なぜApple Watchは最大7倍もの高速化が可能なのか

Appleが6月に開催したWWDC 2016では、Apple WatchのOSをwatchOS 3にアップデートするだけで、アプリの起動が最大7倍も高速化すると発表されました。なぜそんなことが可能だったのか、取材して分かったことを紹介します。

» 2016年08月07日 09時00分 公開
[園部修ITmedia]
Apple Watch

 次期「iPhone」のうわさやリーク情報が続々とメディアに現れるようになってきました。例年通りであれば、9月には新しいiPhoneが発表になる見通しです。もしかしたら、2年前と同様、新しい「Apple Watch」も、新型iPhoneと同じ発表会でお披露目になるかもしれません。

 現行モデルのApple Watchユーザーにとって、Apple Watchのモデルチェンジがどうなるかは非常に気になるところですが、もう1つ、この秋には注目のイベントが控えています。それはwatchOS 3のアップデートです。

 Apple主催の開発者向けイベント、WWDC 2016では、Mac、iPhone/iPad、Apple Watch、Apple TVそれぞれに対応したOSの、新しい機能や改善点の一部が公開されて話題になりました。Apple Watch向けのwatchOS 3は、なんと最大7倍もの高速化を果たすことが予告されています。当時、「もともとかなりの伸び代が用意されていたのではないか」と予想しましたが、取材を通してその秘密が分かってきました。

watchOS 3の配信はこの2016年秋の予定

最大の違いはメモリの使い方の変更

 現在のApple Watchのアプリは、「グランス」というウィジェットのようなものを使って情報を一時的に確認できますが、情報の更新には若干の時間がかかります。そこからさらにApple Watchアプリを起動すると、また長時間待たされます。

 watchOS 3では、メモリの使い方を変え、「ドック」と呼ばれる場所に最大10個のアプリを入れておけるようになります。ドックに入っているアプリはメモリに常駐する形になり、瞬時に起動できるようになるとのこと。これによって動作の高速化が実現しているわけです。

バックグラウンドでの情報更新もサポート

 さらに、watchOS 3ではバックグラウンドでの情報更新もサポート。アプリを呼び出してからiPhoneと通信して、情報をアップデートするのではなく、あらかじめアプリが最新情報を持っているために、起動後必要な情報がすぐ表示でき、体感速度が上がるのです。

 バックグラウンドでアプリが動作して、ただでさえ1日ちょっとしか持たないApple Watchのバッテリーは大丈夫なのか、と心配になるかもしれませんが、バッテリーの駆動時間への影響はあまりないといいます。

ユーザーインタフェースも最適化

 メモリの使い方の部分で、新たにドックという機能が用意されることに触れましたが、このドックは、現在はよく使う連絡先を呼び出す機能が割り当てられているサイドボタンから立ち上げます。サイドボタンを押して、アプリを選び、起動すると必要な情報がすぐに表示されるわけです。

 ちなみに画面を下から上にスワイプすると、よりiPhoneに近い、「コントロールセンター」が表示されるようになります。

 ドックの登場によって、グランスは役目を終えます。画面を下から上にスワイプし、グランスを選ぶと情報更新にしばらく待たされ、その後アプリを起動するのにさらに時間がかかる状態から、大きく操作方法が変わるわけです。これによっても、より動作が速く感じられるようになります。

 つまり、Apple Watchの高速化は、アプリがメモリに常駐すること、バックグラウンドでの情報更新ができるようになること、そしてユーザーインタフェースの変更という、3つの組み合わせによって実現されるわけです。

Apple Watchはやはり余裕を持たせた作りだった

 Apple Watchは、Appleにとっても初めての、人々が24時間365日身に着けるデバイスでした。そのため、開発者がどのようなアプリを作ってくれるか、ユーザーがそれをどう使うか、バッテリーへの影響はどれくらいあるか、といったことを事前に予測することが非常に難しかったといいます。発売から1年以上かけて、慎重にApple Watchの使われ方を学んできたそうです。

