3Dメガネ不要! iPhoneで裸眼立体視が楽しめるアプリ「i3D」日々是遊戯

特殊なメガネも、モニタも必要とせず、なおかつリアルな「立体感」を体験することができる技術が、フランスの技術開発チームによって開発されました。

» 2011年05月25日 10時25分 公開
[池谷勇人,ITmedia]

ホントに立体に見えます

 少しずつ一般家庭への普及も進んできたとはいえ、まだまだ敷居の高さはぬぐえない「3Dテレビ」。そんな中、フランスのジョゼフ・フーリエ大学のある技術開発チームが、「特殊なメガネやモニタを必要としない立体視技術」を開発し、iPhone/iPod touch/iPad用のデモアプリをリリースし話題となっています。

 この技術は、「Head-Coupled Perspective(HCP)」と呼ばれ、特殊なメガネやモニタを使わず、代わりにiPhoneやiPad2の「フロントカメラ」を利用している点が特徴。利用者の顔をカメラで検知し、「どの方向からのぞき込んでいるか」を映像に反映させることで、擬似的に奥行きや立体感を感じさせる仕組みとなっています。

 よく分からん! という方は同チームがYouTubeに投稿したデモンストレーション動画をどうぞ。こちらは4月はじめに投稿されたもので、現在までに全世界で160万回以上にわたって再生されています。


 今回リリースされたアプリは「i3D」という名称で、基本的な機能は上記デモとほぼ同じ。空中に浮かぶ水色の立方体や、たくさんのMiiが貼り付けられた角柱など、5種類の立体映像を楽しむことが可能となっています。3Dテレビのように「視差」で奥行きを表現しているわけではないため、iPhoneを動かさなければただの平面ですが、顔を動かしたり、iPhoneを傾けたりすることで、立体を様々な方向からのぞき込むことが可能。実際に試してみると、そのリアルな「立体感」に驚くのではないでしょうか。

 この技術が面白いのは、カメラさえあればどんなデバイスにも応用が可能という点。例えばWebカメラのついたノートPCはもちろんのこと、PlayStation MoveやKinectセンサーのカメラを使えば、家庭用ゲームに同様のシステムを組み込むことも不可能ではありません。未来のゲームではもしかすると、壁の向こうをぐるっとのぞき込んだり、キャラクターをいろんな角度から眺めたりといったことが、普通にできるようになる……かもしれません。

フロントカメラで使用者の「顔」を検知しているところ。顔を動かすと、赤枠で囲まれた部分もいっしょに移動します
収録されている立体映像のひとつ。iPhoneを傾けたり、顔を動かしたりすることで、様々な方向から立方体をのぞき込むことができます
これも収録されている立体映像のひとつ。なぜMiiが貼り付けられているのかは謎ですが、確かに立体的には見えます

 ちなみに、以前この連載で紹介した「HoloToy」というアプリも、「i3D」と同様、iPhoneを傾けることで擬似的な立体視を実現しているアプリでした。ただしこの2つは、技術的には似て非なるアプリで、「i3D」がフロントカメラを使っていたのに対し、「HoloToy」では傾きセンサーを使って「どの方向からのぞき込んでいるか」を検知していたのが特徴。

 今回あらためて両方の形式を比べてみたのですが、傾きセンサーを利用している「Holotoy」の方が、動き自体はスムーズ。「i3D」の方は顔で認識しているため、若干処理がカクつくのと、また顔がカメラの範囲外に出てしまうと動きが止まってしまうといった問題があり、精度では「Holotoy」の方に軍配が上がります。

 ただし「Holotoy」の場合、本体を手で持って使用するのが前提で、例えばiPhoneやiPadを床に置いてしまうと、「のぞき込む」ことは不可能。一方、「i3D」の方はあくまで「顔」で検知しているため、本体やモニタが固定されていても問題ありません。このため前述のとおり、PCのモニタや、据え置きゲームなどにも利用できる点がメリットとなっています。

