連載
» 2016年11月24日 06時00分 公開

他人を傷つけずに自分の言いたいことを伝える「DESC法」のすすめ臨床心理士みらーのメンタルアドバイス

[みらー,ITmedia]

 みなさんは言いたいことがあるのにうまく伝えられなかったり、相手が納得してくれなかったりして悩んでしまった経験はありませんか? これはとてもストレスフルですよね。こうした問題を回避するための“より良い伝え方”の1つにアサーションと呼ばれるコミュニケーションスキルがあります。

 もう少し詳しく説明すると、「相手を不快にさせず、相手に自分の言いたいことを伝え、なおかつ相手が納得しやすい伝え方」です。アサーションはさまざまなところで紹介されているので、みなさんも言葉は聞いたことがあるかもしれませんね。今回はそのアサーションの技法の中の1つであるDESC法を紹介します。

アサーションとは

 アサーションは1950年代の米国で、自己主張が苦手な人たちへの心理療法から生まれたコミュニケーションスキルです。自己主張することが非常に重要な意味を持つ米国で、それが苦手というのは日々の暮らしを困難にしてしまいます。アサーションは、そんな人たちがより良く自分の意見を言えるようにするために開発された手法なのです。

 そしてその中の技法の1つに、DESC法というものがあります。

DESC法を使って適切な自己主張をしよう

 DESC法は、バウアー夫妻とケリーが考案した、4つのステップで、相手に脅威を与えず、自分の考えを提示するやり方のことです。ではDESC法の実際を見ていきましょう。

 まず、DESC法では伝えたいことを次の4つのステップで考えます。

  • D=Describe(描写する)→客観的に状況や事実を述べる
  • E=Express(表現する)→自分の意見や感じていることを表現する
  • S=Specify(提案する)→相手にしてもらいたいことを、明確な言葉で提案する
  • C=Consequences (結果を伝える)→提案したことが実行されたとき、されない場合の結果を伝える

 この4つのステップの頭文字をとってDESC法というわけですね。このやり方を使うと、相手に自分の意見をスッキリ伝えることができます。1つ例を挙げてみましょう。

 例えば待ち合わせに連絡がなく相手が遅刻してきて、謝罪等がないシチュエーションがあったとします。こういうとき、イライラして強く言ってしまえば相手が不快になりますし、かといって何も言わなければ自分の中にモヤモヤがたまってストレスになってしまいます。

 こうしたときに、DESC法を使って自己主張をするとこうなります。

  • D=Describe(描写する)

 →「今日遅れてきたよね」

  • E=Express(表現する)

 →「遅れてきて連絡もないといつまで待てばいいか分からないし、私は心配になるよ」

  • S=Specify(提案する)

 →「やっぱり時間通りに来てほしいし、無理そうだったら連絡がほしいな」

  • C=Consequences (結果を伝える)

 →「時間通りに来てくれれば心配しなくてすむし、遅れるときには連絡をくれると、こっちも安心するよ」

 いかがでしょうか?

 もしここで相手を責める攻撃的な言い方をしたり、自分が我慢をしないで何も言わないと、どちらかにもやもやや不快な気分が残りますよね。DESC法を身に付ければ、さまざまな場面で自己主張を円滑に行うことができるようになりますし、問題も起きづらくなりますよ。

 ただし、コミュニケーションはお互いが納得することが大事ですから、DESC法を自分の主張を押し通すために使うのは避けてくださいね。自分の意見をしっかり主張しつつも、相手の意見を聞いて歩み寄り、お互いが納得できる点を探すことが必要になります。

 DESC法を使って、さまざまな場面でうまく自己主張をして、自分の気持ちも楽にしつつ、相手とより良い関係を作っていきましょう。

臨床心理士みらー プロフィール

みらー

 大学院修了後、専門学校の非常勤講師および、高校のスクールカウンセラーを勤め、同時期に教育機関での心理相談員および不登校対策事業の心理相談担当を歴任。

 現在は悩み相談掲示板サイト「ココオル」で相談員を務めるほか、活動領域を青年期支援に移し、地域若者サポートステーションにて若者支援も行い、年間のカウンセリングは1000件以上行い、相談支援に定評がある。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  2. 石橋貴明&鈴木保奈美が離婚報告 今後は“事務所社長と所属俳優”として「新たなパートナーシップ」構築
  3. 元ブルゾンちえみ・藤原史織、最新ショットに反響 「更に痩せた?? 可愛すぎる」「素敵です!! 足細いですね」
  4. 「美容師人生の集大成を見せる」 タンザニアハーフ女子を縮毛矯正したら「美容師ナメてた」「人生変わるレベル」と360万再生
  5. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  6. 怒られたシェパード、柴犬の後ろに隠れたけど…… でっかくて丸見えなしょんぼりワンコが応援したくなる
  7. 塚本高史、中2長女&小6長男の背の高さに驚き 「なんじゃこいつらの成長の早さは!」「俺身長抜かれるんか?」
  8. 「声出して笑った」「狂人度高くて好き」 自転車泥棒を防ごうと不吉そうな箱を自作→まさかの結末迎える漫画が話題に
  9. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  10. 基地で生まれ育った子猫、兵士が足踏みすると…… まねをして一緒に行進する姿がかわいい

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」