連載
» 2015年02月10日 06時45分 公開

「寝衣の選び方」について考える――パジャマ? Tシャツ? 安眠のために意識したいポイントすずまり流“続く”健康管理

なかなか寝付けない、途中で目が覚める……睡眠について何か問題を感じているなら、まずは寝衣の見直しから始めてみてはいかがでしょう。

[睡眠改善インストラクター/すずまり,ITmedia]

 前回は、よい眠りのためには自身の生活習慣だけでなく、自分を取り巻く睡眠環境も大切だとお伝えしました。そこで今回は寝るときに身にまとうパジャマなどの「寝衣」について考えてみたいと思います。

選び方を間違えると眠りの質が低下することも

 なかなか寝付けない、途中で目が覚めるなど、自分の睡眠について何か問題を感じているなら、まず寝衣の見直しから始めてみてはいかがでしょうか。実は、寝衣が眠りの質を左右することもあるのです。

 普段どんな格好で寝ているでしょうか。ちゃんとしたパジャマを着ているという方もいれば、Tシャツにスウェットという部屋着っぽいスタイルの方もいらっしゃると思います。近年では、そのままコンビニに行けるような格好が好まれているとも言われていますが、中には全裸という方もいらっしゃるとか。

 寝るときにどんなものを着るべきかというのは、年齢、性別、季節、寝室の温度や湿度といった環境によっても異なります。そのため「これを着れば絶対眠れる!」というものはありません。というと、なーんだと言われてしまうかもしれませんが、選ぶために参考となるポイントは存在します。

こちらもどうぞ:

肌触りがよく、保湿性、吸湿性、通気性に優れている

素材と着心地はとても大切です

 まず大事なのが「肌触り」です。今着ているシャツの触り心地はいかがでしょう? 洗濯を繰り返して、ざらざらしていませんか? ズボンはゴワゴワしていませんか? 袖を通しながら、ちょっとコレあんまり好きじゃないかもなんて感じていませんか。新しいシャツに交換すると気分がいいですよね。この肌触りの安心感が副交感神経の活動に影響するとも言われているのです。

 「保湿性、吸湿性、通気性」のよい素材であることも、就寝時の体温調整にとって大事なポイント。寝ている間は汗をかくため、汗がなかなか吸収されないと、蒸し暑さから睡眠が妨げられるだけでなく、吸収されない汗が皮膚表面に残り、逆に体を冷やしてしまう恐れもあります。日頃から発汗量が多いと感じているなら、特に意識していただきたい点です。

汚れを吸収しやすい

 汗と同時に「汚れの吸収のよさ」というのも大事な要素です。寝ている間は、皮脂や垢といった有機質の汚れも発生します。寝衣にはこれらの汚れが寝具に移るのを防ぐ役割もあるのです。汚れを放置すると、酸化して細菌の繁殖を許すことになり、臭いのもとになったりします。また、素材の汚れは不潔なだけでなく、通気性や吸水性に影響するため、寝具内の環境を悪化させる原因にもなります。汚れを寝衣で吸収できれば、こまめなケアが可能になります。

 というわけで、肌触りでは「綿」や「シルク」がおすすめですが、前述の要素をすべて満たす素材としては「綿」がおすすめ。手頃な価格で手に入りやすいところも魅力です。

 もし今、着古したシャツやズボンを着用していたり、ムレやすさを感じているなら、肌触りがソフトで気持ちいいと感じられる製品に交換してみてください。それだけで入眠が変わる可能性があります。

 なお、裸で眠ることが好きという方は、シーツやカバーのこまめなお手入れを忘れずに。一見汚れていないように見えるかもしれませんが、背中やおしりなど、寝具との接点が多い部分が汚れやすくなります。

体を締めつけない

 このほかに考慮したいのが「寝返りのしやすさ」です。寝返りが気持ちよくできないと、目が覚めてしまうことも。寝返りには体の重みがかかる部分の血液循環を改善する働きのほかに、日中の活動でひずんだ背骨の矯正機能もあるのではないかといわれているのです。

 寝返りを妨げるものには、寝具のコンディションが上げられますが、寝衣や下着の締め付け感も無視できません。体の締め付けが大きくなるほど、深部体温の低下も遅くなると言われています。深部体温の低下は入眠に欠かせない条件ですから、ダイレクトに影響があるわけです。スムーズな寝返りのためにも、動きやすいゆったりしたものを選びましょう。

体がリラックスできる好きな寝衣を着よう

今着ているパジャマはお気に入りですか?

 私はかつて、普段着ていたTシャツを寝衣用に回して着続けたことがありました。度重なる洗濯で劣化し、薄くなって肌触りも最悪でしたが気にせず使用していました。ただ、目にするたびに違和感は覚えており、ふとんの中でも物足りなさがありました。

 その後、思い切って綿のパジャマに替えたところ、とても眠りやすくなった経験があります。同じ掛け布団や敷き布団を使っていても、着古したゴワゴワのTシャツよりも、新しいパジャマのほうが断然温かく、しかも気持ちいいので体がホッとしているのがわかりました。

 やがて、好きなパジャマに袖を通すという行動が、眠る態勢であると体が認識するようになった気がします。自然と体がリラックスしてくるのです。このような寝衣の存在は、快眠には大事なんですね。もし今、適当なものを着ているという方は、せっかくですので、自分の寝衣について考えてみてください。

関連キーワード

睡眠 | Tシャツ | 健康 | おすすめ | 細菌 | 原因 | 選び方 | 習慣


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/01/news020.jpg 「キレッキレ!」「何回見ても笑えるwww」 白柴犬の激しすぎる後ろ足の動きに国内外から大反響
  2. /nl/articles/2111/30/news172.jpg 46歳と18歳の内田有紀、“2人そろって”『STORY』表紙へ 「自分の妹と撮影しているみたい」
  3. /nl/articles/2112/01/news118.jpg 渡辺美奈代、公開した自宅リビングが広すぎて“お姫様のお部屋” ゴージャスな部屋へファン「センスまで抜群」
  4. /nl/articles/2112/01/news111.jpg ゴマキの弟・後藤祐樹、服役中に死去した“母との約束” 「1000万円企画」朝倉未来の計らいで首のタトゥー除去
  5. /nl/articles/2112/01/news155.jpg 高嶋ちさ子、ダウン症の姉とさだまさしのコンサートへ 笑顔あふれる3ショットに「姉妹で素敵」「癒やされました」の声
  6. /nl/articles/2112/01/news182.jpg アイドルが「虚偽の発言」「繋がり行為」など複数の違反行為 ファンのため“卒業”を提案するもブロック→解雇へ
  7. /nl/articles/2112/01/news013.jpg 「校長先生の鑑」「神やん」 激長でおなじみの“校長先生の話”を描いた4コマ漫画が超展開で話題に
  8. /nl/articles/2111/30/news033.jpg パパに叱られる柴犬を黒猫がフォロー→柴犬「あとよろしく!」黒猫「えっ!?」 置いて行かれてあぜんとする表情がかわいい
  9. /nl/articles/2112/01/news095.jpg SPEED島袋寛子、18歳での悲劇を告白 鼻が約20年後も変形したままで「整形しようかと」
  10. /nl/articles/2111/30/news073.jpg 「犬の散歩みたい」――批判的な声にハーネスの使用をためらう親のために 現役ママが開発したリュック一体型「ワーネス」誕生秘話を聞いた

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」