編集部一ネコに愛されているのは誰か選手権、開幕です!負けられない戦い(1/5 ページ)

我こそはネコに愛されている記者である。日ごろネコを愛してやまない記者たちが、街にくり出しネコを追う。ネコはいずこや、いずこやネコは。

» 2012年04月01日 00時00分 公開
[ITmedia]
※本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

 吾輩はネコ好きである――。日ごろネコのことだけを考え記事にしてきた編集部で、誰がもっともネコに愛されているのかを決める戦いがネコの街・台東区谷中でひっそりと行われた。

画像 ネコを捜せ

 みゃーにゃーにゃーの日(勝手に命名)、3月22日は少し曇りがちだったが天気にも恵まれ、日が差すとネコも昼寝が気持ちよさそうな初春の暖かさだった。編集部の記者は各々の戦略とネコへの愛情を胸に決戦の地への最寄り駅・日暮里駅へと降り立った。誰もがネコに愛されているのは自分であるとの自信と誇りを持って……。

 ――それはある日の部会でのことだった。記者たちが何気なく自分のネコ愛を語っていると、誰からかネコに一番愛されているのは誰なのかという話題になった。そこで引くのはネコに対して失礼と、場は一気にヒートアップ。ついには誰がもっとも愛されているのを決めようじゃないかという流れになった。そこで考えられたのが古来より伝わる対決方法、「ネコ好きはネコによく出会う」をそのまま実践することにした。

 ルールは簡単。制限時間60分以内に特定のエリア内でネコに会う回数を競うというもの。敷地内などの許可のない侵入は認めず、写真に撮影しないとカウントしないものとした(公道からの望遠での撮影は有効)。戦略は自由。またたびやねこじゃらしといったアイテムの制限も設けなかったが、野良ネコ対策などの観点から許可なき場所でのエサやりなどは禁止とした。そして、もっともネコたちが活動を控える昼前の時間帯を選んだ。

 場所は台東区谷中。谷中は下谷地域に属し、東はJR山手線、北は道灌山通り、西は不忍通り、南は上野公園に囲まれている地域を差す。谷中霊園や夕やけだんだんなどが有名で、根津や千駄木とともに“谷根千”と称して人気の高いエリアでもある。谷中はネコの街としても有名で、ネコをコンセプトにした店舗も多い。また、夏目漱石の「吾輩は猫である」を執筆した旧家跡の「猫の家」にも近い。

画像 決戦の地は谷中

 ネコに愛される人間は自ずとネコから寄ってくる、いやネコに出会ってしまうもの。こうして記者たちのネコが顔を洗う対決の火ぶたが切って落とされた。

ネコは獲物、撮るか獲られるの真剣勝負(戦略:ハンター)

人力車のお兄さんと一石二鳥作戦 だがしかし!

 記者・宮本は人生2度目の谷中。土地勘はなく、どこでネコが撮影できるのかさっぱり分からない。自力では無理だと早々に諦め、地元の人の助けを借りる作戦で挑むことにした。前日に下調べした際、谷中の街には人力車が走っているという情報をゲット。人力車で街を散策しつつ、ネコを探せば、一石二鳥ではないかと1人で盛り上がる。それに車夫のお兄さん(きっと必ず多分イケメン)と仲良くなれるかもだし。

画像 きたぜ! 谷中!

 早速、普段人力車が止まっているという場所へ。あれ……いない。平日の午前中だからかガラーンとしていて観光客もまばらだ。アタシの車夫はどこ? ねえどこなの! 仕方ないので直接電話で問い合わせる。「あのー、人力車は走ってないんでしょうか」「すみません、今日は谷中にいないんですよ。申し訳ないっす」――オオマイガッ。一石二鳥プランがいきなり頓挫した。

 仕方ないのであてもなく谷中をさまようことに。すると初っ端からネコを1匹発見! 幸先が良いのか悪いのかよく分からない。もしや車夫とのロマンスが叶わなかった記者を慰めにやってきたのかい? かわいいやつめっ。ネコは目を閉じて完全にお休みモードだ。「ちーっす。視線こちらにお願いしまーす」(記者)「ああん?」(ネコ)「すみません……」(記者)

画像 1匹目!寝てる?

 ネコの機嫌を損ねる前にそそくさと退散。谷中銀座から脇の道へ逸れ、偶然たどり着いた谷中コミュニティセンターで観光マップをゲットした。なるほど徳川慶喜の墓が近くあるのか。そういえば慶喜タンって涼し気な目元で結構イケメンだよな〜などとどうでも良いことを考えながら、歴女気分で霊園を散策。慶喜の墓前で今回の戦いの勝利を誓う。

画像 慶喜の墓へ寄り

画像 谷中霊園を横切る。スカイツリーも見えていた!

 再び公道へ戻り、10分ほど歩いたところ、ベンチに座るおじいさんに遭遇した。一緒にひなたぼっこしている飼い犬が記者の足元にじゃれついてくる。すっかり忘れていたが、ここは地元の人の助けを借りる作戦を発動する時じゃなかろうか。「ねえねえ、おじいさん。この辺にネコはいるかなあ?」「さっきそこを右に曲がったところにいたよ」「マっマジっすか」。

画像 じいさんの犬とたわむれてたら、有力情報ゲット

 有力情報を引っさげ、現場へ急行。ほんとにいたー! 茶トラのおデブちゃんが寝そべっていた。超モフモフ。眠たいのか目が半開きだ。半径30センチに近づいても逃げるそぶりなし。頭をなでることもできた。この後、偶然遭遇した着ぐるみネコ男とともに谷中をさまよううち、さらに2匹と出くわした。結局合計4匹でフィニッシュ。もっとたくさん撮れるかと思ったが、意外にネコはいなかった。

画像 いたー!

