ニュース
» 2011年10月17日 11時14分 公開

孤独な火星の旅の記録 無人火星探査車が眺めた3年

無人火星探査車「オポチュニティ」が、3年にわたって撮影した画像309枚。それを1本にまとめた動画がNASAにより公開されました。元気に火星を移動しています。

[ITmedia]
画像 火星の地平線に続くローバーの車輪の跡

 2003年にNASAにより打ち上げられ、火星の表面で地質調査を続ける無人火星探査車「オポチュニティ」が撮影した画像309枚を1本にまとめた動画が公開されました。

 マーズ・エクスプロレーション・ローバーは、1975年と76年のバイキング着陸船、1997年のマーズ・パスファインダーに続く火星探査プログラムの一環で、火星に水の活動があった手がかりを調査する目的で打ち上げられた「スピリット」と「オポチュニティ」の2機を差します。

 オポチュニティは当初の任務期間3カ月間から予算を追加し、着陸したメリディアニ平原のクレーターからエンデュランス・クレーターを経て、ビクトリア・クレーター内の調査を無事に終え現在も活動を続けています。

 動画は、2008年から2011年までの3年間で移動した約21キロメートルの旅の様子がつづられています。動画には、撮影と同時に録音されたオポチュニティの加速度計のデータを可聴化し1000倍で再生したもの。変わりゆく火星の地平線を眺めながら、オポチュニティの長く孤独な旅に思いを寄せながらご覧いただきたい。


 ちなみに、スピリットの方は2009年にトロイと呼ばれる砂地を通過した際に車輪が砂にとられ、身動きがとれなくなり以後静止観測に切り替え。2010年に通信を止めているそうです。

 NASAは2012年8月に火星のゲイルクレーターへの調査を目的に、次世代火星探索車の打ち上げを予定しています。

関連キーワード

火星 | 動画 | NASA | 撮影


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン