ニュース
» 2011年09月26日 15時04分 公開

あれあれ、人の頭上に体力バーが見えるぞ――あなたは「ゲーム・トランスファー現象」を体験したことがありますか?日々是遊戯

「人々の頭上に体力バーが見える」、「コントローラのボタンを反射的に押そうとしてしまう」など、ゲームの体験を現実世界に持ち込んでしまう現象について、興味深い調査結果が得られたとのことです。

[池谷勇人,ITmedia]

言われてみれば思い当たるフシも

 ゲームに没頭しすぎるあまり、ゲーム内のルールやできごとを現実世界に持ち込んでしまったことはありませんか?

 ノッティンガム・トレント大学およびストックホルム大学の研究チームが先日、こうした現象について調査を行ったところ、ほぼ全員が、何らかの形で「体験したことがある」と回答。同チームはこの現象を「ゲーム・トランスファー現象(Game Transfer Phenomena)」と名付け、近く学会誌にて詳しい調査結果を公表する予定とのことです。

人々の頭上に体力バーが見える。こんな経験、ありますか?

「ゲーム・トランスファー現象」の一例としては、例えば「群衆の中で誰かを探すとき、つい検索ボタンを押したくなってしまう」、「人々の頭上に体力バーが見える」、「コントローラのボタンを反射的に押そうとしてしまう」といったものがあるそう。今回の調査は15〜21歳のゲーマー42人を対象に行ったものですが、同チームでは今後、さらに調査対象を広げてより本格的な調査を行っていくとしています。

 筆者もある時期、「テトリス」に熱中するあまり、遠くに見えるビル群のスキマにブロックをハメ込みたくなったり、「桃太郎電鉄」を遊んだ後で買い物に出かけて、財布に500円しか入っていないのに愕然としたりしましたが、これも一種の「ゲーム・トランスファー現象」のひとつなのかもしれません。ネット上では、「絵を描いてて失敗するとCtrl+Zを押したくなるよね」とか、「女の子としゃべる時はフラグを意識してしまう」といった、独自の「ゲーム・トランスファー現象」体験も寄せられています。より詳しく知りたい方は、サイト(PDF)にて全文が公開されていますので、ぜひ目を通してみてはいかがでしょうか。

 ちなみに、内容が内容だけに「ゲームと現実の区別が付かなくなるということ?」と心配する人もいそうですが、同研究チームではその後、「Gamers can't tell real world from fantasy, say researchers(ゲーマーは現実とファンタジーの区別がつかなくなる)」という見出しをつけた「Metro.co.uk」に対し、「正確な見出しではない」とこれを非難しています。混同されがちですが、「ゲーム・トランスファー現象」と「ゲームと現実の区別が付かなくなること」を結びつけて考えるにはまだ早計ということのようですね。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む