連載
» 2017年03月08日 06時00分 公開

勝負は一瞬で決まる? 「メラビアンの法則」で第一印象を好意的にする方法臨床心理士みらーのメンタルアドバイス

[みらー,ITmedia]

 皆さんは第一印象という言葉を聞いたことがあると思います。簡単に言うと「初対面のときに相手に抱く印象」のことですが、仕事でも、恋愛でも、人間関係を作る上で、第一印象はとても重要な要素といわれています。心理学では初頭効果と呼ばれ、第一印象がその後のその人の評価や好感度を大きく左右することが分かっています。

 もし第一印象が悪くなると、挽回するチャンスが巡ってくる可能性は低くなりますし、もしそれから繰り返し会ったとしても、最初の印象をなかなか払拭できず、悪い印象を持たれ続けてしまうということがあります。

 逆に最初の印象がとても良いと、何をしても好意的に受け止めてもらいやすく、良い関係性を築いていきやすくなることもあります。もしかすると皆さんも経験があるかもしれませんね。

 ではこの第一印象とは何なのでしょうか。また第一印象を良くする方法はあるのでしょうか? 今回は人間関係を作る上で重要な第一印象の話です。

臨床心理士みらー プロフィール

みらー

 大学院終了後、専門学校の非常勤講師および、高校のスクールカウンセラーを勤め、同時期に教育機関での心理相談員および不登校対策事業の心理相談担当を歴任。

 現在は悩み相談掲示板サイト「ココオル」で相談員を務めるほか、活動領域を青年期支援に移し、地域若者サポートステーションにて若者支援も行い、年間のカウンセリングは1000件以上行い、相談支援に定評がある。


第一印象の重要性

 第一印象は心理学の分野で研究されてきた歴史があり、その中で「初頭効果」というものが発見されました。これは端的に言えば最初に示された特性が印象に残りやすく、後の評価に大きな影響を与えるというものです。

 これは、ポーランド出身の心理学者ソロモン・アッシュが、1946年に行った印象形成の実験によって証明されました。また、1971年に米国の心理学者アルバート・メラビアンが行った研究では、出会ったときの最初の数秒でその人の第一印象が決まるということが分かりました。

 そして、この第一印象は一度形成されてしまうとその後はなかなか払拭することが難しく、第一印象で悪印象を与えてしまうと、その人との関係性を作ることは難しくなってしまいます。ではどうすれば第一印象を良くできるのでしょうか。

 実は、先ほど紹介したアルバート・メラビアンの研究にそのヒントがあるのです。

メラビアンの法則

 メラビアンの研究の中で提唱された、メラビアンの法則というものがあります。これは「第一印象は出会って数秒で決まる」ということと、初対面の人について、言語、視覚、聴覚で矛盾した情報が与えられたとき、どの要素を優先して判断しているかを調べた結果、「視覚が55%、聴覚が38%、言語が7%」になったというものです。

 この法則によれば、第一印象の判断要素として、人間は何を話すかよりも、外見や声の調子や身体言語といった話の内容以外のもののほうを重視しやすいということが分かります。

 では、この法則を使って相手に好印象を与えたい場合、具体的にはどうすればいいのでしょう。

1. 見た目や態度などの視覚的な部分を改善する

 メラビアンの研究によれば、第一印象の半分以上が視覚的情報で決まっているということになります。

 つまり、見た目や態度などは第一印象を良くするためにとても重要な要素になります。とはいえ、何か難しいことをする必要はありません。場にあった清潔感のある身だしなみをする(髪形・服装・爪・化粧等)、姿勢を正しくする、笑顔を意識して好意的な態度を取る、といった当たり前のことをすれば大丈夫です。

2. 話し方等の聴覚的情報を改善する

 メラビアンの法則によると、聴覚的な情報が第一印象に与える影響力は4割近くあるということになります。

 この場合の聴覚的情報とは、話の内容ではなくて、声のトーン等の話し方のことです。これも難しい話ではなくて、あいさつをするとか、相手の目を見て話す、笑顔で話す、ジェスチャーを交える、早口にならない、伝わりやすく聞き取りやすいトーンで話すといったことです。やはり難しい話ではなく、当たり前のことをすれば問題ありません。

3. 話の内容に注意する

 メラビアンの法則によると、初対面で何を話したかというのは1割弱しか第一印象には影響はないとしています。確かに出会って数秒で印象が決まるのであれば、話の内容というのは一見あまり関係ないように思えます。

 しかし、ここも重要なポイントになります。というのは、見た目や話し方で好意的な印象を与えても、話す内容が場にそぐわなければ、印象が変わってしまうことが十分にあるからです。

 ですので、話しているときは内容がきちんと伝わっているかということや、独りよがりになって自分1人で話していないか等に注意すると良いでしょう。


 何度も強調した通り、第一印象はとても重要です。どんなすばらしい人でも、第一印象でつまずくと、挽回できずにその人の良いところが伝わらず、悪い印象で終わってしまうということがあり得るわけです。

 これは非常にもったいないことだと思います。そこでメラビアンの法則を使って第一印象を意識することで、さまざまな人とよりよ良い関係を作っていきましょう。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/01/news020.jpg 「キレッキレ!」「何回見ても笑えるwww」 白柴犬の激しすぎる後ろ足の動きに国内外から大反響
  2. /nl/articles/2111/30/news172.jpg 46歳と18歳の内田有紀、“2人そろって”『STORY』表紙へ 「自分の妹と撮影しているみたい」
  3. /nl/articles/2112/01/news118.jpg 渡辺美奈代、公開した自宅リビングが広すぎて“お姫様のお部屋” ゴージャスな部屋へファン「センスまで抜群」
  4. /nl/articles/2112/01/news111.jpg ゴマキの弟・後藤祐樹、服役中に死去した“母との約束” 「1000万円企画」朝倉未来の計らいで首のタトゥー除去
  5. /nl/articles/2112/01/news155.jpg 高嶋ちさ子、ダウン症の姉とさだまさしのコンサートへ 笑顔あふれる3ショットに「姉妹で素敵」「癒やされました」の声
  6. /nl/articles/2112/01/news182.jpg アイドルが「虚偽の発言」「繋がり行為」など複数の違反行為 ファンのため“卒業”を提案するもブロック→解雇へ
  7. /nl/articles/2112/01/news013.jpg 「校長先生の鑑」「神やん」 激長でおなじみの“校長先生の話”を描いた4コマ漫画が超展開で話題に
  8. /nl/articles/2111/30/news033.jpg パパに叱られる柴犬を黒猫がフォロー→柴犬「あとよろしく!」黒猫「えっ!?」 置いて行かれてあぜんとする表情がかわいい
  9. /nl/articles/2112/01/news095.jpg SPEED島袋寛子、18歳での悲劇を告白 鼻が約20年後も変形したままで「整形しようかと」
  10. /nl/articles/2111/30/news073.jpg 「犬の散歩みたい」――批判的な声にハーネスの使用をためらう親のために 現役ママが開発したリュック一体型「ワーネス」誕生秘話を聞いた

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」