これから重要度を増す音響技術、補聴支援スピーカー「コミューン」のアプローチ(1/2 ページ)

ユニバーサル・サウンドデザインから補聴支援スピーカー「comuoon」(コミューン)の新製品が登場した。独自の技術で高齢者や難聴に悩む人たちの音声コミュニケーションをサポートする。

» 2016年03月03日 19時13分 公開
[芹澤隆徳ITmedia]

 ユニバーサル・サウンドデザインは3月3日、補聴支援スピーカー「comuoon」(コミューン)の新製品を発表した。高齢者や難聴を抱える人たちの音声コミュニケーションをサポートするというもの。「スピーカーでは難聴者の支援はできない」という、かつての常識を覆した製品の最新版だ。

新製品の「comuoon SE」

ボリュームを上げると逆効果になる場合も

 同社の中石真一路社長によると、難聴はその原因によって大きく2つに分類されるという。1つは、外耳や内耳(外耳道、鼓膜、耳小骨など音を振動に変えて体内に伝える器官)に機能障害がある「伝音性難聴」、もう1つは内耳やその先にある聴神経に障害のある「感音性難聴」だ。

ユニバーサル・サウンドデザインの中石真一路社長

 伝音性難聴の場合、補聴器などで音を大きくすれば聞き取れるが、一方の感音性難聴は音が歪(ひず)んで聞こえるため、単純にボリュームを上げると余計に音が歪んで逆効果になる。しかも、日常生活に支障があるとされる“中度”や“重度”の難聴は感音性難聴であるケースが多い。

 音を大きくするとさらに聞き取りにくくなるのだから、スピーカーや補聴器はあまり役には立たない。中石氏によると、「以前は、“スピーカーでは難聴者の支援はできない”というのが医療関係者の常識だった」という。難聴と診断された人でも、実際に補聴器を使っている人は少ないという状況もそれを裏付けている。

 そんな常識を覆したのが、2013年に登場した初代「comuoon」だった。comuoonは、独自の研究成果を反映し、とにかく“歪(ひずみ)のない音”を目指した。例えばスピーカー部では、低歪で知られるアルミニウム素材を用い、非常に細かいハニカム構造(蜂の巣状)の振動板を開発。歪を抑えつつ振動板自体の柔軟性を上げて応答性を向上させた。再生周波数特性は、人の可聴域をカバーする80〜2万Hz。ただし、難聴の方は1700Hz付近の高い音が聞き取りにくい傾向があるため、該当する周波数帯を少し持ち上げるセッティングになっている。「1700Hz付近は、人の声を聞き取る際に重要になる」(同氏)

スピーカーは指向性を高めるため、砲弾型を採用。その奥には一見フラットにみえる振動板。実は非常に細かいハニカム構造になっている(写真は新製品)

 一方でアンプ部はとにかくフラットな特性を目指した。コミューンには、オーディオ用に開発された新日本無線のオペアンプ「MUSE」(ミューズ)が2基搭載されている(マイクと外部入力に各1個)。MUSEは、ピュアオーディオの世界でも音質に定評のあるアナログ半導体だが、補聴支援の場でも「究極にクリアな音を出す」(同氏)と評価されている。

