連載
» 2017年01月20日 06時00分 公開

0歳からスマホやPCを触らせていた息子のデジタルスキルが上がってきたむすこの レベルが あがった!

息子のレベルがどんどん上がっていきます。

[赤祖父,ITmedia]

連載:「むすこの レベルが あがった!」とは

子供はささいなことでもどんどん吸収し、経験値を得てレベルアップしていきます。子供がいつの間にか覚えていた新スキルを、もうあまりレベルアップしない大人が解説します。

ライター:赤祖父

1980年生まれ。東京都在住。共働きの妻と2014年生まれの息子と3人暮らしをしている普通のサラリーマン。趣味はインターネットと旅と写真。


「生まれたときからスマホがある」世代

 今の子供たちはデジタルネイティブである。それも「生まれたときからネットがある」世代すら既に過去のものとし、「生まれたときからスマホがある」世代だ。触るのに少々ハードルの高かったPCなど不要で、ワイヤレスかつシンプルな端末で、タッチ1つで好きなコンテンツに触れられる。操作の難易度が低いので、それこそ生後数カ月から簡単に操作ができる。なんというか、「未来」を感じる。

 一方親の私は1980年生まれ。Windows 95発売のとき中学生、高校に上がるときにPCを買ってもらってテレホタイムに田舎から都内の草の根BBSに入り浸り、Windows 98の頃に大学進学とともに上京、バイトしたお金でネットにつないで……という流れなので、およそ日本のネットの黎明期に多感な時期を過ごした世代である。そして私の前後の世代の人なら分かってもらえると思うが、自分が子供の頃からネットがあったらどうなるのだろう、というのがいまいち想像がつかないのだった。

 私は文明と遠ざけるナチュラル派の子育てではなく、基本的には今普通に手に入る新しいものは積極的に与えたいと思うほうなので、息子には都度デジタルガジェットを渡してきた。以下、その様子を簡単にまとめたい。

PC

 1歳前からお古のPCを与えてみたが、文字を打ったりする楽しさに気付いたのは2歳半を過ぎたころにようやくで、その前に与えたものについてはキーボードのキーをほぼ全てむしり取ってしまった。残念ながら与えるのが早すぎてもうちの場合は「キーむしり玩具」としか認識してくれないようだった。3歳近くなった現在では「ボタンを押すと文字が出る」というリアクションが楽しいようで、数字やあいうえお程度の文字をタイピングしては楽しんだりしている。

「キーむしりあそび」の餌食となって見るも無残な姿になったPC
タイプすると文字が出ることそのものが楽しいようだ

スマホ

 スマホは生まれた直後から役立っている。まず子供が泣き止む動画やアプリなどでそれこそ生後数日から大活躍だ。そして数カ月にもなると自分でいじることも可能になる。主に幼児用アプリとYouTubeの利用がメインだ。YouTubeは関連動画→関連動画→関連動画……のジャンプだけで目的の動画にたどり着く。検索ワードを入れずとも見たいものが見られるというのは、子供もYouTubeも両者大したものだと思わされる。

 それと見ていて思ったのは、幼児用アプリは大人用のアプリと比較し広告のタップ率が異様に高いのではないかという気がする。まあよく広告をタップするのだ。おかげで課金して広告を消すことも多かった。

 また、息子が2歳10カ月くらいのある日には、散歩していて「駅のほうに行こう」と言ったら逆方向に行きたがって聞かなかったので、ダメ元でGoogleマップを見せて「今ここにいて、駅はこっちでしょ?」と説明してみたらなぜか納得してそちらの方向に歩いてくれた。特に教えたつもりもないのに地図の概念が理解できるのか……この子は天才じゃないかしら! と全世界の親が思うような親ばか思考に陥っていくのであった。

 ちなみに、「最近の子供は黒電話が分からない」という話も聞くが、うちの息子の場合はアニメや絵本等の表現として出てくる黒電話で学んだのか、黒電話やそれを模したアイコンなどもきちんと「電話」として認識している。黒電話の例はたまたまで、使ったことがないことと、それが何なのかを知るかどうかはあまり関係がないのではと私は思う。

偉そうな態度でスマホをいじる

デジカメ

 デジカメは2歳半くらいにスマホでなく単機能としてのデジカメを与えてみた。最初はシャッターを押す力自体が足りなくて撮ることすら苦労したが、だんだんコツを覚えたのと、「撮りたい」という意思が見えてくるようになってなかなか楽しい写真を撮るようになったのが親としてもうれしいところだ。視点の低さや「構図の考えなさ」などがかえって新鮮に感じる。

