「忘れられないアホ毛がある」―― 伝説のデザイナー・南向春風氏に「アホ毛ちゃんばら」の原点を聞いた

「アホ毛で戦う!」という世にもアホなコンセプトで話題沸騰のiOS用ゲーム「アホ毛ちゃんばら」。その企画とデザインを担当した南向春風氏に、アホ毛についていろいろ聞いてみた。

» 2013年03月25日 22時50分 公開
[ゲームキャスト・トシ,ITmedia]

 “アホ毛で戦い、負けた相手のアホ毛を抜き去るバトルゲーム”としてネットを騒がせた、iOS用アプリ「アホ毛ちゃんばら」(紹介記事)がリリースされた。デザイン・企画を担当したのは、イラストレーターであり、現在はゲーム開発会社エムツーに所属する南向春風(なみかい はるかぜ)氏。古くからのゲームファンには、同人ゲーム「GLOVE ON FIGHT」や「RAGNAROK BATTLE OFFLINE」の人、と言えば「あの人か!」と思ってもらえるだろう。

 今回は「アホ毛ちゃんばら」リリースを記念して、なぜアホ毛で戦うのか、そもそもどうやってこんなゲームを思いついたのか、南向氏にお話をうかがってきた。

忘れられない3つのアホ毛

―― アホ毛で戦うというアイデアはどこから?

南向春風(以下、南向) アホ毛という概念が生まれたころから「これで戦わせたら面白い」と思っていたんです。

―― そんなに早くから。

南向 アホ毛だけで戦ったら、新しい戦い方ができそうだなと。手も使わない、足も使わない、己のアホ毛だけで戦うってところにロマンがあるというか。

―― そのころからゲームにしようと思っていたんですか?

南向 最初は例によって、またウソ動画のネタに(※)しようと思っていたんです。もう10年以上前のことですね。

※「GLOVE ON FIGHT」も「RAGNAROK BATTLE OFFLINE」も、もともとはジョークで作ったFlashが元ネタ

―― かなり昔ですね。

南向 そのときはアイデア止まりで結局やらなかったんですが、それを今になって企画として出したら通ってしまったという。

画像画像 アホ毛を武器にライバルと戦え!

―― 南向さんをアホ毛に目覚めさせたのはなんなのでしょうか?

南向 (熟考して)そうですね……。忘れられないアホ毛が3つあります。

―― 忘れられないアホ毛。

南向 1つ目は「痕(きずあと)」(Leafが1996年に発売したアダルトゲーム」に出てくる、初音ちゃんっていうキャラですね。昔、初音ちゃんのアホ毛がコンクリートに刺さる絵を書いたことがあるんです。思えばアホ毛を武器として認識したのはあれが最初ですね。

―― このころからもう武器にしてたんですね。

南向 2人目は、氷川へきるさんの「ぱにぽに」に出てくる姫子。「痕」のころはアホ毛という概念がまだ浸透していなかったので、一番最初に「アホ毛キャラ」として意識したのはこのキャラですね。あのアホ毛がまたよく動くんです。アホ毛を抜かれそうになったりするのも良かった。

―― アホ毛を抜く!

南向 最後は「Fate」シリーズのセイバー。セイバーのアホ毛ってなんだか触ったらキレそうですよね。セイバーも同人やアンソロでアホ毛を武器にしているネタがあって、ああ、同じことを考える人がけっこういるんだなと。

―― アホ毛で戦って、抜いて……。この3人が「アホ毛ちゃんばら」の原点みたいなものですね。

南向 そういえば、そうなりますね(笑)。

画像画像 戦いの合間に挿入される会話デモはちょっと「ぷよぷよ」っぽい

お気に入りのアホ毛は?

―― ゲーム中に出てくるアホ毛のデザインは南向さんが?

南向 僕1人ではなくて、元Leafのろみゅさんという方が半分以上デザインしてくださいました。僕は「寄生獣」みたいなのとか、いろいろ変わったものを中心にデザインしました。

―― 2人でデザインされたんですね。

南向 ろみゅさんもとんでもないものをいろいろ発明してくれて。象のアホ毛で「象毛」とか。

―― (もしかして象牙とかけているんだろうか……)個性豊かなアホ毛のなかで、特にオススメのアホ毛はありますか?

