連載
» 2017年01月18日 06時00分 公開

人付き合いが面倒な人向け! 「駅や電車内での会話を楽に終える方法」を解説します人見知りの達人(4/4 ページ)

[中山順司,ITmedia]
前のページへ 1|2|3|4       

 オーソドックスな技はスマホ凝視。大抵スルーしてくれるが、暇そうな雰囲気を醸していると話しかけられることも。よって、イヤフォンをすることをお勧めする。カムフラージュなので音楽を流す必要はない。声をかけられないためには、スマホ×イヤフォンが最強コンボ。これで90%問題ない。

 だが、それを突破してくるコミュニケーション力に長けた(もしくはKYな)人間が10人に1人いる。このような人は、人見知りでさえ緊張せずに話させる話術を持っているので、こちらの精神負担は比較的軽い。しかし、終始相手のペースで会話が進むので、これはこれでキツいものがある。

 そんな人にすら「んー、話しかけないでおくか」と思わせるには、なるべく気難しそうな表情でスマホ画面を見つめるのがベストだ。「めんどくさい仕事のメールが舞い込んでしまったなぁ〜」な表情を作ろう。親指と人差し指でアゴをつまむ、軽く唇をかむ、右斜め上に目線をやることで、「おしゃべりする雰囲気ではない感」をアピールできる。ここまでやれば、ほぼ100%シャットアウトできる。

 なお、真っ暗なスマホ画面を凝視しているだけだと、角度によっては「見てねーじゃん」とバレるので、何かしら画面はONにしておくこと。ささいな事だが、達人はこのような細部にも神経を使う。ちなみに筆者は、「ボケて(bokete)」か「Twitter」を眺めることが多い。

 しかし! プラットホームで知人に捕まってしまうようでは、達人とはまだ呼べない。達人は知人とニアミスさえしないのだ。方法はカンタン。改札を通過したら、一目散にプラットホームの端っこ目指して移動しよう。わざわざめんどくさい(人の流れがメインストリームではない、乗り換えに不便な)場所まで移動してしまうのがコツ。

※渋谷駅の埼京線を例に挙げると、かなーり歩いた一番奥のほう

次回は「ボッチ飯」です

 こうして二重三重のテクニックを駆使し、そもそも知人に出くわさない、出くわしてもなんとか乗り切る術を身につけるのだ。慣れるまでは失敗もあるかもしれないが、一度勘所をつかんでしまえば、それから先は素晴らしい「自分一人で使える自由な帰宅時間」が待っている。

 さて、次回は【食事編】。「飲み会が苦手な人見知りが、ボッチで食事を満喫する方法」についてお届けする予定だ。こうご期待。

前のページへ 1|2|3|4       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」