「遠隔地とキス」を発展させると「どこでもドア」になる? 触覚デバイスがもたらすコミュニケーションの未来像とはあの“梶本研究室”に行ってみた(前編)(1/3 ページ)

電気通信大学のある学生が「遠隔地の相手とキスができるデバイス」を作った。電話やビデオチャットでは伝わらない「触覚」を、もし遠距離の相手に伝えられるとしたら――。同デバイスを開発した、電気通信大学 梶本研究室に「触覚デバイス」の未来を聞いた。

» 2011年07月12日 09時29分 公開
[池谷勇人,ITmedia]

まだまだ未知の部分が多い「触覚」

 視覚、聴覚に次ぐ、人間の第三の感覚である「触覚」。そんな「触覚」に着目しつつ、新しいヒューマンインタフェースの研究を行っている研究室がある。電気通信大学 情報理工学部 総合情報学科の梶本研究室だ。

 直近の研究発表でもっとも注目を集めたのは、「口腔における双方向コミュニケーションデバイス」だろう。ストローのような装置を口に含み、それを舌で回転させると、ペアになったもう一つのストローが同じように回転する。これを使えば「遠隔地とのキス」が可能になるというわけだ。この研究はメディアでも取り上げれられ、YouTubeに掲載された動画には全世界から約4000件のコメントが寄せられる結果となった(同じ学生のグループが発表した「自分自身を抱きしめることができるデバイス」も最近話題になっていた)。


 ネットでは「遠隔地とのキス」という部分のみがピックアップされがちだったが、この研究のポイントは「キス」という触覚コミュニケーションに着目したことで「ただのストローの動きに対して、それ以上の感情を抱くことができる」という点だろう。視覚や聴覚に比べればまだまだ活用事例の少ない「触覚」だが、もしもこれを積極的にコミュニケーションやインタフェースへ組み込んでいったら、私たちの生活はもっと違ったものになっていくかもしれない。

梶本研究室のサイト。トップ画像の右側が梶本先生

 梶本研究室のサイトを見ると、ほかにも「耳もとでリアルにささやくヘッドフォン」や「いつまでも注ぎ続けられるとっくり」など、ユニークな研究が数多く紹介されている。一体、梶本研究室とはどういうところなのか? なぜこのようなユニークな研究が多く集まるのか? 6月に開催された電気通信大学のオープンラボで、実際に学生たちの研究成果を見せていただくとともに、「口腔における双方向コミュニケーションデバイス」を開発した高橋宣裕さんと、指導にあたる梶本裕之先生から直接お話をうかがった。

「遠隔キス」の究極は「どこでもドア」になる?

 オープンラボでは、話題となった「口腔における双方向コミュニケーションデバイス」も展示されており、筆者も実際に体験してみることができた。

 装置は白と黒の2つのボックスが対になっており、ストローの先端のような部分を互いに口に含んで使用。片方を舌で回転させると、もう片方も同じように動く。

 伝えられる動きはあくまで「回転」だけなのでキスというにはほど遠い気もするが、相手の舌づかいがそのままこちらに伝わってきていると思うと、いわゆる「間接キス」のような気持ち悪さがある(たぶん相手が女性ならば正反対の印象を受けていただろう)。仕組みは単純だが、このデバイスが単なる「回転」以上のものを伝えているのは確かなようだ。

「遠隔地との触感コミュニケーション自体はすでに先行研究があって、僕はそこでコミュニケーションを行う2人の“親密さ”に着目しました。恋人や夫婦など、より近しい間柄にある2人が行うコミュニケーションってなんだろう――と考えた結果、辿り着いたのがキスだったんです」(高橋さん)

 2つのボックスはケーブルでノートPCに接続されており、ここで双方のストローの動きを同期。回転に逆らおうとするとより強い力が働く、いわゆる「フォースフィードバック」の技術も取り入れられている。今回は有線で接続されているが、ネットワークを使えば遠隔地との通信も可能。今後はより動きの再現度を高め、本物の唇や舌の動きに近づけていきたいという。

 またリアルタイムで2つのデバイスを同期させるだけでなく、あらかじめ動きをデータとして記録しておき、後から再生することもできる。そうなれば、例えばアイドルやゲームキャラとのキスを「コンテンツ化」することも不可能ではない。

「今はテレビ電話がありますが、それでも伝えられるのは映像と音声まで。これに加えて“触感”も伝えられるようになれば、きっと遠くにいる相手を近くに感じたり、逆に自分自身が向こうにいるような感覚が味わえるようになったりする。そういう意味では、この研究の究極形は“どこでもドア”なのかもしれません」(高橋さん)

「口腔における双方向コミュニケーションデバイス」を開発した高橋宣裕さん
黒と白の2つのデバイスが連動。正面のストローのような部分がそれぞれ動く仕組みだ
実際に高橋さんと「間接キス」を試してみたところ。最悪な絵になってしまった……