南向 2番目に書いたアホ毛なんですが、「サソリ毛」ってのが気に入ってます。デザイン的にもキレイで、なおかつ今までにないアホ毛かな、と。ありそうでなかったアホ毛だと思います。

画像画像 話題の「象毛」と「サソリ毛」。サソリ毛はちょっと三つ編みっぽい

―― デザイン以外の部分にもタッチしているんですか?

南向 企画は僕なんですが、ゲーム部分を作ったのはディレクターの並木(学)です。なのでどのように戦わせるかについては、僕が自分で考えたわけではなくて。考えたのが10年前ですから、実際にプレイしてみて「これがゲームになるんだ」とびっくりしましたね。

―― 不思議な感慨がありそうですね。

南向 僕が関わるゲーム(「GLOVE ON FIGHT」や「RAGNAROK BATTLE OFFLINE」など)って、必ず最初は嘘ムービーから始まって、それからゲームができていくという流れだった。でも今回はできあがってからムービーを作ったので、そこがちょっと新鮮でした。絵にゲームを合わせるのではなく、ゲームに絵を合わせるのは初めてでした(笑)。

―― 最後に、プレイヤーの皆さんに一言お願いします。

南向 もう、予想外なアホ毛と、予想外な展開が待っているのでぜひ最後までプレイしていただきたいと思っています。最後の戦いは僕も予想外でした(笑)。

―― ありがとうございました。

画像画像 ほかにも多数のアホ毛が登場。ヒマワリ毛の説明文が……

アホ毛で戦うロマンを

 南向氏の10年越しの思いが詰まった「アホ毛ちゃんばら」はApp Storeにて配信中(ダウンロード無料・ステージ2以降は250円でアンロック)。ぜひ、アホ毛で戦うロマンを感じとってみてほしい。3月26日からゲームのサウンドトラックも無料配信予定とのこと(気に入ったらおひねりを投げる方式)。

 なお、iPhoneゲームニュースサイト「ゲームキャスト」では、ディレクター・並木学氏へのインタビューも掲載中。こちらも併せてどうぞ。

画像 「アホ毛ちゃんばら」公式サイト

(C) MMXIII M2 Co., Ltd.

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10
  1. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  2. 富山県警のX投稿に登場の女性白バイ隊員に過去一注目集まる「可愛い過ぎて、取締り情報が入ってこない」
  3. 2カ月赤ちゃん、おばあちゃんに少々強引な寝かしつけをされると…… コントのようなオチに「爆笑!」「可愛すぎて無事昇天」
  4. 異世界転生したローソン出現 ラスボスに挑む前のショップみたいで「合成かと思った」「日本にあるんだ」
  5. 【今日の計算】「8+9÷3−5」を計算せよ
  6. 21歳の無名アイドル、ビジュアル拡散で「あの頃の橋本環奈すぎる」とSNS騒然 「実物の方が可愛い」「見つかっちゃったなー」の声も
  7. 1歳赤ちゃん、寝る時間に現れないと思ったら…… 思わぬお仲間連れとご紹介が「めっちゃくちゃ可愛い」と220万再生
  8. 業務スーパーで買ったアサリに豆乳を与えて育てたら…… 数日後の摩訶不思議な変化に「面白い」「ちゃんと豆乳を食べてた?」
  9. 祖母から継いだ築80年の古家で「謎の箱」を発見→開けてみると…… 驚きの中身に「うわー!スゴッ」「かなり高価だと思いますよ!」
  10. 「ゆるキャン△」のイメージビジュアルそのまま? 工事の看板イラストが登場キャラにしか見えない 工事担当者「狙いました」
先月の総合アクセスTOP10
  1. フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. 親が「絶対たぬき」「賭けてもいい」と言い張る動物を、保護して育ててみた結果…… 驚愕の正体が230万表示「こんなん噴くわ!」
  3. 水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
  4. フワちゃん、収録中に見えてはいけない“部位”が映る まさかの露出に「拡大しちゃったじゃん」「またか」の声
  5. スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  6. 桐朋高等学校、78期卒業生の答辞に賛辞やまず 「只者ではない」「感動のあまり泣いて10回読み直した」
  7. 「これは悲劇」 ヤマザキ“春のパンまつり”シールを集めていたはずなのに…… 途中で気づいたまさかの現実
  8. 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
  10. 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」