Apple Watch発売から一週間、次期モデルのApple Watch 2はどう進化する?

Apple Watchが多くの人の手元に届いて1週間少々。使って初めて分かる魅力や問題点が徐々に出てきました。そんなApple Watchのメリットやデメリットを踏まえつつ、“次”のモデルがどうなるか、勝手に考えてみました。

» 2015年05月03日 06時30分 公開
[ITmedia]
※本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
The Next Apple Watch

 4月24日にApple Watchが発売され、数日間使用したユーザーから、さまざまな反響が出てきています。バッテリーが持つ/持たないといった話から、ステンレススチールケースは傷が付きやすいこと、Apple Watch対応アプリの動作が重いことなどがもっぱらの話題です。

 そんな、まだ発売されたばかりのタイミングではありますが、まだ完成形とは言いがたいApple Watchの現状を踏まえ、次期モデルでどんな変化が生じるか、考察してみたいと思います。

予想1:形状は変わらない

 Appleのこれまでの製品ラインアップを振り返ってみると、初代から2代目へのモデルチェンジでは、形状が変わるケースが多い印象です。iPhoneしかり、iPod touchしかり、iPadしかり。ですが、ここ数年だけを見ると、多くのモデルが2年程度同じ形状を維持しています。ケースやケーブルなど、周辺のエコシステムが大きく育ってきているからかもしれません。

 ではApple Watchはどうなるでしょうか。Apple Watchが「iPhone 6」や「iPhone 6 Plus」と同時に発表されたこと、これらのモデルと一緒に使うことが前提になっていることから、次期モデルでは大きな形状の変更はないと考えます。現在のApple Watchの形状は、大きく変えようがないように見える、ということもありますが、バンドなどがサードパーティーベンダーから出てくる可能性も高そうですし、これからアプリが充実するというタイミングで、ハードウェアの仕様を大きく変える(例えばディスプレイの解像度を変える)といったことはしないのではないでしょうか。

予想2:プロセッサーの高速化とバッテリーの大容量化を行う

 形状は変わらないと思いますが、仮に新モデルが1年後に出るとしたら、内部の構成は大きく変わると考えられます。現状のApple Watchでは、対応アプリの動作が非常に重く、グランスから何か別のことをしようとすると、一呼吸以上待たされることが頻繁にあります。S1プロセッサーの高速化や、Watch OSのチューニングは必ず行われるでしょう。

 またバッテリー容量も十分とは言えません。多くの場合1日程度はバッテリーが持つApple Watchですが、利用するアプリや機能によっては、フル充電から空になるまで半日持たなかったというケースも報告されています。プロセッサーの微細化(製造プロセスの変更)をすることで小型化と省電力化を行い、基板などの主要パーツをさらに小さくした上で、できたスペースにより容量の大きなバッテリーを積むのではないでしょうか。

予想3:ヘルスケア系機能、単体で動く機能が増える

 使い始めるとよく分かるのですが、Apple Watchは基本的にiPhoneが近くにあることが前提の作りになっていて、iPhoneから離れると使える機能が極端に少なくなります。

 現在iPhoneなしでも利用できるのは、時計と世界時計、ストップウォッチ、タイマー、アラーム、スケジュール、ワークアウト、アクティビティくらい。そのほかBluetoothヘッドセットを接続して、Apple Watchに楽曲データを転送しておけば、音楽の再生もできますが、これで十分かといわれると、まだまだだと感じます。

 特に睡眠の計測や、脈拍を用いた運動強度の管理など、ウェアラブルデバイスならではの活用法が出てくることが期待されます。常に身に付けているApple Watchだからこそできる機能は、バッテリー消費量とのバランスを取りながら、増えていくと考えられます。

予想4:Watchアプリ用のAPIが増える

 6月8日から米サンフランシスコで開催される開発者向けの年次イベント「Apple Worldwide Developers' Conference 2015(WWDC 2015)」では、毎年iOSやMacOSの新機能や新しいAPIが披露されるのが通例です。今年はApple Watch向けのWatch OSについても、新たな情報開示が行われるでしょう。その中には、今はまだ提供されていない機能を実現するものも含まれているはずです。

 もちろん、今販売されているApple Watchにも、Watch OSのバージョンアップという形で新しい機能が追加される可能性は高いですが、新しいApple Watchでは、さらなる機能が追加され、サードパーティー製のアプリで利用できる機能も増えるのではないでしょうか。

予想5:中古市場が盛り上がる

 最後はApple Watchそのものの進化というよりは、Apple Watchをめぐる市場環境の進化といった方が良さそうですが、Apple WatchはiPhoneのように通信事業者との契約が不要なので、中古品の売買が容易で、流動性が高くなることは想像に難くありません。特にバンドは純正品の価格が高いこともあって、使用感が出にくい金属製のものを中心に、本体の普及とともに中古市場も大きくなるのではないでしょうか。

