「エコノミー症候群」の恐れも? 在宅勤務の問題点について考える

テレビ会議が多用される今、多くのIT企業が在宅勤務(テレワーク)を導入しています。そこで、在宅勤務に潜む健康リスクを洗い出してみます。

» 2015年08月14日 06時00分 公開
[石原亜香利ITmedia]

 先日、IT企業インフォテリアが、気温35度を超えると予想される日に在宅勤務を推奨する制度を導入したと発表しました。こうした例のように、普段の業務において、テレビ会議を用いた遠隔地との仕事が当たり前のように行われているような会社では、在宅勤務、いわゆるテレワークの導入は比較的スムーズに実施できると考えられます。

 しかしながら、在宅勤務は日本においてはまだまだ制度としての歴史も浅く、未整備の点が多く見られるのもまた事実。よく指摘されるのはコミュニケーション面での不備についてですが、今回はちょっと目先を変えて健康リスクに着目してみましょう。

通勤ストレスはないけれど……在宅勤務の健康リスクって?

在宅勤務に潜む健康リスク……「運動不足」

 在宅勤務の一番の健康リスクとして浮かんでくるのは、座りっぱなしによる運動不足です。従来の通勤型勤務では、特に運動とは思っていなかった何気ない会社への行き帰りや、ちょっとしたコピー機とデスクの往復、会議室への移動など、たとえ内勤でも意外と運動チャンスはありました。

 しかし、在宅勤務の場合、工夫すれば外出を減らすことはできますし、必要なものもデスクから手の届く範囲に置いておけば、座りながら全ての作業が完結してしまいます。よって、自ずと運動不足に陥ってしまうというリスクが浮かび上がってきます。

果ては、エコノミークラス症候群や肥満に?!

 米国のシリコンバレーなどでは今、“Sitting is the new smoking”(座っていることは喫煙のように身体に悪い)という警句がうたわれていることをご存じでしょうか。いわゆるウェアラブルデバイスの代表的な製品として世の中に受け入れられている「Apple Watch」にも、1時間あたり1度、立ちあがって軽い伸びなどをすることを促す「Stand」機能が標準搭載されています。

 座りっぱなし生活を毎日のように続けることによって高まるリスクとしては、具体的にエコノミークラス症候群や肥満などが考えられます。エコノミークラス症候群とは、飛行機のエコノミークラスなどの狭い空間に長時間座っていることが原因で起きる症状。足の血流が悪くなって静脈の中に血栓ができてしまい、急に立ち上がったときなどに、肺に到着した血栓が動脈をふさぐことで、突然死を起こすこともある侮れない病気です。

 オフィス内でもこのような状況なのですから、ましてや在宅勤務では、さらにこうしたリスクが高まることは自明と言えます。ただし、家の中でもある程度の時間が経過したら立ちあがって歩いたり、トイレに行ったり、外へ買い物に行ったりすることを意識的に行うだけで、忍び寄るリスクを大きく軽減できるはずです。

通勤ストレスや食事時間の確保ができるのは良し!

 在宅勤務は、満員電車などの通勤時のストレスから解放されたり、不規則だった食事内容や時間が健全になったりと、心身の健康にプラスになる見込みもあります。ただ、一日中、誰とも話さない日もあるため、刺激が少ないことや、生活リズムを崩しやすくなるリスクについても、事前に十分把握しておく必要があります。

 通勤時間を短縮し、仕事効率も高めると言われている在宅勤務ですが、長期間行う場合にはこのような健康リスクを考慮し、適度な運動や生活リズムを崩さない意識付けが必要です。個人レベルではもちろん、組織としての対応や決め事の整備も、今後社会的に進んでいくことでしょう。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10
  1. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  2. 富山県警のX投稿に登場の女性白バイ隊員に過去一注目集まる「可愛い過ぎて、取締り情報が入ってこない」
  3. 2カ月赤ちゃん、おばあちゃんに少々強引な寝かしつけをされると…… コントのようなオチに「爆笑!」「可愛すぎて無事昇天」
  4. 異世界転生したローソン出現 ラスボスに挑む前のショップみたいで「合成かと思った」「日本にあるんだ」
  5. 【今日の計算】「8+9÷3−5」を計算せよ
  6. 21歳の無名アイドル、ビジュアル拡散で「あの頃の橋本環奈すぎる」とSNS騒然 「実物の方が可愛い」「見つかっちゃったなー」の声も
  7. 1歳赤ちゃん、寝る時間に現れないと思ったら…… 思わぬお仲間連れとご紹介が「めっちゃくちゃ可愛い」と220万再生
  8. 業務スーパーで買ったアサリに豆乳を与えて育てたら…… 数日後の摩訶不思議な変化に「面白い」「ちゃんと豆乳を食べてた?」
  9. 祖母から継いだ築80年の古家で「謎の箱」を発見→開けてみると…… 驚きの中身に「うわー!スゴッ」「かなり高価だと思いますよ!」
  10. 「ゆるキャン△」のイメージビジュアルそのまま? 工事の看板イラストが登場キャラにしか見えない 工事担当者「狙いました」
先月の総合アクセスTOP10
  1. フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. 親が「絶対たぬき」「賭けてもいい」と言い張る動物を、保護して育ててみた結果…… 驚愕の正体が230万表示「こんなん噴くわ!」
  3. 水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
  4. フワちゃん、収録中に見えてはいけない“部位”が映る まさかの露出に「拡大しちゃったじゃん」「またか」の声
  5. スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  6. 桐朋高等学校、78期卒業生の答辞に賛辞やまず 「只者ではない」「感動のあまり泣いて10回読み直した」
  7. 「これは悲劇」 ヤマザキ“春のパンまつり”シールを集めていたはずなのに…… 途中で気づいたまさかの現実
  8. 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
  10. 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」