何の計算もなくストレートな写真を撮るのがかえって新鮮

テレビ

 テレビについては(この行動は多くの子供に見られるようだが)1歳になる前はテレビ画面の裏側を気にすることがよくあった。画面の中の人や風景たちが裏側にいるかどうかをチェックしているのだ。そんな話を自分の親にすると、私が幼少の頃もブラウン管テレビの裏側は気にしていたらしいので、ブラウン管だろうと液晶だろうと幼児のフラットな世界の受け止め方からすれば画面の裏側は気になるものなのだろう。

 テレビとほぼ同時に身近にスマホが存在しているため、テレビをタッチパネルと勘違いしてフリック操作のように触る、というのもまた最近の子育て家庭ならではのあるあるだ。だが、一切タッチが効かないと分かってからは別に触ろうとはしない。きちんと学習するし覚えるのだ。

 われわれ大人の世代も、Windows 8搭載PCのあたりからタッチパネル対応/非対応PCが混在して市場に出るようになったので、幼児と同じように試しに触ってみたけど反応しない……みたいなことは実はよくあったりする。ことデジタルガジェットに関しては、子供の前提知識なしの行動というのは実は「新しいものに対するアクション」としては大人/子供問わず変わらないのではないか。

 そう思うと「先入観なく新しいものを採り入れる態度」としてはむしろ子供を見習うべきなのかもなあ……とだんだん若者の文化やツールに拒否反応が出だした自分を振り返り、反省したりするのだった。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/08/news015.jpg 大好きな飼い主に、元保護猫がダイナミックハグ!! 「おかえりー!」と飛びつく姿に「かわいすぎる」の声
  2. /nl/articles/2112/08/news122.jpg ビジュアル系バンド「nurie」小鳥遊やひろさん、追突事故に巻き込まれ逝去 他メンバーも病院へ搬送
  3. /nl/articles/2112/07/news156.jpg 渡辺直美、NYで運転免許取得も「絶望」 “不意打ち”顔写真採用に困惑「どんな表情でどんな髪型なの?」
  4. /nl/articles/2112/06/news051.jpg お風呂に呼ぶ父に息子が「行けるわけなかろーもん」 猫さまとラブラブな光景に「息子さん正しい」と賛同の声
  5. /nl/articles/2112/06/news149.jpg 47都道府県の「県章」を仮面ライダーにアレンジ 各地の特色を宿した空想ヒーローに全国特撮ファン大盛り上がり
  6. /nl/articles/2112/08/news086.jpg 【その視点はなかった】常に丁寧口調の同僚に、評判の悪い人への印象を聞くと「こちらも親指が下がる思い」と低評価
  7. /nl/articles/2112/08/news100.jpg 井上和香、6歳娘と“笑顔いっぱい”温泉旅行2ショット 「娘との関係がうまくいかない」と育児に悩んだ過去も
  8. /nl/articles/2112/08/news024.jpg 猫「え……それ私のおやつでは??」 困惑の表情で風呂場に立ち尽くす猫ちゃん、かん違いする姿がかわいい
  9. /nl/articles/2112/07/news029.jpg 「キッチンから落ちゆく猫」 ペットシッターさんがとらえた決定的瞬間の写真に「動画で見たい!」「犬神家みたいw」
  10. /nl/articles/2112/08/news081.jpg 矢田亜希子、豊川悦司とのドラマ「愛していると言ってくれ」兄妹2ショット ファン「これはエモい」「私の青春だ」

先週の総合アクセスTOP10

  1. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  2. 高嶋ちさ子、ダウン症の姉とさだまさしのコンサートへ 笑顔あふれる3ショットに「姉妹で素敵」「癒やされました」の声
  3. 「キレッキレ!」「何回見ても笑えるwww」 白柴犬の激しすぎる後ろ足の動きに国内外から大反響
  4. 45キロ減のゆりやんレトリィバァ、劇的変化の“割れたおなか”に驚きの声 「努力の賜物」「昔を思い出せない」
  5. 46歳と18歳の内田有紀、“2人そろって”『STORY』表紙へ 「自分の妹と撮影しているみたい」
  6. ダレノガレ明美、“痩せすぎ”指摘する声に「体絞っていました」 現在は4キロの増量 「ご安心ください」
  7. 渡辺美奈代、公開した自宅リビングが広すぎて“お姫様のお部屋” ゴージャスな部屋へファン「センスまで抜群」
  8. アイドルが「虚偽の発言」「繋がり行為」など複数の違反行為 ファンのため“卒業”を提案するもブロック→解雇へ
  9. 「美男美女の一言」「これぞベストカップル」 高橋英樹&小林亜紀子、“48年前の夫婦ショット”が絵になりすぎる
  10. ゴマキの弟・後藤祐樹、服役中に死去した“母との約束” 「1000万円企画」朝倉未来の計らいで首のタトゥー除去

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」