ニュース
» 2011年09月07日 11時15分 公開

触られてないのにくすぐったい感覚 触覚デバイスの未来を見てきたCEDEC 2011

iPhoneの画面を触ると、手のひらにくすぐられたような感覚が――リアルな触覚を再現するデバイスの研究成果が、CEDEC 2011で発表されている。

[山本恵太,ITmedia]

 iPhoneの画面を触ると、iPhoneを持っている手にも触られたような感覚が伝わる――9月6日からパシフィコ横浜で開催されているCEDEC 2011の「ポスター発表(インタラクティブセッション)」で、触覚を再現するデバイスの研究発表が行われていた。ハードウェアを活用した研究とソフトウェアを利用した研究の2つを紹介する。

電気で触覚再現を目指す

 「掌と同化したタッチパネル」と題して触覚デバイスの発表を行っていたのは電気通信大学梶本裕之研究室の福嶋政期さん(博士後期課程)。iPhoneの裏側に電気触覚ディスプレイを取り付け、手にiPhoneを載せて画面をタッチすると、その動きが手のひらにも伝わる仕組みを開発している。

 電気触覚ディスプレイには微細な電極が多数付いており、マイコン経由でiPhoneとつながっている。iPhoneの画面にタッチすると、接触情報がマイコンから電気触覚ディスプレイに送られ、その情報を基に電極に微弱な電流を流す。電流が皮膚に流れることで、触覚を再現する。

電気通信大学梶本裕之研究室の福嶋政期さん

 実際に試してみたが、画面の上で指を動かすと、iPhoneを載せた手のひらにも同じ動きでピリピリする感覚が走った。触られたような感覚というよりは、低周波治療器のように電気が流れる感じで、再現性はまだ高くないようだ。

 この技術により、デバイスを持った指や手のひらに画面上の動きを感じさせることができる。例えば、画面上で動いているハムスターが、実際に手のひらの上で動いているように感じさせるといったことが可能になるという。

 7日以降の展示では、電気刺激を弱くする改良が加えられている。iPhoneの画面上のボタンをタップした感触を手のひらに伝えるアプリと、ボールが画面上を転がると手のひらにその感触が伝わるアプリも同日から展示している。

音の振動を使った触覚デバイス

 梶本研ブースの近くでは「お互いに掌をくすぐりあうための視覚・振動の重畳手法」と題した触覚デバイスのポスター発表が行われていた。慶応義塾大学大学院メディアデザイン研究科の古川正紘特任助教の研究だ。福嶋さんの研究とは対照的に、ソフトウェアを使って触覚の再現を試みている。

 画面に手のひらの画像が映し出されたiPhoneを2台用意してBluetoothで相互接続し、それを2人がそれぞれ手に載せる。このとき、画面に映った手と実際の手の位置が一致するように載せるのがポイントだ。画面上の手をもう片方の手でなぞると、その動きに合わせて相手のiPhoneの画面上に指が現れて動く。これだけでも触られているような気がしてくるが、指が動いているときにiPhoneが微妙に振動するため、よりリアルな“くすぐられた感”を体験することができる。



 この振動はバイブレーション機能を使っているのではなく、音でスピーカーを振動させている。といっても、小さな音でも振動を発生できる250Hzの周波数を使っているため、音はほとんど聞こえない。この微妙な振動と、指が手のひらをなぞる映像によって、くすぐられているという錯覚が生まれている。

慶応義塾大学大学院メディアデザイン研究科の古川正紘特任助教

 古川さんは以前、梶本研究室に所属していたことがあり、梶本研がハードウェアで触覚デバイスの実現を目指しているのに対し、人の感覚をうまく使うことでより簡単に触覚を再現できないかと考えたという。まだ一般公開できる段階ではないが、特別な装置を使わずにソフトウェアと一般的なスピーカーだけで触覚を再現しているため、応用の幅は広がりそうだ。いずれはアプリとしてリリースしたいと考えているという。



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/01/news020.jpg 「キレッキレ!」「何回見ても笑えるwww」 白柴犬の激しすぎる後ろ足の動きに国内外から大反響
  2. /nl/articles/2111/30/news172.jpg 46歳と18歳の内田有紀、“2人そろって”『STORY』表紙へ 「自分の妹と撮影しているみたい」
  3. /nl/articles/2112/01/news118.jpg 渡辺美奈代、公開した自宅リビングが広すぎて“お姫様のお部屋” ゴージャスな部屋へファン「センスまで抜群」
  4. /nl/articles/2112/01/news111.jpg ゴマキの弟・後藤祐樹、服役中に死去した“母との約束” 「1000万円企画」朝倉未来の計らいで首のタトゥー除去
  5. /nl/articles/2112/01/news155.jpg 高嶋ちさ子、ダウン症の姉とさだまさしのコンサートへ 笑顔あふれる3ショットに「姉妹で素敵」「癒やされました」の声
  6. /nl/articles/2112/01/news182.jpg アイドルが「虚偽の発言」「繋がり行為」など複数の違反行為 ファンのため“卒業”を提案するもブロック→解雇へ
  7. /nl/articles/2112/01/news013.jpg 「校長先生の鑑」「神やん」 激長でおなじみの“校長先生の話”を描いた4コマ漫画が超展開で話題に
  8. /nl/articles/2111/30/news033.jpg パパに叱られる柴犬を黒猫がフォロー→柴犬「あとよろしく!」黒猫「えっ!?」 置いて行かれてあぜんとする表情がかわいい
  9. /nl/articles/2112/01/news095.jpg SPEED島袋寛子、18歳での悲劇を告白 鼻が約20年後も変形したままで「整形しようかと」
  10. /nl/articles/2111/30/news073.jpg 「犬の散歩みたい」――批判的な声にハーネスの使用をためらう親のために 現役ママが開発したリュック一体型「ワーネス」誕生秘話を聞いた

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」