連載
» 2016年11月24日 06時00分 公開

他人を傷つけずに自分の言いたいことを伝える「DESC法」のすすめ臨床心理士みらーのメンタルアドバイス

[みらー,ITmedia]

 みなさんは言いたいことがあるのにうまく伝えられなかったり、相手が納得してくれなかったりして悩んでしまった経験はありませんか? これはとてもストレスフルですよね。こうした問題を回避するための“より良い伝え方”の1つにアサーションと呼ばれるコミュニケーションスキルがあります。

 もう少し詳しく説明すると、「相手を不快にさせず、相手に自分の言いたいことを伝え、なおかつ相手が納得しやすい伝え方」です。アサーションはさまざまなところで紹介されているので、みなさんも言葉は聞いたことがあるかもしれませんね。今回はそのアサーションの技法の中の1つであるDESC法を紹介します。

アサーションとは

 アサーションは1950年代の米国で、自己主張が苦手な人たちへの心理療法から生まれたコミュニケーションスキルです。自己主張することが非常に重要な意味を持つ米国で、それが苦手というのは日々の暮らしを困難にしてしまいます。アサーションは、そんな人たちがより良く自分の意見を言えるようにするために開発された手法なのです。

 そしてその中の技法の1つに、DESC法というものがあります。

DESC法を使って適切な自己主張をしよう

 DESC法は、バウアー夫妻とケリーが考案した、4つのステップで、相手に脅威を与えず、自分の考えを提示するやり方のことです。ではDESC法の実際を見ていきましょう。

 まず、DESC法では伝えたいことを次の4つのステップで考えます。

  • D=Describe(描写する)→客観的に状況や事実を述べる
  • E=Express(表現する)→自分の意見や感じていることを表現する
  • S=Specify(提案する)→相手にしてもらいたいことを、明確な言葉で提案する
  • C=Consequences (結果を伝える)→提案したことが実行されたとき、されない場合の結果を伝える

 この4つのステップの頭文字をとってDESC法というわけですね。このやり方を使うと、相手に自分の意見をスッキリ伝えることができます。1つ例を挙げてみましょう。

 例えば待ち合わせに連絡がなく相手が遅刻してきて、謝罪等がないシチュエーションがあったとします。こういうとき、イライラして強く言ってしまえば相手が不快になりますし、かといって何も言わなければ自分の中にモヤモヤがたまってストレスになってしまいます。

 こうしたときに、DESC法を使って自己主張をするとこうなります。

  • D=Describe(描写する)

 →「今日遅れてきたよね」

  • E=Express(表現する)

 →「遅れてきて連絡もないといつまで待てばいいか分からないし、私は心配になるよ」

  • S=Specify(提案する)

 →「やっぱり時間通りに来てほしいし、無理そうだったら連絡がほしいな」

  • C=Consequences (結果を伝える)

 →「時間通りに来てくれれば心配しなくてすむし、遅れるときには連絡をくれると、こっちも安心するよ」

 いかがでしょうか?

 もしここで相手を責める攻撃的な言い方をしたり、自分が我慢をしないで何も言わないと、どちらかにもやもやや不快な気分が残りますよね。DESC法を身に付ければ、さまざまな場面で自己主張を円滑に行うことができるようになりますし、問題も起きづらくなりますよ。

 ただし、コミュニケーションはお互いが納得することが大事ですから、DESC法を自分の主張を押し通すために使うのは避けてくださいね。自分の意見をしっかり主張しつつも、相手の意見を聞いて歩み寄り、お互いが納得できる点を探すことが必要になります。

 DESC法を使って、さまざまな場面でうまく自己主張をして、自分の気持ちも楽にしつつ、相手とより良い関係を作っていきましょう。

臨床心理士みらー プロフィール

みらー

 大学院修了後、専門学校の非常勤講師および、高校のスクールカウンセラーを勤め、同時期に教育機関での心理相談員および不登校対策事業の心理相談担当を歴任。

 現在は悩み相談掲示板サイト「ココオル」で相談員を務めるほか、活動領域を青年期支援に移し、地域若者サポートステーションにて若者支援も行い、年間のカウンセリングは1000件以上行い、相談支援に定評がある。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/15/news033.jpg 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  2. /nl/articles/2205/15/news045.jpg 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  3. /nl/articles/2205/14/news007.jpg 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声
  4. /nl/articles/2205/15/news003.jpg “お手”を覚えた子柴犬、披露してみると…… まさかの新技に「進化したお手」「かわいすぎる」の声
  5. /nl/articles/2204/25/news111.jpg 華原朋美、怒り爆発の騒動から初家族ショット “ファンへの非礼”謝罪した夫の姿に「3人揃って良かった」
  6. /nl/articles/2205/15/news039.jpg 生駒里奈、乃木坂46のライブにサプライズ出演し「激アツ」「号泣」「最強」と反響 制服姿で同期メンバーへの感謝メッセージも
  7. /nl/articles/2205/15/news006.jpg タイハクオウムが足をダンダンして荒ぶるワケは…… ママの足の間に入ってご満悦な姿が面白かわいい
  8. /nl/articles/2205/14/news071.jpg ありえない立体「ペンローズの三角形」が粘土で制作される 切れ目無しでの再現に「うおぉぉぉ」「脳がバグる」
  9. /nl/articles/2205/13/news168.jpg ルービックキューブは「2次元」にすると分かりやすい……? 画期的な動画が「天才的発想」「すごいことをしていることだけ分かった」と話題
  10. /nl/articles/2205/11/news167.jpg 「あなたのAirpodsではありません」 隣の人がAirpodsの蓋を開け締めしているせいでiPadが操作できない話がおつらい

先週の総合アクセスTOP10

  1. 名倉潤、妻・渡辺満里奈との結婚17周年に“NY新婚旅行”ショット 「妻には感謝しかありません」と愛のメッセージも
  2. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  3. 植毛手術のいしだ壱成、イメチェンした“さっぱり短髪”が好評 「凄く似合ってます」「短い方が絶対いい」
  4. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」
  5. この写真の中に2人の狙撃手が隠れています 陸自が出したクイズが難しすぎて人気 まじで分からん!
  6. 神田愛花アナ、バナナマン日村との“夫婦デート風景”にファンほっこり 「幸せあふれてる」「仲良くてステキ」
  7. 「ビビるくらい目が覚める」「生活クオリティ上がった」 品薄続く「ヤクルト1000」なぜ、いつから人気に? 「悪夢を見る」ウワサについても聞いてみた
  8. 山田孝之、芸能人として“3億円豪邸”に初お泊まり 突然泣き出すはじめしゃちょーをハグする異例展開で「本当にいい人」
  9. トム・クルーズ、4年ぶり来日をウマ娘が発表 突然の大物コラボに困惑する声「まず戸田奈津子さんに理解してもらうところから」
  10. 堀ちえみ、新居ダイニングの解体&再工事が完了 住居トラブルへの怒りも“夫の名言”で鎮火「ハッとしました」