ランナーガンダム、バブルヘッドマネキン……エコなユニークアイテムがずらり! 「エコプロダクツ2012」に行ってきた

最先端の環境にやさしい製品や技術、サービスが集まった「エコプロダクツ2012」を訪れてきた。エコロジーかつユニークな展示の一部をピックアップしてご紹介する。

» 2012年12月17日 19時35分 公開
[池田園子,ITmedia]

 12月13〜15日の3日間に渡って東京ビッグサイトで行われた「エコプロダクツ2012」。さまざまな企業、官公庁が一堂に会し、最先端のエコ製品や技術、サービスを展示している。その中からユニークなアイテム、ガジェット、サービスを取り上げてみる。

圧巻! ランナーガンダムを見よ

 まずはバンダイの展示。捨てられるものを資源に戻す「リサイクル」、上手く活用する「リメイク」という、2つのエコな「変身」が今年のテーマだという。まだ試作段階だというが、紙を使って作ったガシャポンのカプセルが目を引く。プラスチックでできたイメージの強いカプセルが、大きく変わる気がする。

紙のガシャポンカプセル
環境にやさしいリアルな昆虫フィギュア「アースカプセル 昆虫採集」。バイオマスチップを使用

 さらに会場ブースでは、ガンダム好きな大人にはたまらない展示が行われていた。エコな変身の象徴として、プラモデルを作るときに捨てられる「ランナー」を大変身させた、全長3メートルと巨大な「ランナーガンダム」だ。近くで写真に収めるのも苦労するほど。

 ちなみにこのガンダムを作ったのは、ファーストガンダム世代の一般男性。材料はランナーと瞬間接着剤くらいらしい。さまざまな素材を使用して、オリジナルガンダムを製作しているのだとか。ランナーガンダムは、写真でじっくりご堪能下さい。

“きゃりぱみゅ”を連想させるポップなマネキン

 ヤマトマネキンの「バブルヘッドマネキン」も面白かった。頭の取り替えが可能なマネキンで「Bubble Rabbit(茶色いウサギ)」「YB 003(青い鳥)」「Bubble Face(ピンク髪の女の子)」など、ポップなデザインが多数揃っている。特殊な加工技術で、不要な布から花、紙までもがマネキンになるのだとか。

 制作を担当しているのは、グッドデザイン賞やドイツiFデザイン賞など受賞しているデザイナー・根津孝太氏だ。まだ市場には出ていないが、広報担当者に聞くと「若い女子の多い原宿・表参道エリアのショップのマネキンに使われてほしいですね」とのこと。確かにニーズがぴったりと合いそうだ。

シャワーも照明もエコに

 TOTOの「エアインシャワー」にも大勢の人が集まっていた。従来のシャワーと比較して35%も節水すると同時に、心地よい浴び心地を実現し、今年のエコプロダクツ大賞優秀賞(推進協議会会長賞)を受賞した。最新技術で水に空気を含ませ、1粒1粒の水を大粒にし、肌への当たりを滑らかにしているのだ。

 昨年の同賞で環境大臣賞を受賞した「エコシングル水栓」もスゴい。従来型のシングルレバー混合栓は、レバー中央部で湯と水が混ざって出るため、気づかないうちに給湯機が作動してしまう。一方、エコシングル水栓は、レバーの中央部までは水、さらに左に回すと湯が出るしくみ。中央でカチッと音が鳴るため、水と湯を意識して使い分け、無意識のうちにエネルギーをムダ使いするのを防ぐ。

 コニカミノルタの新規事業のひとつ「有機EL照明」をメインにした展示にも見入ってしまった。今話題の有機EL照明には、照らす範囲が広い、省エネルギー、発熱が少ない、薄くて軽い、フレキシブル、環境に優しいなど、ほかの照明より優れている点が多い。家に置くとオシャレ過ぎる照明も飾られていた。

話題の「スマートコミュニティ」を体験

 最後に紹介するのは東芝の「スマート忍者」。4月に「Earth Day NY 2012」でも展示され、話題を集めていた。エネルギー自給率を向上させて有効活用するための、電気を主軸とした新しい社会インフラ「スマートコミュニティ」を舞台に、自然と共生する忍者の世界をモニター上にバーチャルに再現したものだ。

 ブースの特設カメラで写真を撮ると、およそ15秒後に、スマートコミュニティが投影されたスクリーン上に、自分のオリジナル忍者アバターが登場する。アバターの顔の部分には自分の顔がはめ込まれている。「スマートコミュニティの快適な生活を体感してほしい」と担当者は語る。ちなみにイベント期間中に会場で撮影した写真は公式サイトから閲覧・ダウンロードも可能だ。

