ニュース
» 2012年06月06日 11時15分 公開

自分がどのくらい熟睡してるか知ってますか? オムロン睡眠計「HS-101」で測ってみた(1/2 ページ)

自分がどのくらいちゃんと眠っているのか、把握している人はどのくらいいるだろうか。オムロン睡眠計「HS-101」で実際に睡眠を計測してみた。

[佐々木千之,ITmedia]

 「人生の3分の1は睡眠」などとよく言われるが、NHKが2010年に行った生活時間調査によると、平日の平均が7時間14分、土曜7時間37分、日曜7時間59分でそれぞれ15年前の同調査よりも13〜19分短くなっている。もし読者のあなたがIT・通信、マスコミ、飲食、金融、運輸、メーカー業界に属しているなら、これを「結構長い」と感じるかもしれない。2011年のSAS(睡眠時無呼吸症候群)広報委員会の調査によると、これらの業種のビジネスパーソンの平均睡眠時間は軒並み6時間を切っている(Biz誠「業界別の睡眠不足ランキング――1位は?」)。

 このSAS広報委員会の調査では単なる睡眠時間だけでなく、熟睡できていると思うかと尋ねており、業種にもよるが5〜6割が「熟睡できている」と答えている。一方で「仕事中に思わず眠ってしまったことがあるか」という問いにはIT・通信、飲食、メーカー、マスコミのビジネスパーソンの約6割が「ある(頻繁+たまに)」と答えている。

 これらの調査で気になるのは、毎日決まった時間に寝て起きるという生活の方以外では、自分の睡眠時間をあいまいにしか把握していないのだろうということ。毎日の就寝・起床時間をまめに記録している人はかなり少ないのではなかろうか。

 かくいう私も、IT系の雑誌編集者をスタートにWebニュース編集者を長く続けてきたが、就寝・起床時間はめちゃめちゃで時間もばらつきが大きく、健康診断などでお医者さんに「どのくらい寝てますか?」と聞かれても、「短いです」くらいしか答えようがなかった。昨年会社を辞めてフリーランスになってからは、以前ほどではなくなったものの、やはり睡眠時間は安定せず、時間的には寝ているはずなのに疲れが取れないと感じることもある。だんだん年齢も高くなってきて、健康を害すると収入に直結するし、家族からは「寝ているとき苦しそうなんだけど」と言われるしで、寝付きで困ることはないものの、自分がちゃんと睡眠しているのかとても気になっていた。

体重計のように簡単に睡眠が数字で見える「睡眠計」

「睡眠計 HSL-101」本体。サイズは270×130×100ミリ、重さは約420グラム。ACアダプターとUSBケーブルが付属する。正面のOMRONロゴあたりに移動体検知センサーを内蔵している

 寝ているときは当然ながら意識がないので、睡眠を「計る」ことが難しい。体重計のように簡単に計れればいいのにと思っていたところに、オムロン ヘルスケアが5月10日に発売した「睡眠計 HSL-101」(以下HSL-101)を借りて試してみる機会を得た。

 睡眠時間を計る装置やサービスはこれまでにもいくつかあり、たいていは体に直接計測装置を付けるか、布団の下にセンサーを置いたりするものだ。それぞれに長所があるのだが、装置を付けたり外したりするのはわずらわしいし、布団の下にセンサーを置くタイプは、和室に布団を敷いて寝ている私のような場合にはセットしたり片付けたりが面倒だった。

 その点、このHSL-101は寝ている布団/ベッドのそばに自分に向けて置くだけで睡眠時間を記録してくれるシンプルな使い勝手がいい。しかも、オムロン ヘルスケアが運用している健康管理サービス「ウェルネスリンク」にユーザー登録(無料)してHSL-101のデータを送ると、1日の眠りの詳細を睡眠中の体の動きから3段階の「ぐっすりレベル」でグラフ表示したり、14日間以上記録すると眠りの傾向を分析し、リポートしたりしてくれる。

 今回はHSL-101を2週間ほど借りて、睡眠記録を取ってみた。HSL-101は、10.5GHz帯の微弱電波を使った移動体検知センサーによって、寝返りや呼吸による胸の動きを検知し、眠っている(動きが少ない)のか起きている(動きが多い)のかを判定する仕組み。このセンサーは大地震などの災害救助現場で使われている技術を応用したものだそうだ。自分が寝ている状態で、胸にHSL-101の正面を向け、50〜100センチの距離になるよう設置する。正しく設置されているかをテストして確認できるモードもあるので安心だ。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2109/16/news030.jpg 転校生が一言もしゃべらない、と思っていたら……? 黙り続ける理由が判明していく漫画がジーンとくる
  2. /nl/articles/2109/17/news127.jpg 市川海老蔵、小林麻央さんと暮らした家が“けいこ場”に改装完了 子どもたちの“ルームツアー動画”に反響
  3. /nl/articles/2109/17/news011.jpg インコ「のっしのっし……」→「シャキーン!」 堂々と登場するインコの姿が何回も見たくなるほど面白かわいい
  4. /nl/articles/2109/16/news147.jpg 森永製菓、太くて長い「50倍小枝」を発売 それはもう大枝なのでは
  5. /nl/articles/2109/17/news049.jpg 100均で三角コーンを欲しがる2歳娘→家に帰って遊び始めたら…… 年齢に見合わぬ高度なギャグセンスを描いた漫画につい笑顔になってしまう
  6. /nl/articles/2109/16/news022.jpg 「ギャルの幽霊」に生きる楽しさを教えられる漫画が尊い 死んだように生きる男が、生きているように笑う幽霊と出会い……
  7. /nl/articles/2109/16/news095.jpg 中国版「FGO」で中国系キャラクターの名前・イラストが突然変更に 虞美人(アサシン)は「暗匿者230」、始皇帝は「裁定者229」に
  8. /nl/articles/2109/17/news014.jpg 自分を拾ってくれた先住ワンコのことが好きすぎる保護子猫 早朝から「遊ぼうよー!」と甘える姿がいとおしい
  9. /nl/articles/2109/16/news018.jpg ちょっとそこまで昼飯を買いに行った飼い主、帰宅すると…… 猫ちゃん5匹の熱烈すぎるお出迎えがうらやましい
  10. /nl/articles/2108/19/news134.jpg 【お料理のちょっと怖い話】お徳用サイズのかつおぶしの“謎のプチプチ感”の正体

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」