画像 ひなたぼっこしてる

画像 公園の遊具で浮かれる記者。ひゃっほーい

画像 着ぐるみ男と遭遇し……

画像 白ネコ

画像 墓地の向こうにも1匹発見! うーん、公道からだから遠い

       1|2|3|4|5 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2403/01/news052.jpg スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  2. /nl/articles/2403/01/news159.jpg 薬剤師は「医者憧れ」「そいつが見たって薬変わらへん」 バラエティー出演芸人の発言に批判殺到 かまいたち濱家らが相次ぎ謝罪
  3. /nl/articles/2308/31/news023.jpg 庭の草刈り中に小さな卵を発見、孵化させてみたら…… 命の誕生の記録に「すごい可愛い!」「すてきな家族」
  4. /nl/articles/2403/02/news015.jpg 生後2カ月赤ちゃん、ミルクを飲むとなぜか“信じられないほどカメラ目線”に かわいすぎる目力に「懐かしい〜」「たまらん!」
  5. /nl/articles/2308/13/news007.jpg 脱皮に失敗したセミを助けたら…… “ありえない姿に大変身”した姿に感嘆の声「驚きました」「貴重な映像」
  6. /nl/articles/2403/02/news025.jpg イケメンを自覚しているインコの登場シーンに「歩き方がww」「10回はリピート」 笑いをこらえきれない姿がSNSで話題
  7. /nl/articles/2309/27/news019.jpg 最大2キロ超の“高級カニ”が千葉で大発生!? 浜名湖の名産を都会のドブで「開始1分」採取、食す様子に反響
  8. /nl/articles/2403/02/news023.jpg 世界を旅する女性サックス奏者、外国の路上で演奏していたら…… 驚きの超展開が560万再生「音楽に国境はない」「すごい出会いと巡り合わせ」
  9. /nl/articles/2403/01/news028.jpg 伝説の魚・タキタロウと出会い“人生が狂った”学生、驚きの現在が117万表示 数奇な運命に「ロマンだ」「釣りキチ三平世代には憧れ」
  10. /nl/articles/2403/02/news008.jpg 赤ちゃんに、パパが本気で「モンスターズ・インク」のサリーのまねをしたら…… “100点満点”の反応が「めっちゃ可愛い」「そっくり!」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 小泉進次郎、生後3カ月の長女を抱く姿に「貴重なパパの顔」 2023年末には小泉元首相の“幸せじいじ姿”も話題に
  2. 庭にアジサイがあるなら知っておくべき!? 春になる前に急いでやりたい“大きな花を咲かせる”お手入れ術に反響続々
  3. 生まれたばかりの孫に会いに来た両親、赤ちゃんを見た瞬間号泣し…… 幸せあふれる光景に「一緒に泣いちゃいました」
  4. つんく♂、「僕の大好きな妻」と元モデル妻の貴重ショット公開 「めちゃくちゃお綺麗」と反響
  5. 小泉純一郎元首相、進次郎&滝クリの第2子“孫抱っこ”でデレデレ笑顔 幸せじいじ姿に「顔が優しすぎ」「お孫さんにメロメロ」
  6. 「ずっと手を触って」「強烈な口説きが」 グラドル、元K-1王者のセクハラ行為を“告発”→反論しバトルに 「引っ込んどけよロバは」謎の容姿罵倒で流れ弾も
  7. 2歳娘、帝王切開で入院するママの前では強がっていたが…… 離れてから号泣する姿に「いじらしくて可愛くて朝から泣いた」
  8. 業務スーパーの“高コスパ”人気冷凍商品に「基準値超え添加物」 約1万5000個販売……自主回収を実施
  9. 長女と赤ちゃんの夜のルーティンが「可愛いしか言えん」 愛が強すぎな姉から逃げる姿に「嫌いじゃないのねw」「素敵な姉妹」
  10. 「ほんと愛でしかない」「心から尊敬します」 “6男7女の大家族”うるしやま家のスーパーママ、“15人分のお弁当作り”が神業レベルで称賛の声
先月の総合アクセスTOP10
  1. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  2. パーカーをガバッとまくり上げて…… 女性インフルエンサー、台湾でボディーライン晒す 上半身露出で物議 「羞恥心どこに置いてきたん?」
  3. “TikTokはエロの宝庫だ” 女性インフルエンサー、水着姿晒した雑誌表紙に苦言 「なんですか? これ?」
  4. 1歳妹を溺愛する18歳兄、しかし妹のひと言に表情が一変「ちがうなぁ!?」 ママも笑っちゃうオチに「かわいいし天才笑」「何度も見ちゃう」
  5. 8歳兄が0歳赤ちゃんを寝かしつけ→2年後の現在は…… 尊く涙が出そうな光景に「可愛すぎる兄妹」「本当に優しい」
  6. 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
  7. 67歳マダムの「ユニクロ・緑のヒートテック重ね着術」に「色の合わせ方が神すぎる」と称賛 センス抜群の着こなしが参考になる
  8. “双子モデル”りんか&あんな、成長した姿に驚きの声 近影に「こんなにおっきくなって」「ちょっと見ないうちに」
  9. 犬が同じ場所で2年間、トイレをし続けた結果…… 笑っちゃうほど様変わりした光景が379万表示「そこだけボッ!ってw」
  10. 新幹線で「高級ウイスキー」を注文→“予想外のサイズ”に仰天 「むしろすげえ」「家に飾りたい」