 夕方からの展示は「スマート街絵巻」に差し替わる。モニターに手をかざすことで、スマートコミュニティの仕組みを体験することができるというもの。上から舞い落ちてくる5つの漢字(電、雲、医、通、水)の前で手を動かすと、エネルギー、クラウド、ヘルスケア、交通、水循環が光や線などで視覚化される。数十年後の日本の社会を見た気がした。

 どちらも同社が注力している「スマートコミュニティ」事業の認知度アップのために展開するコンテンツ。スマート街絵巻はタブレットで遊べるアプリとしての開発も検討しているという。楽しみながら近い将来の社会を学べる展示だった。

 エコを推進する動きは想像以上に進んでいた。市場に出てくることで、暮らしを大きく変えてくれるものもあるだろう。それぞれの実用化、商品化が楽しみでならない。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2404/13/news014.jpg 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  2. /nl/articles/2404/14/news006.jpg 兄が10歳下の妹に無償の愛を注ぎ続けて2年後…… ママも驚きの光景に「尊すぎてコメントが浮かばねぇ」「最高のにいに」
  3. /nl/articles/2404/13/news010.jpg 「このシステムすごくいい」 東横INNの「フードロス対策」に称賛の声 「全てのホテルに拡大してほしい」
  4. /nl/articles/2402/12/news004.jpg 「もしかして、父ちゃん……?」 窓の外から元保護子猫の姿を見つめる猫の“まなざし”に「泣けてくる」「愛だ」と157万再生!
  5. /nl/articles/2404/13/news024.jpg 2歳息子がイモムシから育て、羽化したアゲハ蝶との別れの日…… 胸を打つ奇跡の光景に「こんな事あるんですね!」「感動をありがとう」
  6. /nl/articles/2404/13/news012.jpg 「このヒートテック、いつ買ったっけ?」→一発でわかる“タグの見方”が600万再生 手放しどきをユニクロに聞いてみた
  7. /nl/articles/2404/14/news031.jpg えっ、これどうなってるの!? どこからボルトを通したのか分からない不思議なDIY工作が興味深い
  8. /nl/articles/2404/14/news007.jpg 家の床に落書きをしてしまった1歳の男の子、「ごめんね」を促されると…… 幼いながらの“誠意”に「速攻で許しちゃいます」「可愛すぎる」
  9. /nl/articles/2404/13/news017.jpg 1歳妹、大好きな18歳兄の登校を泣きながら引きとめて…… やさしい兄の対応と爆笑のオチが430万再生「こりゃ離れられない」「早く帰ってこなきゃ」
  10. /nl/articles/2308/07/news025.jpg 猫嫌いの夫が道で倒れていた子猫を発見、1年後…… 幸せを運んできた猫の成長ビフォーアフターに感動の声
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  2. 500円玉が1つ入る「桜のケース」が200万件表示越え! 折り紙1枚で作れる簡単さに「オトナも絶対うれしい」「美しい〜!」
  3. 赤ちゃんがママと思ってくっつき爆睡するのはまさかの…… “身代わりの術”にはまる姿に「可愛いが渋滞」「何回見てもいやされる!」
  4. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  5. 日本地図で「東京まで1本で行ける都道府県」に着色 → まさかの2県だけ白いまま!? 「知らなかった」の声
  6. 中森明菜、“3か月ぶりのセルフカバー動画”登場でネット沸騰 笑顔でキメポーズの歌姫復活に「相変わらずオシャレで素敵」「素敵な年齢の重ね方」
  7. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評
  8. もう別人じゃん! 「コロチキ」西野、約8カ月のビフォーアフターが「これはすごい」と驚きの声集まる
  9. 娘がクッションを抱きしめていると思ったら…… 秋田犬を心ゆくまで堪能する姿が440万再生「5分だけ代わっていただけますか?」「尊いなぁ…」
  10. 業務スーパーの“高コスパ”人気冷凍商品に「基準値超え添加物」 約1万5000個販売……自主回収を実施
先月の総合アクセスTOP10
  1. フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. 親が「絶対たぬき」「賭けてもいい」と言い張る動物を、保護して育ててみた結果…… 驚愕の正体が230万表示「こんなん噴くわ!」
  3. 水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
  4. フワちゃん、収録中に見えてはいけない“部位”が映る まさかの露出に「拡大しちゃったじゃん」「またか」の声
  5. スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  6. 桐朋高等学校、78期卒業生の答辞に賛辞やまず 「只者ではない」「感動のあまり泣いて10回読み直した」
  7. 「これは悲劇」 ヤマザキ“春のパンまつり”シールを集めていたはずなのに…… 途中で気づいたまさかの現実
  8. 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
  10. 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」