 どちらも一長一短といったところですが、いずれにしても、得られる立体感はかなりのもの。使い方次第では、今後の「3Dゲーム」にも大きな影響を与える技術と言えるのではないでしょうか。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2406/16/news023.jpg 帰省が終わった18歳兄、1歳妹にお別れを言うと…… 妹のけなげな姿に「こっちまで寂しくなります」「また会えるよ」
  2. /nl/articles/2406/19/news029.jpg こんなの売ってるのか! 官公庁オークションで2万円で出品された“まさかの商品”に思わず二度見
  3. /nl/articles/2406/19/news026.jpg 「暑がり全人類に配り歩きたい」 “身に付けるクーラー”が約2200万表示で反響 「止まらない汗とさよならできた」
  4. /nl/articles/2406/19/news027.jpg 産後、夫と貴重な“焼肉デート”に向かう車内でケンカ→ションボリしつつ網を見ると…… 笑って泣ける光景に「素敵」「こんなのずるいw」
  5. /nl/articles/2406/19/news008.jpg 「別人かよ」「泣けた」 “オタク”と言われ続けた男性が…… “激変イメチェン”に「こんなに変われるなんて」と称賛の声
  6. /nl/articles/2405/19/news005.jpg 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  7. /nl/articles/2406/19/news018.jpg 小1次男の初登校日、4年長男から“秘伝の技”を指導され…… 受け継がれていく伝統に「今日も笑いをありがとうw」「お兄ちゃんかっけー」
  8. /nl/articles/2406/18/news167.jpg 人気グラドル、合成なしでヨルさんキックを完璧再現 「エナコ・フォージャー良き」「そこまで脚が上がるのがすごい」
  9. /nl/articles/2406/19/news060.jpg 「お前……そんな潜り方だったんか」 マテガイの想定外の動きに驚き「そう来るのか」「少しこわい」
  10. /nl/articles/2406/19/news140.jpg 余命宣告から2カ月……「BreakingDown」メインレフェリー、末期がんで逝去に朝倉海ら心痛 最期まで闘病の姿に「奇跡信じていました」「遺された家族の心を救った」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
  2. 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  3. 「え?」 “ごみだらけの道”を掃除したら…… あらわになった“まさかの正体”に世界中が驚き 「信じられない」【海外】
  4. 185センチ木村沙織、生放送で櫻坂46メンバーの横に立つと……朝8時51分に驚きの光景 「あれ? 子供が混じってる?」「親子すぎる」
  5. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  6. 【今日の計算】「8−8÷8+8」を計算せよ
  7. フジ「アンメット」、池脇千鶴のサプライス姿が激変しすぎて“最も衝撃” イメージ覆す“肉づきたるみ顔”に「わからんかった」「びっくりして夜中に声出た」
  8. 「これどうやって使うの?」→「考えた人マジ天才」 セリア新商品の便利な使い方に「これ100円でいいんですか!?」
  9. 「この子はきっと豆柴サイズ」と言われた子柴犬、4年たつと…… 衝撃のビフォーアフターに「愛情詰まりすぎてw」「爆笑しました」の声
  10. 飼い主のことが好きすぎる超大型犬、最後は勢い余って…… 直視できないレベルの一撃に「何回見ても笑っちゃう」「襲われてる人がいます!!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「今までなんで使わなかったのか」 ワークマンの「アルミ帽子」が暑さ対策に最強だった 「めっちゃ涼しー」
  2. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  3. 市役所で手続き中、急に笑い出した職員→何かと思って横を見たら…… 同情せざるを得ない衝撃の光景に「私でも笑ってしまう」「こんなん見たら仕事できない」
  4. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  7. 幼稚園の「名札」を社会人が大量購入→その理由は…… 斜め上のキュートな活用術に「超ナイスアイデア」「こういうの大好きだ!」
  8. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  9. JR東のネット銀行「JRE BANK」、申し込み殺到でメール遅延、初日分の申込受付を終了
  10. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」