3DSの立ち上がりは成功と言えるのか? データで見る3DS、DS、PSPのローンチ比較日々是遊戯

ニンテンドー3DSが発売されて5週間。今回は発売5週間のデータをもとに、3DSおよびDS、PSPの立ち上がりを分析してみます。

» 2011年04月04日 21時58分 公開
[池谷勇人,ITmedia]
※本記事はアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

巷では失速感

 ニンテンドー3DSが発売されてから、早いもので1カ月が経過しました。メディアクリエイトによれば、発売初週の販売台数は約35万7000台。その後4週間で、果たして3DSの販売台数はどれくらい伸びたのでしょうか。今回は発売5週時点での3DS、DS、PSPの販売データをもとに、3DSの立ち上がりについて分析してみました。

ハード販売台数推移
ソフト販売台数推移
装着率推移

※メディアクリエイト調べ
備考:各機種の弊社規定集計対象日(初週〜5週)
PSP:2004/12/6〜2005/1/9
DS:2004/11/29〜2005/1/2
3DS:2011/2/21〜2011/3/27

 上記グラフは、3DS、DS、PSPの発売5週間の販売数をそれぞれ表したもの。今回はハード販売台数、ソフト販売本数、装着率(ハード1台あたりに対するソフトの販売本数)の3つの視点から、3機種のローンチを比較しています。

 注目すべきはやはり「ハード販売台数推移」でしょう。3DSのグラフを見ると、1〜2週目こそ好調ですが、DSやPSPに比べて、3週目以降で大きく失速していることが分かります。発売5週時点での累計ハード販売台数は、DSが約150万台だったのに対し、3DSは約79万台、PSPは約54万台。またソフトの5週累計を見ると、3DSは約80万本と3機種中最下位(DS:約171万本、PSP:約91万本)となっています。一部ではすでに3DSの「失速感」も叫ばれていますが、確かに数字を見る限り、DS発売時に比べて若干物足りないスタートとなったのは事実かもしれません。

※記事掲載当初3DSの5週累計を「3機種中最下位」としていましたが、これはソフトの集計結果でした。お詫びして訂正いたします。

 一体、この差はどこでついたのか? 原因のひとつとして指摘されているのが、ローンチタイトルの弱さです。3DSの装着率を見ると、1週目時点で0.95本、5週目時点でもやっと1.01本と、これも3機種中最下位という結果に。ゲーム機はあくまで「箱」ですから、そこに入れる「ソフト」がなければ売れないのは当然のこと。今回、任天堂は「マリオ」や「ゼルダ」といったキラータイトルをローンチから外しましたが、そのあたりも本体の伸び悩みにつながっていると考えられます。

 もちろん年末発売のDS・PSPと、2月発売の3DSを一概に比較することはできませんし、また3DSの場合は東日本大震災による落ち込みもありました。しかしグラフを見るかぎり、世間で言われているような「失速感」は決して気のせいとは言えなさそうです。

 これについて、メディアクリエイト代表取締役・細川敦氏は次のように分析します。

「確かに、DSに比べて若干もたついている感はあります。しかし、これはDSが特殊な普及をしたと見るべきで、3DS自体の普及についてさほど心配はしていません」(細川氏)

 細川氏によれば、DSは一種の「社会現象」を巻き起こし、それによって従来のゲーム機とは異なる、急激な立ち上がりに成功した。しかし通常、ゲーム機というのは緩やかにじわじわと販売台数を積み上げていくもので、おそらく3DSもそうした普及の仕方をしていくだろう――と細川氏は語ります。

「ただし、それでも3DSがDSのような社会現象を引き起こすのはやはり難しいでしょう。もちろん絶対にないとは言い切れませんが、通常、短期間に同じブームが2度繰り返されるというのは考えにくい。おそらく最終的な普及台数は、1600万台〜2300万台程度に落ち着くと予想します」(細川氏)

