時代のインテリジェント旅行術』(講談社)など。 旅行作家★吉田友和 Official Web


関連キーワード

iPhone | Eye-Fi | 写真 | SDカード | FlashAir | Wi-Fi | デジカメ | 旅行 | 便利


前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2405/15/news106.jpg 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  2. /nl/articles/2405/16/news184.jpg どういう意味……? 高橋一生&飯豊まりえの結婚発表文、“まさかのタイトル”に「ジワる」「笑ってしまう」
  3. /nl/articles/2405/16/news185.jpg “ジョジョ婚”じゃん! 結婚報告の「岸辺露伴」高橋一生&飯豊まりえ、“連名サインの本名”に集まる驚きの声「直筆見て初めて知った」「これが正解」
  4. /nl/articles/2405/17/news026.jpg トリミングでシーズーを「ハムスターにしてください」とお願いしたら…… インパクト大の完成形に「可愛いーーー」「なんて愛おしい鼻毛カール」
  5. /nl/articles/2405/17/news019.jpg リモート会議中の“マナー違反”に共感の声が殺到 「全く同感」「マナー講師はなぜこれを教えないのか」
  6. /nl/articles/2405/16/news123.jpg “1K8畳”の新居を一人暮らし男子が模様替え→“ホテル”みたいに大変身する様子に「シャレオツ」「センスよー!」と称賛
  7. /nl/articles/2405/17/news054.jpg 「これは罠」「本当に紛らわしい」 現役清掃員が教える「保冷剤」を捨てる際の“落とし穴”が話題
  8. /nl/articles/2403/21/news104.jpg 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. /nl/articles/2405/17/news046.jpg 北陸新幹線に空のペットボトルを持って乗ると…… “あるもの”が見える実験に「知らなかった」「教科書よりわかりやすい」
  10. /nl/articles/2405/16/news194.jpg 牛丼チェーン「松屋」、深夜料金を導入 一部の店舗で
先週の総合アクセスTOP10
先月の総合アクセスTOP10
  1. 庭に植えて大後悔した“悪魔の木”を自称ポンコツ主婦が伐採したら…… 恐怖のラストに「ゾッとした」「驚愕すぎて笑っちゃいましたw」
  2. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  3. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  4. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  5. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 釣りに行こうとしたら、海岸に子猫が打ち上げられていて…… 保護後、予想だにしない展開に「神様降臨」「涙が止まりません」
  8. 身長174センチの女性アイドルに「ここは女性専用車両です!!!」 電車内で突如怒られ「声か、、、」と嘆き 「理不尽すぎる」と反響の声
  9. 築152年の古民家にある、ジャングル化した水路を掃除したら…… 現れた驚きの光景に「腰が抜けました」「ビックリ!」「先代の方々が」
  10. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評