iPhoneの「3Dタッチ」に抱く懸念 ユーザーは機能に気づくことができるか

iPhone 6sとiPhone 6s Plusに新たに採用された「3D Touch」機能は、それに触れた多くの人が絶賛するユーザーインタフェースのようです。しかし3D Touchは、長押しや強押しと同様に、“気付きにくい”操作でもあります。

» 2015年09月12日 06時00分 公開
[園部修ITmedia]
3D Touch 3D Touchで利用できるPeek(ピーク)。コンテキストメニューのように、よく行う操作を呼び出したりできます(撮影:松村太郎)

 Appleが発表した次期iPhone、「iPhone 6s」と「iPhone 6s Plus」に採用された新しいユーザーインタフェース「3D Touch」が話題です。新型のiPhoneにおける最大の見どころと評価する人も多いこの機能は、Appleいわく「次世代のマルチタッチ」。タッチパネルの操作では今や一般的になった、複数の指を使ったスワイプやピンチ操作に次ぐ、iPhoneならではの新しい操作です。

 指でガラス面を強く押し込むと、押し込んだ強さに応じて「Taptic Engine」が振動を起こし、それと同時にPeek(ピーク/のぞく)やPop(ポップ/飛び出す)と呼ばれる動作を起こせるこの機能は、ソフトウェア(iOS)とハードウェア(iPhone)を一体で開発できるAppleだからこそ実現できたスムーズな操作感だと評判です。発表会場で実機に触れた人の多くは、その出来の良さや実装の素晴らしさ、利便性の高さを異口同音に伝えています。

 しかしこの3D Touch、知っていると便利な機能である半面、知らないと使えない機能になってしまうのではないかと、懸念を覚えます。

 以前、Apple Watchに「Force Touch」が採用されたときにも「Apple Watchの“全貌”にユーザーは気付けるか 『長押し』に感じる不安」という記事を書きましたが、こうした“普通のタッチ”とは異なる操作を組み合わせるユーザーインタフェースには、機能が複雑になり、存在するはずの機能が見付けられなくなるリスクがあります。

 iPhoneの発表会場で3D Touch機能に触れた人は、「今回の目玉機能は『3D Touch』です。こんな風に操作するととても便利です。さあ、試してみてください」といった感じでレクチャーを受け、実際に触ってみて、その素晴らしい操作感に感動するのだと思います。

 iPhoneを使いこなしている人なら、今まで何度もタップしたりホームボタンを押してアプリを切り替えたりしていた操作が、指を軽く押し込むだけでできたりするとなれば、便利で生産性も上がると感じるでしょう。それはそれで素晴らしいことです。

 ですが、普通にキャリアショップなどでiPhoneを購入する人の場合、3D Touchについては一切知らないままiPhoneを使う可能性もあるわけです。こうした人は、3D Touchの恩恵を受けられないかもしれません。テレビCMで見るとか、何かの拍子に気付くこともあるとは思いますが、長押しをしてホーム画面のアイコンを並べ替えられることや、コピー&ペーストの機能が使えることを知らない人がいることを考えると、かつての国産高機能ケータイがそうであったように、搭載されているのに誰も気付かない機能が増えていく恐れもあります。

 純正アプリで実現されている3D Touchを活用する機能は、知らなくても困らないといえばそうですが、3D Touchはサードパーティー製のアプリでも利用可能になることから、Appleの純正アプリとは違う3D Touchの使い方を組み込むアプリも出てくることが考えられます。この場合、肝心の機能が使えないといったことも起こるかもしれません。

 マルチタッチでストレスなく操作できるiPhoneが初めて登場した当初は、子供でも直感的に使えるタッチパネル操作に誰もが魅力を感じました。ですが、3D Touchがその再来になるのかどうか、と考えると、いまひとつ確信が持てません。

 3D Touchが、PCのキーボードショートカットや、右クリックで呼び出せるコンテキストメニューのように、玄人だけが知っている“裏技”のようにならないことを願ってやみません。

3D Touch マップアプリでは、3D Touchを利用することで、特定の場所を押し込み位置情報の詳細を表示する、といったことも可能です(撮影:松村太郎)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10
  1. 小泉進次郎、生後3カ月の長女を抱く姿に「貴重なパパの顔」 2023年末には小泉元首相の“幸せじいじ姿”も話題に
  2. 庭にアジサイがあるなら知っておくべき!? 春になる前に急いでやりたい“大きな花を咲かせる”お手入れ術に反響続々
  3. 生まれたばかりの孫に会いに来た両親、赤ちゃんを見た瞬間号泣し…… 幸せあふれる光景に「一緒に泣いちゃいました」
  4. つんく♂、「僕の大好きな妻」と元モデル妻の貴重ショット公開 「めちゃくちゃお綺麗」と反響
  5. 小泉純一郎元首相、進次郎&滝クリの第2子“孫抱っこ”でデレデレ笑顔 幸せじいじ姿に「顔が優しすぎ」「お孫さんにメロメロ」
  6. 「ずっと手を触って」「強烈な口説きが」 グラドル、元K-1王者のセクハラ行為を“告発”→反論しバトルに 「引っ込んどけよロバは」謎の容姿罵倒で流れ弾も
  7. 2歳娘、帝王切開で入院するママの前では強がっていたが…… 離れてから号泣する姿に「いじらしくて可愛くて朝から泣いた」
  8. 業務スーパーの“高コスパ”人気冷凍商品に「基準値超え添加物」 約1万5000個販売……自主回収を実施
  9. 長女と赤ちゃんの夜のルーティンが「可愛いしか言えん」 愛が強すぎな姉から逃げる姿に「嫌いじゃないのねw」「素敵な姉妹」
  10. 「ほんと愛でしかない」「心から尊敬します」 “6男7女の大家族”うるしやま家のスーパーママ、“15人分のお弁当作り”が神業レベルで称賛の声
先月の総合アクセスTOP10
  1. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  2. パーカーをガバッとまくり上げて…… 女性インフルエンサー、台湾でボディーライン晒す 上半身露出で物議 「羞恥心どこに置いてきたん?」
  3. “TikTokはエロの宝庫だ” 女性インフルエンサー、水着姿晒した雑誌表紙に苦言 「なんですか? これ?」
  4. 1歳妹を溺愛する18歳兄、しかし妹のひと言に表情が一変「ちがうなぁ!?」 ママも笑っちゃうオチに「かわいいし天才笑」「何度も見ちゃう」
  5. 8歳兄が0歳赤ちゃんを寝かしつけ→2年後の現在は…… 尊く涙が出そうな光景に「可愛すぎる兄妹」「本当に優しい」
  6. 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
  7. 67歳マダムの「ユニクロ・緑のヒートテック重ね着術」に「色の合わせ方が神すぎる」と称賛 センス抜群の着こなしが参考になる
  8. “双子モデル”りんか&あんな、成長した姿に驚きの声 近影に「こんなにおっきくなって」「ちょっと見ないうちに」
  9. 犬が同じ場所で2年間、トイレをし続けた結果…… 笑っちゃうほど様変わりした光景が379万表示「そこだけボッ!ってw」
  10. 新幹線で「高級ウイスキー」を注文→“予想外のサイズ”に仰天 「むしろすげえ」「家に飾りたい」