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2407/19/news095.jpg ダイソーで買った330円の「石」を磨いたら……? 吸い込まれそうな美しさが40万回表示の人気 「夏休みの自由研究にもいいのでは?」
  2. /nl/articles/2407/22/news027.jpg スズメの首は、実は……? 「心臓止まりそうでした」「これは……びっくり!」“真実の姿”に驚愕の声
  3. /nl/articles/2407/22/news048.jpg 宿題にイラつく9歳長男→部屋から出てきたら…… “まさかの気分転換”に「すばらしい」「いずれ大成するでござる」
  4. /nl/articles/2407/20/news002.jpg 赤いカブトムシを7年間、厳選交配し続けたら…… 爆誕した“ウルトラレッド”の姿に「フェラーリみたい」「カッコ良すぎる」
  5. /nl/articles/2407/19/news171.jpg 「なに目指してんねんw」 ギャップが激しい“JAL職員の理想と現実”が160万再生! 「おもろい」「意外すぎ」と反響続々
  6. /nl/articles/2407/19/news096.jpg ママが寝ている横で……? 赤ちゃんによる早朝の“秘密の遊び”に39万いいね「かわいい」「良い子すぎる」
  7. /nl/articles/2407/21/news008.jpg 大雨の直前、迷子の子猫を急きょ保護→家に連れ帰ったら…… 大胆なギャップに「大笑いしました」「これからが楽しみ」
  8. /nl/articles/2407/18/news017.jpg 知っていると一目置かれる“旅館浴衣のキレイな着方”に「これ知りたかった!」「わかりやすい」 一級着付け技能士が解説
  9. /nl/articles/2407/22/news115.jpg 橋本環奈「立ち直れそうにない」トラブルにいたわりの声続出 「絶望感ハンパない」「ほんとに号泣案件」
  10. /nl/articles/2407/20/news074.jpg もう笑うしかない Windowsのブルースクリーン多発でオフィス中“真っ青”になった海外の光景がもはや楽しそう
先週の総合アクセスTOP10
  1. 17歳がバイト代を注ぎ込み、購入したカメラで鳥を撮影したら…… 美しい1枚に写り込んだまさかの光景に「ヤバい」
  2. 日本地図で「これまで“気温37度以上”を観測した都道府県」を赤く塗ったら…… 唯一の“意外な空白県”に「マジかよ」「転勤したい」
  3. お昼寝中の柴犬、すぐ近くに“招かれざる客”が現れ…… まさかの正体にワンコも驚き「初めて見たww」「世界よこれが日本の番犬だ」
  4. GU、SNSで話題の「バレルレッグジーンズ」全店発売を延期 「予想を大幅に上回る売れ行き」で
  5. 柴犬に18歳シニア犬との留守番を頼んだら…… 見守りカメラがとらえた行動に「優しい行動に涙が」「人間も見習わないと」
  6. 沸騰したアメに金平糖を入れると…… 京都の製菓店が作った“斬新スイーツ”の完成形に「すごい発想」「夢みたい…」
  7. 車の下から聞こえる“奇妙な騒ぎ”の正体は……? 6200万再生の驚きの光景に「私には絶対にできない」「尊敬します」【米】
  8. 「みんなが勝手にいろいろ言って……」 神田正輝、初告白した激痩せ&重病説の“まさかすぎる真相”に視聴者びっくり「そんな事情だったんですね」
  9. そうめんを作り置き冷凍弁当にしてみたら……おいしくてリピ確定! 100万再生の作り方に「夏休みの子どものお昼に最高」
  10. 丸山桂里奈、“元夫”との2ショットに「え!!」 成長した娘にも注目の声「もうこんなに大きくなって!!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 18÷0=? 小3の算数プリントが不可解な出題で物議「割れませんよね?」「“答えなし”では?」
  2. 日本人ならなぜかスラスラ読めてしまう字が“300万再生超え” 「輪ゴム」みたいなのに「カメラが引いたら一気に分かる」と感動の声
  3. 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
  4. 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  5. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  6. かわいすぎる卓球女子の最新ショットが730万回表示の大反響 「だれや……この透明感あふれる卓球天使は」「AIじゃん」
  7. 「これはさすがに……」 キャッシュレス推進“ピクトグラム”コンクールに疑問の声相次ぐ…… 主催者の見解は
  8. 天皇皇后両陛下の英国訪問、カミラ王妃の“日本製バッグ”に注目 皇后陛下が贈ったもの
  9. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  10. 和菓子屋の店主、バイトに難題“はさみ菊”を切らせてみたら…… 282万表示を集めた衝撃のセンスに「すごすぎんか」「天才!?」