 そして分かったのは、アプリにどれくらいのメモリを割くのが最適か、という予想が、保守的すぎたということ。watchOS 3では、メモリをアプリにもっと割いても大丈夫で、バッテリーへの影響もそれほど大きくない、という確証が持てたことから、大幅な高速化に至ったのです。

 もともとApple Watchのハードウェアは、将来のこうした変更にも耐えうる、余裕を持った作りになっていたのは、予想した通りでした。

 現在のApple Watchアプリの動作は、非常に遅く、ストレスを感じるレベルのものですが、これが快適に動くようになれば、さらに活用の幅は広がりそうです。Apple Watchがサクサク動くようになるなら、新型Apple Watchが発表されても、しばらくは我慢できるかもしれません。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10
  1. 小泉進次郎、生後3カ月の長女を抱く姿に「貴重なパパの顔」 2023年末には小泉元首相の“幸せじいじ姿”も話題に
  2. 庭にアジサイがあるなら知っておくべき!? 春になる前に急いでやりたい“大きな花を咲かせる”お手入れ術に反響続々
  3. 生まれたばかりの孫に会いに来た両親、赤ちゃんを見た瞬間号泣し…… 幸せあふれる光景に「一緒に泣いちゃいました」
  4. つんく♂、「僕の大好きな妻」と元モデル妻の貴重ショット公開 「めちゃくちゃお綺麗」と反響
  5. 小泉純一郎元首相、進次郎&滝クリの第2子“孫抱っこ”でデレデレ笑顔 幸せじいじ姿に「顔が優しすぎ」「お孫さんにメロメロ」
  6. 「ずっと手を触って」「強烈な口説きが」 グラドル、元K-1王者のセクハラ行為を“告発”→反論しバトルに 「引っ込んどけよロバは」謎の容姿罵倒で流れ弾も
  7. 2歳娘、帝王切開で入院するママの前では強がっていたが…… 離れてから号泣する姿に「いじらしくて可愛くて朝から泣いた」
  8. 業務スーパーの“高コスパ”人気冷凍商品に「基準値超え添加物」 約1万5000個販売……自主回収を実施
  9. 長女と赤ちゃんの夜のルーティンが「可愛いしか言えん」 愛が強すぎな姉から逃げる姿に「嫌いじゃないのねw」「素敵な姉妹」
  10. 「ほんと愛でしかない」「心から尊敬します」 “6男7女の大家族”うるしやま家のスーパーママ、“15人分のお弁当作り”が神業レベルで称賛の声
先月の総合アクセスTOP10
  1. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  2. パーカーをガバッとまくり上げて…… 女性インフルエンサー、台湾でボディーライン晒す 上半身露出で物議 「羞恥心どこに置いてきたん?」
  3. “TikTokはエロの宝庫だ” 女性インフルエンサー、水着姿晒した雑誌表紙に苦言 「なんですか? これ?」
  4. 1歳妹を溺愛する18歳兄、しかし妹のひと言に表情が一変「ちがうなぁ!?」 ママも笑っちゃうオチに「かわいいし天才笑」「何度も見ちゃう」
  5. 8歳兄が0歳赤ちゃんを寝かしつけ→2年後の現在は…… 尊く涙が出そうな光景に「可愛すぎる兄妹」「本当に優しい」
  6. 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
  7. 67歳マダムの「ユニクロ・緑のヒートテック重ね着術」に「色の合わせ方が神すぎる」と称賛 センス抜群の着こなしが参考になる
  8. “双子モデル”りんか&あんな、成長した姿に驚きの声 近影に「こんなにおっきくなって」「ちょっと見ないうちに」
  9. 犬が同じ場所で2年間、トイレをし続けた結果…… 笑っちゃうほど様変わりした光景が379万表示「そこだけボッ!ってw」
  10. 新幹線で「高級ウイスキー」を注文→“予想外のサイズ”に仰天 「むしろすげえ」「家に飾りたい」