ニュース
» 2011年12月12日 16時18分 公開

リア充を見つけたら地図で共有 その名も「リア充爆発しろ」Mashup Awards 7でねとらぼ賞

「Mashup Awards 7」の「ねとらぼ賞」に選ばれた「リア充爆発しろ」は、リア充の出没スポットを地図で共有するサービス。開発の裏には、大学院生2人のある悔しいエピソードがあったようで……。

[ITmedia]
画像 リア充爆発しろ

 Web APIなどを使って開発したオリジナル作品で競うコンテスト「Mashup Awards 7」(リクルート主催)の最終審査と授賞式が12月11日に開かれた。思わず誰かにしゃべりたくなるようなアプリに贈る、我らが「ねとらぼ賞」には、リア充の位置情報を共有する「リア充爆発しろ」が選ばれた。

 リア充爆発しろは、GoogleマップやはてなココのAPIなどを活用したサービス。街中でリア充に遭遇したら、サイトにアクセスし、位置情報を送信しよう。リア充の出没スポットを地図に登録できる。登録されたスポットには赤や紫色の丸印がつくため、まるで“爆心地”のようになるぞ。

画像 開発者の2人。受賞おめでとうございます

 開発したのは、大学院生の松本悦宜さんと畑昌宏さん。きっかけは、2人がスタッフとして参加するオープンソースカンファレンスで、スタッフ仲間にカップルが誕生したことだったという。「けしからん!」と考えた2人は早速友達数人とアイデアを出し合い、思いのたけをこのサービスにぶつけたそうだ。

 人肌恋しい季節。クリスマスも目前に迫りイルミネーションが輝く冬の街で、大手を振って(?)歩くリア充どもを見つけたら、そこのあなたもこのサービスを使って、「リア充爆発しろ」と叫びたい気持ちを発散すると良いかもしれない。

 Mashup Awards7の最優秀賞には、Kinectを使ってジェスチャーで◯×ゲームを楽しめる「ミブリ・テブリ -QUIZ kinect-」が選ばれた。優秀賞に選ばれた「東日本大震災アーカイブ」や、自動変形する計量スプーン「smoon」も会場で人気だった。受賞作の一覧は特設ページで閲覧できる。

画像 受賞者の皆さん
画像 ステージがプロレスリングのようなセットになっていた。「ミブリ・テブリ -QUIZ kinect-」には100万円が贈られた

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」