ニュース
» 2011年06月10日 12時07分 公開

「池絡王子」「シナがわ」って何? 「今の若者」をアニメで解説

「フツーが好き」「空気を読む」「女の子は持・森・萌(モテ・モリ・モエ)」――電通総研が今の若者をアニメで解説している。

[ITmedia]

 「フツーが好き」「ゆとりって言われたくない」――今時の若者をアニメで解説するリポートを電通総研の若者問題研究所が6月9日、公開した。

 アニメーションリポート「シナがわの時代 〜みんなとシナジー〜」は、2010年9月に高校生を対象に実施したアンケートを基に、今の若者像をアニメ仕立てでまとめた。全4話で、6月9日に第1話が公開された。

 「シナがわ」とは、「仲間同士が互いに個性を容認しあい、『シナジーする』ことで、場が盛り上がる『側(がわ)』につこうとする、若者のコミュニケーション特性を指す造語」。実生活でもネットコミュニケーションでも、空気を読んでその場を盛り上げようとすることが暗黙のルールになっているという。

 女の子は「持・森・萌(モテ・モリ・モエ)」――モテキャラ、森ガール、モエキャラ――の3つのキャラを使い分け、オタク的趣味もたしなむ。男の子は、イケてて、絡みやすくて、王子様風の「池絡王子」を目指す。

 2話以降も順次公開の予定。キャラクターデザインは「しゅごキャラ!」のPEACH-PITさん、声の出演は石田彰さんと戸松遥さん。

関連キーワード

アニメ | 電通総研 | 高校 | シナジー | 石田彰 | 戸松遥


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」