自分がどのくらい熟睡してるか知ってますか? オムロン睡眠計「HS-101」で測ってみた(1/2 ページ)

自分がどのくらいちゃんと眠っているのか、把握している人はどのくらいいるだろうか。オムロン睡眠計「HS-101」で実際に睡眠を計測してみた。

» 2012年06月06日 11時15分 公開
[佐々木千之,ITmedia]
※本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

 「人生の3分の1は睡眠」などとよく言われるが、NHKが2010年に行った生活時間調査によると、平日の平均が7時間14分、土曜7時間37分、日曜7時間59分でそれぞれ15年前の同調査よりも13〜19分短くなっている。もし読者のあなたがIT・通信、マスコミ、飲食、金融、運輸、メーカー業界に属しているなら、これを「結構長い」と感じるかもしれない。2011年のSAS(睡眠時無呼吸症候群)広報委員会の調査によると、これらの業種のビジネスパーソンの平均睡眠時間は軒並み6時間を切っている(Biz誠「業界別の睡眠不足ランキング――1位は?」)。

 このSAS広報委員会の調査では単なる睡眠時間だけでなく、熟睡できていると思うかと尋ねており、業種にもよるが5〜6割が「熟睡できている」と答えている。一方で「仕事中に思わず眠ってしまったことがあるか」という問いにはIT・通信、飲食、メーカー、マスコミのビジネスパーソンの約6割が「ある(頻繁+たまに)」と答えている。

 これらの調査で気になるのは、毎日決まった時間に寝て起きるという生活の方以外では、自分の睡眠時間をあいまいにしか把握していないのだろうということ。毎日の就寝・起床時間をまめに記録している人はかなり少ないのではなかろうか。

 かくいう私も、IT系の雑誌編集者をスタートにWebニュース編集者を長く続けてきたが、就寝・起床時間はめちゃめちゃで時間もばらつきが大きく、健康診断などでお医者さんに「どのくらい寝てますか?」と聞かれても、「短いです」くらいしか答えようがなかった。昨年会社を辞めてフリーランスになってからは、以前ほどではなくなったものの、やはり睡眠時間は安定せず、時間的には寝ているはずなのに疲れが取れないと感じることもある。だんだん年齢も高くなってきて、健康を害すると収入に直結するし、家族からは「寝ているとき苦しそうなんだけど」と言われるしで、寝付きで困ることはないものの、自分がちゃんと睡眠しているのかとても気になっていた。

体重計のように簡単に睡眠が数字で見える「睡眠計」

「睡眠計 HSL-101」本体。サイズは270×130×100ミリ、重さは約420グラム。ACアダプターとUSBケーブルが付属する。正面のOMRONロゴあたりに移動体検知センサーを内蔵している

 寝ているときは当然ながら意識がないので、睡眠を「計る」ことが難しい。体重計のように簡単に計れればいいのにと思っていたところに、オムロン ヘルスケアが5月10日に発売した「睡眠計 HSL-101」(以下HSL-101)を借りて試してみる機会を得た。

 睡眠時間を計る装置やサービスはこれまでにもいくつかあり、たいていは体に直接計測装置を付けるか、布団の下にセンサーを置いたりするものだ。それぞれに長所があるのだが、装置を付けたり外したりするのはわずらわしいし、布団の下にセンサーを置くタイプは、和室に布団を敷いて寝ている私のような場合にはセットしたり片付けたりが面倒だった。

 その点、このHSL-101は寝ている布団/ベッドのそばに自分に向けて置くだけで睡眠時間を記録してくれるシンプルな使い勝手がいい。しかも、オムロン ヘルスケアが運用している健康管理サービス「ウェルネスリンク」にユーザー登録(無料)してHSL-101のデータを送ると、1日の眠りの詳細を睡眠中の体の動きから3段階の「ぐっすりレベル」でグラフ表示したり、14日間以上記録すると眠りの傾向を分析し、リポートしたりしてくれる。

