連載
» 2015年02月10日 06時45分 公開

「寝衣の選び方」について考える――パジャマ? Tシャツ? 安眠のために意識したいポイントすずまり流“続く”健康管理

なかなか寝付けない、途中で目が覚める……睡眠について何か問題を感じているなら、まずは寝衣の見直しから始めてみてはいかがでしょう。

[睡眠改善インストラクター/すずまり,ITmedia]

 前回は、よい眠りのためには自身の生活習慣だけでなく、自分を取り巻く睡眠環境も大切だとお伝えしました。そこで今回は寝るときに身にまとうパジャマなどの「寝衣」について考えてみたいと思います。

選び方を間違えると眠りの質が低下することも

 なかなか寝付けない、途中で目が覚めるなど、自分の睡眠について何か問題を感じているなら、まず寝衣の見直しから始めてみてはいかがでしょうか。実は、寝衣が眠りの質を左右することもあるのです。

 普段どんな格好で寝ているでしょうか。ちゃんとしたパジャマを着ているという方もいれば、Tシャツにスウェットという部屋着っぽいスタイルの方もいらっしゃると思います。近年では、そのままコンビニに行けるような格好が好まれているとも言われていますが、中には全裸という方もいらっしゃるとか。

 寝るときにどんなものを着るべきかというのは、年齢、性別、季節、寝室の温度や湿度といった環境によっても異なります。そのため「これを着れば絶対眠れる!」というものはありません。というと、なーんだと言われてしまうかもしれませんが、選ぶために参考となるポイントは存在します。

こちらもどうぞ:

肌触りがよく、保湿性、吸湿性、通気性に優れている

素材と着心地はとても大切です

 まず大事なのが「肌触り」です。今着ているシャツの触り心地はいかがでしょう? 洗濯を繰り返して、ざらざらしていませんか? ズボンはゴワゴワしていませんか? 袖を通しながら、ちょっとコレあんまり好きじゃないかもなんて感じていませんか。新しいシャツに交換すると気分がいいですよね。この肌触りの安心感が副交感神経の活動に影響するとも言われているのです。

 「保湿性、吸湿性、通気性」のよい素材であることも、就寝時の体温調整にとって大事なポイント。寝ている間は汗をかくため、汗がなかなか吸収されないと、蒸し暑さから睡眠が妨げられるだけでなく、吸収されない汗が皮膚表面に残り、逆に体を冷やしてしまう恐れもあります。日頃から発汗量が多いと感じているなら、特に意識していただきたい点です。

汚れを吸収しやすい

 汗と同時に「汚れの吸収のよさ」というのも大事な要素です。寝ている間は、皮脂や垢といった有機質の汚れも発生します。寝衣にはこれらの汚れが寝具に移るのを防ぐ役割もあるのです。汚れを放置すると、酸化して細菌の繁殖を許すことになり、臭いのもとになったりします。また、素材の汚れは不潔なだけでなく、通気性や吸水性に影響するため、寝具内の環境を悪化させる原因にもなります。汚れを寝衣で吸収できれば、こまめなケアが可能になります。

 というわけで、肌触りでは「綿」や「シルク」がおすすめですが、前述の要素をすべて満たす素材としては「綿」がおすすめ。手頃な価格で手に入りやすいところも魅力です。

 もし今、着古したシャツやズボンを着用していたり、ムレやすさを感じているなら、肌触りがソフトで気持ちいいと感じられる製品に交換してみてください。それだけで入眠が変わる可能性があります。

 なお、裸で眠ることが好きという方は、シーツやカバーのこまめなお手入れを忘れずに。一見汚れていないように見えるかもしれませんが、背中やおしりなど、寝具との接点が多い部分が汚れやすくなります。

体を締めつけない

 このほかに考慮したいのが「寝返りのしやすさ」です。寝返りが気持ちよくできないと、目が覚めてしまうことも。寝返りには体の重みがかかる部分の血液循環を改善する働きのほかに、日中の活動でひずんだ背骨の矯正機能もあるのではないかといわれているのです。

 寝返りを妨げるものには、寝具のコンディションが上げられますが、寝衣や下着の締め付け感も無視できません。体の締め付けが大きくなるほど、深部体温の低下も遅くなると言われています。深部体温の低下は入眠に欠かせない条件ですから、ダイレクトに影響があるわけです。スムーズな寝返りのためにも、動きやすいゆったりしたものを選びましょう。

体がリラックスできる好きな寝衣を着よう

今着ているパジャマはお気に入りですか?

 私はかつて、普段着ていたTシャツを寝衣用に回して着続けたことがありました。度重なる洗濯で劣化し、薄くなって肌触りも最悪でしたが気にせず使用していました。ただ、目にするたびに違和感は覚えており、ふとんの中でも物足りなさがありました。

 その後、思い切って綿のパジャマに替えたところ、とても眠りやすくなった経験があります。同じ掛け布団や敷き布団を使っていても、着古したゴワゴワのTシャツよりも、新しいパジャマのほうが断然温かく、しかも気持ちいいので体がホッとしているのがわかりました。

 やがて、好きなパジャマに袖を通すという行動が、眠る態勢であると体が認識するようになった気がします。自然と体がリラックスしてくるのです。このような寝衣の存在は、快眠には大事なんですね。もし今、適当なものを着ているという方は、せっかくですので、自分の寝衣について考えてみてください。

関連キーワード

睡眠 | Tシャツ | 健康 | おすすめ | 細菌 | 原因 | 選び方 | 習慣


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2201/28/news013.jpg 4コマ“全員医学部出てない”が大惨事の予感しかない 「大至急首にネギを巻くんだ! 生姜湯も飲ませろ!」
  2. /nl/articles/2201/27/news192.jpg ちっちゃすぎるのかでっかすぎるのか 大相撲・高安関と11カ月娘のスニーカー比較写真が「ガリバー旅行記」と反響
  3. /nl/articles/2201/27/news182.jpg ガンダムがスノボやってる!? ゲレンデをさっそうと滑るコスプレボーダーが「連邦の面白い悪魔」と人気
  4. /nl/articles/2201/27/news104.jpg 坂上忍、11歳“長男”・佐藤ツトムの旅立ちに涙 介護の日々経ての別れに「本当にありがとうございました」
  5. /nl/articles/2201/28/news085.jpg 「だれかわからなかった」 国生さゆり、今年初ソロショットで茶髪ボブへ大胆イメチェン 好評の声へ「可愛いと自覚致します」
  6. /nl/articles/2111/02/news016.jpg “重みのある一言”に「ゾクッとした」 登山中に「あなた危ないわよ」と注意された体験談漫画に反響集まる
  7. /nl/articles/2201/28/news141.jpg 米43歳の元人気子役、2年のドラッグ断ちですっかり別人に! 「歯がなくて座っていられなかった」過去から復活へ
  8. /nl/articles/2201/28/news081.jpg 水族館「オニカマス展示中です」→魚クラスタ「ヤシャカマスでは?」 野生の魚博士が間違いを発見、水族館に経緯を聞いた
  9. /nl/articles/2201/27/news165.jpg パパ、気を確かに! ベッカム「娘に好きな人がいるっていわれた」絶望フェースが世界中の父親に突き刺さる
  10. /nl/articles/2201/28/news050.jpg 「もう無理……」 虚無感漂う置物「いろいろむりになってきたカエル」がじわじわくるかわいさ

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」