ニュース
» 2015年06月11日 08時30分 公開

Apple Watchのアクティビティアプリにリングが3つある理由

Apple Watchのフィットネス技術の開発をリードしたジェイ・ブラーニク(Jay Blahnik)氏が来日した6月1日、アップルストア表参道で開催されたイベントで、Appleがアクティビティアプリに込めた思いを聞くことができました。

[園部修,ITmedia]
Apple Watch Activity Ring Apple Watchのアクティビティリング

 Apple Watchの開発にあたって、Appleがさまざまなデータを取り、人の体について学ぶために秘密のフィットネスラボを作った話を以前ご紹介しましたが、その話が出たのと同じ、アップルストア表参道でのイベントで、Apple Watchに搭載されているアクティビティ機能の開発秘話なども一部披露されました。

 Apple Watchのフィットネス技術の開発をリードしたジェイ・ブラーニク(Jay Blahnik)氏の来日に合わせて開催されたスペシャルトークライブでのひとコマで、林信行氏が「アクティビティアプリのそれぞれのリング(円)はどう解釈するのがいいか」と質問すると、ブラーニク氏は興味深い話をしてくれました。

アクティビティアプリの3つのリングの意味

Jay Blahnik Apple Director of Fitness, Health Technologiesのジェイ・ブラーニク氏

 ブラーニク氏は、Appleの健康・フィットネス分野のディレクター(肩書はDirector of Fitness, Health Technologies)。かつては、Nikeの「Nike+ Running」や「Nike+ FuelBand」などの開発などにも携わっていた、フィットネス業界では名の知れたカリスマトレーナーです。これまでの同氏の経験と、AppleのこだわりがApple Watchのヘルスケア機能に結実していると考えられます。

 そのブラーニク氏のチームでは、アクティビティ機能のデザインを考えるときに「単なる定量的なカウンターではない、歩数計のようなものを超える何かがほしい」と思ったそうです。そこから3つのリングが生まれました。

 「カロリーを消費したり、体の循環を改善したりするために、1日を通して適度に体を動かすことはとても重要です。それを測っているのが赤い『ムーブ』のリングです。一方、緑色の『エクササイズ』リングは1日のうち何分を、健康的な、はや歩き以上の強度の運動にあてているかを計測しています。

 1日の中での定常的な運動量と、それを超える強度の運動は違うと考えています。多くの人は、動き回っていても、はや歩き以上の強度の運動はなかなかできていません。1日の運動量を考えて、なおかつ自分の健康を増進できるような強度の運動もしてもらおう、という考えから、ムーブとエクササイズのリングは生まれました」(ブラーニク氏)

 3つめの青い「スタンド」リングは、ずっと座っていることが体によくない、ということを意識してもらうために用意したといいます。

 「あまりに静かに座ってい続けることも、アクティブに運動しすぎるのも、どちらも同じくらい健康に悪いのです。例えばあるアスリートの方は、朝起きて1時間ジョギングをして、その後出勤してオフィスでずっと座っているので、スタンドの青いリングがなかなか完成しないと言っていました。実際、スタンドのゴールを達成するのは難しい、というアスリートの声を耳にしますが、それはそれなりに健康上のリスクがあることなのです」(ブラーニク氏)

 ちなみにAppleの本社では、「会議をしていると皆同じくらいのタイミングでApple Watchからスタンドの通知が来るので(Apple Watchは、1時間立ち上がっていない人に対して、毎時50分くらいに、立ち上がるよう通知をくれます)、ほどよいタイミングでみなが立ち上がって伸びをしたり、休憩を取ったりする」とブラーニク氏は笑いながら話していました。

 林氏も、「シリコンバレーでは今、“Sitting is the new smoking.”(座っているのは喫煙のように体に悪い)と言われていますね」と、仕事などで座り続けると体によくない影響があるという認識が広がっている様子を伝えました。

Nobi Hayashi ジャーナリストの林信行氏

リングを3つ用意した理由は?

 いろいろな意味が込められたアクティビティアプリのリングですが、なぜわざわざ重なった3つのリングを用意したのでしょうか。その理由をブラーニク氏はこう語っています。

 「私自身も、1日たって、3つのリングが全部完成できないという日もたまにあります。もしリングが1つしかなくて、その1つのゴールすら達成できなかったとなると、そこでもういいやとあきらめる人も出てくると思います。でも3つあったら、そのうちの1つにフォーカスしてみたりすることができます。例えば今日はスタンドだけ頑張ろう、とか思えるわけですね。ですから、3つのリングがあるのは、ユーザーのモチベーションを維持するために重要だと思います。言ってみれば、3種類の達成方法が用意されているということです」(ブラーニク氏)

 ブラーニク氏も夜9時くらいになってアクティビティリングが完成していないと、ウォーキングに出たりして無理矢理でもリングを完成させるそうです。

 Apple Watchに用意された3つのリング――。それは、ダイエットやフィットネスにまつわるサービスを手がける開発者が一様に直面する、モチベーション維持のための秘密だったのです。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 勝手に「サービス終了ゲーム総選挙」をやったら6700票も集まってしまったので結果を発表します 2位の「ディバインゲート」を抑えて1位に輝いたのは……
  2. ママとの散歩中、田んぼにポチャンした柴犬さんが帰宅後…… パパに一生懸命アクシデントを報告する姿がいとおしい
  3. “26歳年の差婚”の菊池瑠々、第4子妊娠を発表「もう、とにかくうれしいです!」 年上の夫も満面の笑み
  4. 桐谷美玲、隠し撮りに「絶対ヤバい顔」 “ほぼ半目”な不意打ち写真に「100点満点に可愛い」と全力フォローの声
  5. 村田充、3匹目の愛犬の存在明かす 神田沙也加さんから引き取ったブルーザーとは「数日で仲良くなりまして」
  6. 三浦孝太、母・りさ子誕生日に“家族4ショット”でお祝い キングカズも笑顔の写真に「家族が1番!」
  7. バレー日本代表の清水邦広の再婚に盟友・福澤達哉さん「相手は私ではございません」 元妻は中島美嘉
  8. 「駅の待合室をバケモンが占領している」→“謎の生き物”の正体について大分県立美術館に話を聞いた
  9. 滝沢カレン、倖田來未の“バックダンサー”になりすまし 感極まって「人一人洗えるくらい泣きました」
  10. 宮崎駿愛用の「電動消しゴム」が故障 → サクラクレパス公式が倉庫の奥から発掘 Twitterが繋いだ温かな展開が話題に

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」