ニュース
» 2012年06月07日 15時14分 公開

もうグンマーの好きにはさせない! 「ぐんまのやぼう」に待望の全国版ナニコレ

今こそ立ち上がれ、群馬以外県民たちよ!

[ITmedia]

 「ぐんまのやぼう」の勢いが止まらないRuckyGamesから、好きな都道府県で日本を制圧できるアプリ「にほんのあらそい」が登場した。iOS/Android対応で、「先月リリースした『ぐんまのやぼう』が思ったより人気だったので自ら便乗してみました」だそう。

 「ぐんまのやぼう」と同じく、時間が経つとニョキニョキ生えてくる特産品をタッチで収穫し、ポイントを稼いで他県を制圧していく。今回は最初にプレイする都道府県を選択できるようになっている。途中で所属を変更することも可能だ(元の県の状態はそのまま保存される)。

 筆者はさっそく、出身の静岡県でスタート。特産品は予想どおり「お茶」だった。まあ、静岡っつったら一番はやっぱりそれだよね。お茶以外にもときおり他県の特産品が生えてきて、たくさん収穫すると図鑑に載る仕組み。47種類の特産品図鑑をすべて埋めるのはなかなか大変そうだ。

 例によってツイート機能もアリ。さっそくタイムラインには「山梨県は静岡県になりました」「長野県は静岡県になりました」といったツイートが並びまくっていますがご容赦ください(ツイートするかどうかは自由)。ちなみに「ぐんまのやぼう」にあった世界編、宇宙編は未収録。今後のアップデートに期待したい。

画像画像画像 「ぐんまのやぼう」の次は「全国版」……なんか「信長の野望」みたいな流れになってきた

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む