 細川氏は、3DSとNGPの合計普及台数を約4200万台と予想しており、「どちらのハードも基礎票として1600〜1700万台は持っている」と分析します。残りの浮動票がどちらに入るかは、それこそソフトや戦略次第。いずれにしても、現在の「失速感」は当初の見込みとのズレによるところが大きく、現在の3DSの状況をもって「厳しい」と判断するには早いだろう――というのが細川氏の見方のようです。また現在の市場在庫のだぶつきについても、適正より少し多い程度であり、懸念するほどではないとしています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2407/12/news021.jpg お昼寝中の柴犬、すぐ近くに“招かれざる客”が現れ…… まさかの正体にワンコも驚き「初めて見たww」「世界よこれが日本の番犬だ」
  2. /nl/articles/2407/10/news151.jpg 妻との口ゲンカに負けた夫が“仕返し弁当”を作ったら…… ギョッとする仰天ビジュアルに「量半端ないですってw」「笑いと共に鼻水も出ました」
  3. /nl/articles/2407/08/news120.jpg 17歳がバイト代を注ぎ込み、購入したカメラで鳥を撮影したら…… 美しい1枚に写り込んだまさかの光景に「ヤバい」
  4. /nl/articles/2407/15/news007.jpg 「気が付かなかった」 実は“ガンプラじゃない”衝撃のガンダムやサザビーが話題 「これはメカメカしくて良い」
  5. /nl/articles/2407/12/news027.jpg 沸騰したアメに金平糖を入れると…… 京都の製菓店が作った“斬新スイーツ”の完成形に「すごい発想」「夢みたい…」
  6. /nl/articles/2407/13/news011.jpg 日本地図で「これまで“気温37度以上”を観測した都道府県」を赤く塗ったら…… 唯一の“意外な空白県”に「マジかよ」「転勤したい」
  7. /nl/articles/2407/10/news203.jpg 夫「ピザ窯作ろう!」突然のDIY宣言→まさかの30分後…… 夢が広がる最高の夕飯に「たまらなく良き」「うちにも欲しい」
  8. /nl/articles/2407/14/news005.jpg 毛糸でリメークした“ユニクロ無地Tシャツ”に「袖を編んでしまうの」「ステキ」 オシャレに生まれ変わった完成形に注目
  9. /nl/articles/2407/15/news012.jpg 2歳娘がリップをお口に塗ると……予想外の展開が330万再生 きっと笑顔になる結末に「こんなん目の前でやられたら尊死するわ…」
  10. /nl/articles/2407/12/news154.jpg コレどうやったの!? “ビンの中でボルトを締める”不思議な木工パズルが1200万再生 「クレイジーだ」「ストレステストかな?」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「鬼すぎない?」 大正製薬の広告が“性差別”と物議…… 男女の“非対称性”に「昭和かな?」「時代にあってない」
  2. ヤマト運輸のLINEに「ありがとニャン」と返信したら…… “意外な機能”に「知らなかった」と驚き
  3. “性被害”描くも監督発言が物議の映画、公式サイトから“削除された一文”に「なぜ」「あまりにも……」
  4. イヌワシが捕えて飛ぶのはまさかの…… 自然の厳しさと営みに感動する姿が660万件表示「こんな鮮明に見えるのは初めて」
  5. 大好きな新聞屋さんに会えた柴犬、喜びを爆発させるが…… 切なすぎるお別れに「大好きがあふれてる」「帰りたくなくなっちゃいますね」
  6. 「爆笑した」 スイカを切ったら驚きの光景が……! 自信満々に収穫した夫婦を悲しみと失望がおそう
  7. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  8. 「ヒルナンデス!」で道を教えてくれた男性が「丁(てい)字路」と発言 出演者が笑う一幕にネットで批判続出
  9. 「ロンハー」有吉弘行のヤジに指摘の声「酷かった」「凄く悲しい言葉」 42歳タレントが涙浮かべる
  10. 東京の用水路にアマゾン川の生き物が大量発生だと……? “いてはいけないヤツ”の捕獲に衝撃「想像以上にヤバかった」「ホンマに罪深い」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 18÷0=? 小3の算数プリントが不可解な出題で物議「割れませんよね?」「“答えなし”では?」
  2. 日本人ならなぜかスラスラ読めてしまう字が“300万再生超え” 「輪ゴム」みたいなのに「カメラが引いたら一気に分かる」と感動の声
  3. 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
  4. 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  5. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  6. かわいすぎる卓球女子の最新ショットが730万回表示の大反響 「だれや……この透明感あふれる卓球天使は」「AIじゃん」
  7. 「これはさすがに……」 キャッシュレス推進“ピクトグラム”コンクールに疑問の声相次ぐ…… 主催者の見解は
  8. 天皇皇后両陛下の英国訪問、カミラ王妃の“日本製バッグ”に注目 皇后陛下が贈ったもの
  9. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  10. 和菓子屋の店主、バイトに難題“はさみ菊”を切らせてみたら…… 282万表示を集めた衝撃のセンスに「すごすぎんか」「天才!?」