 今回はHSL-101を2週間ほど借りて、睡眠記録を取ってみた。HSL-101は、10.5GHz帯の微弱電波を使った移動体検知センサーによって、寝返りや呼吸による胸の動きを検知し、眠っている(動きが少ない)のか起きている(動きが多い)のかを判定する仕組み。このセンサーは大地震などの災害救助現場で使われている技術を応用したものだそうだ。自分が寝ている状態で、胸にHSL-101の正面を向け、50〜100センチの距離になるよう設置する。正しく設置されているかをテストして確認できるモードもあるので安心だ。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2407/13/news011.jpg 日本地図で「これまで“気温37度以上”を観測した都道府県」を赤く塗ったら…… 唯一の“意外な空白県”に「マジかよ」「転勤したい」
  2. /nl/articles/2407/08/news120.jpg 17歳がバイト代を注ぎ込み、購入したカメラで鳥を撮影したら…… 美しい1枚に写り込んだまさかの光景に「ヤバい」
  3. /nl/articles/2407/10/news171.jpg パパが押入れに作った秘密基地、4年後には…… 次第に2人娘に奪われていく過程に「最高」「コレは欲しい」 秘密基地の現在は?
  4. /nl/articles/2407/12/news027.jpg 沸騰したアメに金平糖を入れると…… 京都の製菓店が作った“斬新スイーツ”の完成形に「すごい発想」「夢みたい…」
  5. /nl/articles/2407/12/news151.jpg カインズの家電が使用中に発火…… 「ただちに使用中止」呼びかけ、約1万5000台回収 「心よりお詫び」
  6. /nl/articles/2407/12/news021.jpg お昼寝中の柴犬、すぐ近くに“招かれざる客”が現れ…… まさかの正体にワンコも驚き「初めて見たww」「世界よこれが日本の番犬だ」
  7. /nl/articles/2407/11/news032.jpg 「考えた人天才やろ」 ある地下鉄のホームドアに書かれた“マジで助かる表示”に「全駅でやるべき」など絶賛の声
  8. /nl/articles/2407/13/news076.jpg 大谷翔平の妻・真美子さん、レアな“動画登場”にネット歓喜 ドジャース夫人会の女子会に反響「溶け込んでる」「素敵な時間」
  9. /nl/articles/2407/12/news116.jpg GU、SNSで話題の「バレルレッグジーンズ」全店発売を延期 「予想を大幅に上回る売れ行き」で
  10. /nl/articles/2407/11/news117.jpg 丸山桂里奈、“元夫”との2ショットに「え!!」 成長した娘にも注目の声「もうこんなに大きくなって!!」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「鬼すぎない?」 大正製薬の広告が“性差別”と物議…… 男女の“非対称性”に「昭和かな?」「時代にあってない」
  2. ヤマト運輸のLINEに「ありがとニャン」と返信したら…… “意外な機能”に「知らなかった」と驚き
  3. “性被害”描くも監督発言が物議の映画、公式サイトから“削除された一文”に「なぜ」「あまりにも……」
  4. イヌワシが捕えて飛ぶのはまさかの…… 自然の厳しさと営みに感動する姿が660万件表示「こんな鮮明に見えるのは初めて」
  5. 大好きな新聞屋さんに会えた柴犬、喜びを爆発させるが…… 切なすぎるお別れに「大好きがあふれてる」「帰りたくなくなっちゃいますね」
  6. 「爆笑した」 スイカを切ったら驚きの光景が……! 自信満々に収穫した夫婦を悲しみと失望がおそう
  7. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  8. 「ヒルナンデス!」で道を教えてくれた男性が「丁(てい)字路」と発言 出演者が笑う一幕にネットで批判続出
  9. 「ロンハー」有吉弘行のヤジに指摘の声「酷かった」「凄く悲しい言葉」 42歳タレントが涙浮かべる
  10. 東京の用水路にアマゾン川の生き物が大量発生だと……? “いてはいけないヤツ”の捕獲に衝撃「想像以上にヤバかった」「ホンマに罪深い」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 18÷0=? 小3の算数プリントが不可解な出題で物議「割れませんよね?」「“答えなし”では?」
  2. 日本人ならなぜかスラスラ読めてしまう字が“300万再生超え” 「輪ゴム」みたいなのに「カメラが引いたら一気に分かる」と感動の声
  3. 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
  4. 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  5. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  6. かわいすぎる卓球女子の最新ショットが730万回表示の大反響 「だれや……この透明感あふれる卓球天使は」「AIじゃん」
  7. 「これはさすがに……」 キャッシュレス推進“ピクトグラム”コンクールに疑問の声相次ぐ…… 主催者の見解は
  8. 天皇皇后両陛下の英国訪問、カミラ王妃の“日本製バッグ”に注目 皇后陛下が贈ったもの
  9. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  10. 和菓子屋の店主、バイトに難題“はさみ菊”を切らせてみたら…… 282万表示を集めた衝撃のセンスに「すごすぎんか」「天才!?」