ニュース
» 2011年07月12日 09時29分 公開

「遠隔地とキス」を発展させると「どこでもドア」になる? 触覚デバイスがもたらすコミュニケーションの未来像とはあの“梶本研究室”に行ってみた(前編)(2/3 ページ)

[池谷勇人,ITmedia]

研究から実用化へ――「ハンガー反射」デバイス

 もう1つ面白かったのが、「ハンガー反射」への疑問から生まれたという「側頭部圧迫による反射運動の研究」だ。開発者の1人である佐藤未知さんによれば、現在これは特許出願中で、医療目的での臨床研究も進められているという。

 ハンガー反射とは、針金のハンガーを頭に装着すると、自動的に頭が横を向いてしまう現象のこと。それなら同じように、側頭部に一定の圧力を加えれば人間の頭の動きを自由に制御できるのではないか――と考えたのが研究のきっかけだ。

 デバイスは頭にかぶって使用し、4方向に突き出た出っ張りが、装着者の頭部を圧迫する仕組み。圧迫の強さを変えることで、装着者の頭を好きな方向へ向けることができるという。

 筆者も半信半疑で試してみると、確かに自分の意志とは関係なく、首が左右に動いてしまう。もちろん抵抗することもできるが、何というか「体の軸をずらされる」ような感覚があって、ある程度意識していないと正面を保つことができない。まるで巨大な見えない手に「こっちを向け」と頭を捕まれているような感覚だが、デバイス側では「ねじる」力は一切加えていないというから面白い。

 現在、この研究は「斜頚(しゃけい)」と呼ばれる、首がある方向へ勝手に向いてしまう病気の治療に使えないか臨床研究が進められているとのこと。治療に使う場合はここまで大がかりなデバイスは必要なく、個人の症状に応じて一定の強さで圧迫するバンドのようなものが使われるという。

「2年前くらいにこの研究がNHKで紹介されて、それをたまたま見ていたお医者さんから連絡があったんです。この病気は治療法がまだ確立されていないんですが、この装置を使うことで勝手に首が動いてしまう力をある程度打ち消すことができる。現在は患者さんにもに使ってもらいながら、さらに研究を進めているところです」(佐藤さん)

ハンガー反射デバイス。側頭部を圧迫されるだけで、勝手に首がその方向を向いてしまう
臨床研究用に作られた補正バンド。個人の症状に応じて圧迫の強さを調整しているという

「触覚」ならではの新しい体験

 オープンラボではこれ以外にも、梶本研究室の様々な研究成果を実際に体験してみることができた。以下、面白かったものを紹介していこう。

腕をアリが這い上がってくる「虫HOW?」

 これは研究室本来の研究とは別に、「IVRC(国際学生対抗バーチャルリアリティコンテスト)」というコンテストに出展するため、研究室の学生がチームを組んで製作したもの。その名のとおり「虫が這う」感触を再現したもので、出展された「IVRC 2007」では総合優勝に輝いている。

 モニタには地面が映し出されており、ヒジまである特殊な手袋を装着してそれに触れると、地面を歩いていたアリたちが少しずつ腕を這い上がってくるという仕組み。手袋の内側には短い釣り糸(テグス)が飛び出ていて、それが小刻みに動くことで「虫が這う」感覚を再現しているのだが、確かにアリがモゾモゾと這っているような感覚。設定によっては「アリ」ではなく「ゴキブリ」で体験することもできるが、こちらはリアルすぎて泣いてしまった体験者もいたそうだ。

モニタに表示された虫たちがだんだん腕を這い上がってくる……!
手袋の内側に仕込まれた、短いテグス糸で虫の触感を表現している

声優が耳もとでリアルにささやくヘッドフォン

 ヘッドフォンに触覚刺激を加えることで、よりリアルな音響体験が得られるのではないか――という研究がこちら。耳たぶ部分に振動アタッチメントが付いており、「音の震え」に応じてアタッチメントが振動するため、まるで耳元でささやかれているかのような感覚が味わえるという。

 実際聞いてみると、確かにすぐ耳元でしゃべっているような「空気の震え」が伝わってくる。そのほかアクション映画などもこれで見ると、爆発シーンのたびに耳たぶがぶるぶると振動し、まるで音響の効いた映画館で見ているような感覚が得られるのも面白かった。

 ヘッドフォン自体の音響性能とは関係なく、ユーザーの音響体験を増幅できるという点は興味深い。臨場感がより増すという点では、恋愛ゲームやホラーゲームなどに活用しても面白そうだ。(こちらの動画では実際に「ラブプラス」や「ナナシノゲエム」で実験している様子も)。

通常のヘッドフォンに加えて、2つの振動アタッチメントが付属している
耳たぶに貼り付けたアタッチメントがブルブルと振動する

指を動かしていないのに「動かしている感覚」?

