ニュース
» 2012年05月08日 16時10分 公開

日本一人気のないゆるキャラ「まっくん」のサイトが進化していた

自虐とゆるさが入り交じっていた長野県南箕輪村のキャラ「まっくん」のサイトがおニューになっていた。

[ITmedia]

 「ゆるキャラグランプリ2011」で最下位になった長野県南箕輪村のキャラ「まっくん」。本人をして「テキトーな作り」と言わしめた特設サイト(公式つなぎサイト)がこのほどリニューアルし、「オフィシャルサイト」になった。

「まっくん」オフィシャルサイト

 軽くおさらいしておくと、まっくんは「アカマツの妖精」という設定で、まつぼっくりをモチーフにしている。2011年のゆるキャラグランプリでは、長野県の「しまちゃん」と並んで348位と最下位だった。リニューアル前のサイトでは「日本一人気のないキャラクター『まっくん』特集」と自虐的なタイトルを掲げていたほどだ。

 シンプルすぎる前のサイトと比べ、新しいオフィシャルサイトは森の写真をバックに、まっくんのアニメーションが歩いていてちょっと凝っている。森の中のまっくんの写真をクリックすると、「まっくんの立て看板に顔はめしたまっくん」という謎の写真が表示される。ブログやプロフィール、グッズ情報のほか、まっくんは「植物や動物を大切に思うみんなの想いから生まれた」というちょっといい話な誕生秘話もある。

 ところで、自虐とゆるさが入り交じって何とも言えない味があった以前のつなぎサイトも、トップページのトウモロコシをクリックするとアクセスできる。「まっくんサクセス・ストーリー」はいつの間にかSeason2までできており、それによると、まっくんはキーボードでの文字入力が苦手で「っ」の出し方が分からないと悩んでいたらしい。さらにつなぎサイトの「中の人」インタビューで、まっくんのPRは別の部署の管轄だが「勝手にサイトを製作した」「まさか決裁が通るとは思わなかった」と衝撃の事実も明らかにされている。

何とも言えない公式つなぎサイト

 まっくんには「たくさんのお便り」が寄せられているそうだが、今年のゆるキャラグランプリでは最下位脱出なるだろうか。

関連キーワード

ゆるキャラ | グランプリ | 公式サイト


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「竜とそばかすの姫」レビュー 危険すぎるメッセージと脚本の致命的な欠陥
  2. 笠井アナ、日比谷公園で「信じられないことが…」 サンドイッチを狙う集団に「何? えーっ! まさか、それはないでしょ!」
  3. 62歳の宮崎美子、マクドナルドCMで初々しい中学生少女を見事に演じる 「暖かい目でぜひ見てください」
  4. 瀕死のスズメのヒナを助けたのに…… 「助けたヒナたちに完全にナメられた」動画がほほえましくて面白い
  5. ハート打ち抜かれました! コロンビアのアーチェリー女子選手が「かわいい」「エルフ」と注目の的に
  6. 散歩中のラブラドール、助けを求める子猫を発見→保護 親子のような仲むつまじいふたりに涙が出る
  7. 宮迫博之、美容整形から2週間のビフォーアフター公開 手術直後の腫れ&炎症だらけな顔に「暴漢に遭ったんかって」
  8. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  9. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  10. 「本人にしか見えない」「めっちゃ似てる」 霜降り明星せいや、オリンピック開会式に“ガチのそっくりさん”を発見する