ニュース
» 2011年08月10日 13時32分 公開

ゲーム作りを通じて被災地へ前向きなメッセージを――30時間でゲームを作る「福島GameJam」開催へ日々是遊戯

決められた時間内にゲームを開発する世界的イベント「GameJam」が、8月28日、29日の2日間、福島県の南相馬市にて開催されます。

[池谷勇人,ITmedia]

ゲーム開発の「熱気」を通じて復興の手助けに

 ゲームを作ることで、何か被災地のために行動できないだろうか――。

 そんな発想から生まれた「東北ITコンセプト 福島GameJam」というイベントが8月27日から28日の2日間、福島県・南相馬市にて開催されます。


 GameJamとは、国際ゲーム開発者協会(IGDA)が2008年より開催している「48時間でゲームを作り上げるイベント」のこと。今年1月に開催された「Global Game Jam 2011」では、全世界169会場からおよそ6500人がゲーム開発に挑戦、期間中に作られたゲームの数は1500以上にものぼりました。

 今回、IGDA日本およびUEIが主催する「福島GameJam」は、この「GameJam」を福島で開催することによって、東日本大震災の復興に少しでも貢献しようというもの。IDGA日本公式サイトの告知ページを見ると、今回の開催理由について、次のように書かれています。

 3月11日に東日本大震災が起きて以来、生活のために不要不急とは言えないエンターテインメント産業である、ビデオゲーム産業に従事しているゲームクリエイターたちは、自分たちが日々従事している仕事を通じて、何か被災地のために行動できないだろうかという模索をしてきました。

 津波被害のための瓦礫の撤去といった基本的な生活秩序の回復に対しては、ゲームクリエイターは無力です。しかし、現地の生活状況が回復してきている現在、未来につながるような活動として、ゲームクリエイターらしい方法で、現地の復興へと協力できると考えたのです。

 それが、GameJamを、福島で開催するというものでした。

 福島は、今後、原子力災害という風評被害に長い間直面していかなければなりません。「Fukushima」という単語は、特別な意味を持ち、今後ネガティブな意味を持って、世界から見続けられることになります。だからこそ、あえて、その場所でポジティブなメッセージを発信するGameJamを開催する意義が生まれます。


 今回のGameJamは、ローカル開催ということで通常の「48時間」ではなく「30時間」に期間を短縮して実施。参加人数は東京から30名、東北から30名を予定しており、当日はこれを10チームに分けてゲームを製作します。当日は「どこでもいっしょ」の生みの親である“トロチチ”こと南治一徳氏らも参加予定となっているほか、また現地からのUstream中継では、「スペースチャンネル5」「Child of Eden」などで知られる水口哲也氏も参加を予定しているとのこと。当日の様子はUstreamにて全世界に中継されるそうなので、直接イベントに参加できない人も、ぜひ応援のメッセージを送ってあげてください。

 IGDA日本によれば、GameJamから立ち上る強烈な「熱気」を通じて、「被災地域は復興できる」というメッセージを発信するとともに、今後ネガティブな意味を持って世界から見られていくであろう「Fukushima」という場所から、あえて前向きなイメージを打ち出していきたいとのこと。現在、IDGA日本のサイトではこのイベントへの参加者を募集中。東北参加者の申し込みは8月17日まで、東京参加者の申し込みは本日8月10日までとなっていますのでご注意ください。

 詳しいイベントの内容、参加申し込みなどはIGDA日本の「福島GameJam」告知ページへどうぞ。

「Global Game Jam Fukuoka 2011」のサイトより、今年1月に開催された「Global Game Jam 2011」(福岡会場)の様子

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/09/news144.jpg 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. /nl/articles/2205/23/news131.jpg ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  3. /nl/articles/2205/23/news185.jpg 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  4. /nl/articles/2205/23/news105.jpg キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  5. /nl/articles/2205/23/news158.jpg 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  6. /nl/articles/2205/23/news128.jpg ドワンゴ、「ゆっくり茶番劇」商標問題への対応策発表 商標権の放棄交渉や独占防止のための「ゆっくり」関連用語の商標出願
  7. /nl/articles/2205/22/news047.jpg Blenderで作ったパンケーキがなんかおかしい 作者も「なぜ…」と困惑するナゾ挙動に「電車で吹いた」「一生笑ってる」の声
  8. /nl/articles/2205/23/news025.jpg モッフモフの大型犬と娘が「すやぁ……」 大きなワンコに包まれ、添い寝する光景に「幸せな時間」の声
  9. /nl/articles/2205/23/news119.jpg 神田うの、元『プチセブン』モデルたちと“同窓会”ショット ほしのあき、SHIHOらが集合「豪華な顔触れ」
  10. /nl/articles/2110/24/news050.jpg 庄司智春、愛車ダッジ・チャレンジャーが廃車に ガソリンスタンドで炎上、ボンネットから発煙し「やばい」

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声