 リンクブレスレットの単品価格は、新品だとApple Storeで5万4800円(税別)。Apple Watch Sportよりも高い値段です。もし、比較的状態のいい中古品が安く手に入るなら、欲しいと考える人は多いでしょう。すでにバンドの金具の形状を模した交換用のバンドをうたう製品が登場していますが、バンドの規格が公開され、サードパーティーからもバンドが販売されるようになれば、さらに市場は大きくなると予想されます。

 腕時計は、周りの人との“かぶり”を避けたいと考える人は多いと考えられますので、バリエーションが増えるのは基本的に歓迎されるはず。飽きたものを手放して、新しいものに気軽に変えられる環境は、現状のApple Watchの価格を考えれば、必須だと言えるでしょう。

The Next Apple Watch さまざまなバンドが用意されているApple Watchですが、純正品以外のバンドが増えるとより楽しみが増すのではないでしょうか

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2404/19/news166.jpg 富山県警のX投稿に登場の女性白バイ隊員に過去一注目集まる「可愛い過ぎて、取締り情報が入ってこない」
  2. /nl/articles/2404/20/news030.jpg 熟睡する3歳&2歳の姉妹、そっと掛け布団をめくってみると…… あまりにも尊い光景に「待ってキュン死にする」「仲の良さがほんと伝わる」
  3. /nl/articles/2404/16/news185.jpg 異世界転生したローソン出現 ラスボスに挑む前のショップみたいで「合成かと思った」「日本にあるんだ」
  4. /nl/articles/2404/18/news029.jpg 【今日の計算】「12×6−5+1」を計算せよ
  5. /nl/articles/2404/19/news176.jpg サントリーのひろゆき氏起用「伊右衛門 特茶」広告が物議 サントリー「ご意見は今後の参考にさせていただきます」
  6. /nl/articles/2404/20/news019.jpg すっぴんママがスーパーモデル風メイクをすると…… 「同一人物!?」な仕上がりに「素晴らしい才能」「メイク前も美しい!」【海外】
  7. /nl/articles/2404/20/news071.jpg 解体が進められている“横浜のガンダム” 現在の姿が「現代アートみたい」「色気がありますね」と話題
  8. /nl/articles/2404/18/news129.jpg 7カ月赤ちゃんが熟睡中、あの手この手で起こすと…… かわいすぎる寝起きに「天使発見!」「なんてきれいな目」
  9. /nl/articles/2404/20/news051.jpg 東京メトロが「1971年の千代田線の駅」を公開 50年以上前のきっぷうりばに「こんな感じだったんですか!」
  10. /nl/articles/2404/19/news036.jpg 1歳赤ちゃん、寝る時間に現れないと思ったら…… 思わぬお仲間連れとご紹介が「めっちゃくちゃ可愛い」と220万再生
先週の総合アクセスTOP10
  1. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  2. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  3. 安達祐実、成人した娘とのレアな2ショット披露 「ママには見えない!」「とても似ててびっくり」と驚きの声
  4. 兄が10歳下の妹に無償の愛を注ぎ続けて2年後…… ママも驚きの光景に「尊すぎてコメントが浮かばねぇ」「最高のにいに」
  5. “これが普通だと思っていた柴犬のお風呂の入れ方が特殊すぎた” 予想外の体勢に「今まで観てきた入浴法で1番かわいい」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評
  8. お花見でも大活躍する「2杯のドリンクを片手で持つ方法」 目からウロコの裏技に「えぇーーすごーーい」「やってみます!」
  9. 弟から出産祝いをもらったら…… 爆笑の悲劇に「めっちゃおもろ可愛いんだけどw」「笑いこらえるの無理でした」
  10. 3カ月の赤ちゃん、パパに“しーっ”とされた反応が「可愛いぁぁぁぁ」と200万再生 無邪気なお返事としぐさから幸せがあふれ出す
先月の総合アクセスTOP10
  1. フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. 親が「絶対たぬき」「賭けてもいい」と言い張る動物を、保護して育ててみた結果…… 驚愕の正体が230万表示「こんなん噴くわ!」
  3. 水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
  4. フワちゃん、収録中に見えてはいけない“部位”が映る まさかの露出に「拡大しちゃったじゃん」「またか」の声
  5. スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  6. 桐朋高等学校、78期卒業生の答辞に賛辞やまず 「只者ではない」「感動のあまり泣いて10回読み直した」
  7. 「これは悲劇」 ヤマザキ“春のパンまつり”シールを集めていたはずなのに…… 途中で気づいたまさかの現実
  8. 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
  10. 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」