ニュース
» 2013年03月01日 00時18分 公開

黒川文雄・飯田和敏らによる新作ゲーム「モンケン」発表 インディーズゲームとして今夏リリース日々是遊戯

クリエイティブ・コモンズ・ライセンスに基づき誰でも改良や二次創作を行えるようにする。

[池谷勇人,ITmedia]

 黒川文雄・飯田和敏・中村隆之・納口龍司ら「チーム・グランドスラム」が開発中の新作ゲーム「モンケン」が2月28日、黒川氏主催のイベント「黒川塾 六」の中で発表された。PC、スマートフォン、タッチデバイス向けソフトとして、今夏のリリースを予定する。

画像画像

 タイトルの「モンケン」とは、ビル解体などに使われる、クレーンの先に重い鉄球をつり下げたもののこと。テロリストたちがたてこもったビルをこの「モンケン」で破壊し、人質たちを救出するのがゲームの目的となる。アイデアのモチーフはあの「あさま山荘」人質籠城事件。「既存の建築物を破壊する」という非日常的な光景を、エンタテインメントの世界として昇華できないだろうか――と考えたのが開発の動機だそう。

画像画像

画像画像

 また、本作は大手資本に頼らない“インディーズゲーム”としてリリース予定。さらにフリーカルチャーの精神に基づき、ゲームのソースや素材を一般に公開。非営利でなおかつ作品のクレジットを表示していれば、誰でも自由にゲームを改良したり、派生コンテンツを開発したりできる(クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの「表示・非営利・継承」に基づく)。またゲーム自体もまだ開発中のため、現在進行形でプロジェクトを手伝ってくれるメンバーも募集中。イベントの様子はニコニコ生放送でも中継されていたが、さっそくTwitterで「エフェクトがしょぼいので私が作ります」と名乗り出る人もいたようだ。

画像画像

画像画像

 この日の黒川塾では「フリーカルチャー」をテーマにトークを実施。フリーカルチャーとは、作品やコンテンツを何でもかんでも著作権でがんじがらめにするのではなく、作者が望む形で配布・公開することで、より自由な創造を推進しよう、という運動のこと。ゲームでもMODや二次創作などから思わぬ作品が生まれることがあるが、改良や二次創作を公式に認めることで、本作が今後どのように広がっていくかに注目したい。

画像 イベントを主催した黒川文雄氏

画像 チーム・グランドスラムの4人と、この日ゲストとして参加したドミニク・チェン氏(中央左)、津田大介氏(中央右)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  3. 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  4. ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  5. 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  7. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  8. 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  9. 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  10. 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響