 マイクは、一般的なコンデンサーマイクだが、細長い形状にして集音性能を高めた。これは、テレビ番組などで音声スタッフが使っているガンマイクと同じ仕組み。効率良く集めた音は、A/D変換後に非圧縮のまま、やはりオーディオ用に開発された2.4GHz帯デジタル無線方式で伝送する。伝送距離は見通し約10メートル。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2407/12/news021.jpg お昼寝中の柴犬、すぐ近くに“招かれざる客”が現れ…… まさかの正体にワンコも驚き「初めて見たww」「世界よこれが日本の番犬だ」
  2. /nl/articles/2407/10/news151.jpg 妻との口ゲンカに負けた夫が“仕返し弁当”を作ったら…… ギョッとする仰天ビジュアルに「量半端ないですってw」「笑いと共に鼻水も出ました」
  3. /nl/articles/2407/08/news120.jpg 17歳がバイト代を注ぎ込み、購入したカメラで鳥を撮影したら…… 美しい1枚に写り込んだまさかの光景に「ヤバい」
  4. /nl/articles/2407/15/news007.jpg 「気が付かなかった」 実は“ガンプラじゃない”衝撃のガンダムやサザビーが話題 「これはメカメカしくて良い」
  5. /nl/articles/2407/12/news027.jpg 沸騰したアメに金平糖を入れると…… 京都の製菓店が作った“斬新スイーツ”の完成形に「すごい発想」「夢みたい…」
  6. /nl/articles/2407/13/news011.jpg 日本地図で「これまで“気温37度以上”を観測した都道府県」を赤く塗ったら…… 唯一の“意外な空白県”に「マジかよ」「転勤したい」
  7. /nl/articles/2407/10/news203.jpg 夫「ピザ窯作ろう!」突然のDIY宣言→まさかの30分後…… 夢が広がる最高の夕飯に「たまらなく良き」「うちにも欲しい」
  8. /nl/articles/2407/14/news005.jpg 毛糸でリメークした“ユニクロ無地Tシャツ”に「袖を編んでしまうの」「ステキ」 オシャレに生まれ変わった完成形に注目
  9. /nl/articles/2407/15/news012.jpg 2歳娘がリップをお口に塗ると……予想外の展開が330万再生 きっと笑顔になる結末に「こんなん目の前でやられたら尊死するわ…」
  10. /nl/articles/2407/12/news154.jpg コレどうやったの!? “ビンの中でボルトを締める”不思議な木工パズルが1200万再生 「クレイジーだ」「ストレステストかな?」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「鬼すぎない?」 大正製薬の広告が“性差別”と物議…… 男女の“非対称性”に「昭和かな?」「時代にあってない」
  2. ヤマト運輸のLINEに「ありがとニャン」と返信したら…… “意外な機能”に「知らなかった」と驚き
  3. “性被害”描くも監督発言が物議の映画、公式サイトから“削除された一文”に「なぜ」「あまりにも……」
  4. イヌワシが捕えて飛ぶのはまさかの…… 自然の厳しさと営みに感動する姿が660万件表示「こんな鮮明に見えるのは初めて」
  5. 大好きな新聞屋さんに会えた柴犬、喜びを爆発させるが…… 切なすぎるお別れに「大好きがあふれてる」「帰りたくなくなっちゃいますね」
  6. 「爆笑した」 スイカを切ったら驚きの光景が……! 自信満々に収穫した夫婦を悲しみと失望がおそう
  7. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  8. 「ヒルナンデス!」で道を教えてくれた男性が「丁(てい)字路」と発言 出演者が笑う一幕にネットで批判続出
  9. 「ロンハー」有吉弘行のヤジに指摘の声「酷かった」「凄く悲しい言葉」 42歳タレントが涙浮かべる
  10. 東京の用水路にアマゾン川の生き物が大量発生だと……? “いてはいけないヤツ”の捕獲に衝撃「想像以上にヤバかった」「ホンマに罪深い」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 18÷0=? 小3の算数プリントが不可解な出題で物議「割れませんよね?」「“答えなし”では?」
  2. 日本人ならなぜかスラスラ読めてしまう字が“300万再生超え” 「輪ゴム」みたいなのに「カメラが引いたら一気に分かる」と感動の声
  3. 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
  4. 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  5. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  6. かわいすぎる卓球女子の最新ショットが730万回表示の大反響 「だれや……この透明感あふれる卓球天使は」「AIじゃん」
  7. 「これはさすがに……」 キャッシュレス推進“ピクトグラム”コンクールに疑問の声相次ぐ…… 主催者の見解は
  8. 天皇皇后両陛下の英国訪問、カミラ王妃の“日本製バッグ”に注目 皇后陛下が贈ったもの
  9. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  10. 和菓子屋の店主、バイトに難題“はさみ菊”を切らせてみたら…… 282万表示を集めた衝撃のセンスに「すごすぎんか」「天才!?」