 金色の電極部分に人差し指を置くと、指を動かしていないのに、まるで指を滑らせているような錯覚が得られるというデバイス。仕組みは単純で、例えばデバイス側で手前側へスクロールするように電流を流すと、置いている指の方はまるで奥側へと指先を滑らせているような感覚が得られるのだそう。

 電気刺激を用いているためか、指先がピリピリとしびれるような不快感はあるものの、なるほど確かに指先が滑っているような感触がある。この技術を応用すれば、スペースを節約しつつ、なおかつより直感的な操作が可能な、新しいタッチパッドなども提案できるという。

金色の部分が電極になっており、ここに人差し指を置いて使用
指はまったく動かしていないのに、動かしているような感覚が!

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2201/21/news019.jpg 子猫「イヤー!!!」→「あれ……?」 初めてのお風呂で元保護子猫が見せた意外な反応に、飼い主もビックリ
  2. /nl/articles/2201/21/news123.jpg 「俳優たちの見たことない姿」「カッコ良すぎる」 松重豊、仲村トオルらの“ランウェイ姿”が話題沸騰
  3. /nl/articles/2201/22/news041.jpg 仲里依紗、イメチェン後のサラサラストレートヘア姿に“ウケる” 清純派な落ち着いた空気に「若返ってて似合ってます!」
  4. /nl/articles/2201/22/news043.jpg かまいたち濱家、体重7キロ減を“ひと月弱”で達成 MAX95キロからの激変ぶりに相方・山内「想像以上に仕上げてきた」
  5. /nl/articles/2201/21/news169.jpg お姉さんたちの美ボディにメロメロ! 「東京オートサロン2022」美女コンパニオンまとめ第3弾
  6. /nl/articles/2201/22/news052.jpg ダルビッシュ聖子、10年前のバキバキ腹筋に自信満々「どこでも見せる事が出来ました」 当時の厳しい鍛錬は「もうできないわ」
  7. /nl/articles/2201/18/news138.jpg 妻を妄想上の存在と思い込む男、そんな夫を支える妻…… 妄想と現実が入り乱れる漫画が何度も読み直したくなる強烈展開
  8. /nl/articles/2201/22/news049.jpg 松本伊代、“ヒロミさんも捨てられない”花嫁衣装をリメイク ステージ用に生まれ変わったドレスへ「28年前のものとは思えない」
  9. /nl/articles/2201/20/news131.jpg いくらしょうゆ漬けみたいな「ほぼいくら」発売 ぷちぷちの食感、味わいを再現
  10. /nl/articles/2201/22/news057.jpg EXILE黒木啓司と結婚の宮崎麗果、3歳息子とパパのバースデーケーキ作り 奮闘するわが子に「泣いて喜んでくれてよかったね」

先週の総合アクセスTOP10

  1. 勝手に「サービス終了ゲーム総選挙」をやったら6700票も集まってしまったので結果を発表します 2位の「ディバインゲート」を抑えて1位に輝いたのは……
  2. ママとの散歩中、田んぼにポチャンした柴犬さんが帰宅後…… パパに一生懸命アクシデントを報告する姿がいとおしい
  3. “26歳年の差婚”の菊池瑠々、第4子妊娠を発表「もう、とにかくうれしいです!」 年上の夫も満面の笑み
  4. 桐谷美玲、隠し撮りに「絶対ヤバい顔」 “ほぼ半目”な不意打ち写真に「100点満点に可愛い」と全力フォローの声
  5. 村田充、3匹目の愛犬の存在明かす 神田沙也加さんから引き取ったブルーザーとは「数日で仲良くなりまして」
  6. 三浦孝太、母・りさ子誕生日に“家族4ショット”でお祝い キングカズも笑顔の写真に「家族が1番!」
  7. バレー日本代表の清水邦広の再婚に盟友・福澤達哉さん「相手は私ではございません」 元妻は中島美嘉
  8. 「駅の待合室をバケモンが占領している」→“謎の生き物”の正体について大分県立美術館に話を聞いた
  9. 滝沢カレン、倖田來未の“バックダンサー”になりすまし 感極まって「人一人洗えるくらい泣きました」
  10. 宮崎駿愛用の「電動消しゴム」が故障 → サクラクレパス公式が倉庫の奥から発掘 Twitterが繋いだ温かな展開が話題に

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」