ニュース
» 2012年06月27日 11時00分 公開

喪女が国境を越えた 4chan民が愛する漫画「私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!」40万部ヒット(1/3 ページ)

無料公開のWeb漫画が国境を超えて話題になっている。喪女が主人公の「私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!」だ。人気は日本に逆輸入。累計40万部のヒットとなったそのわけを作者に聞いてみた。

[高橋史彦,ITmedia]

 「私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!」(以下、私モテ)――ドキッとするタイトルの漫画に今、熱い視線が注がれている。2人組の漫画家「谷川ニコ」が描くモテない女子高生の日常が、なぜかまず海外の画像掲示板「4chan」で話題となり、人気を逆輸入する形で日本でも支持を得て、単行本は現在累計40万部のヒットとなっている。連載先は、2008年にスタートしたWebマガジン「ガンガンONLINE」で、無料で読むことができる。

画像

 人気の理由は、その尖った内容にある。主人公の黒木智子はいわゆる“非コミュ”の喪女。JK(女子高生)になったらモテると考えていたが、入学して2カ月経っても告白されるどころか誰とも会話すらできていない。そんな日常に対して「この学校テロリストに占拠されたりしないかなー」と妄想するなど、痛々しい一面を持つ。一方、教師に挨拶したり、コンビニで会計を済ませるだけで「やべ〜イケメンと普通に会話しちゃった」とキュンとする仕草を見せる。彼女の痛い行動に潜む可愛さのギャップは多くの読者を惹きつけ、ファンからは“もこっち”の愛称で慕われている。

 一体、私モテはどのように生まれたのか、そもそもなぜ“喪女”をテーマにしたのか、海外でもヒットした理由は何なのかなどを、谷川ニコの2人と編集担当の木内さんに聞いてみた。

就職が決まらなかったから漫画家に

――漫画家を目指した理由は(※谷川ニコは、原作担当の男性と作画担当の女性による2人組)。

原作 22、3歳の頃、就職が決まらなかったんです。やることがないから漫画でも描いたら、もしかしたら食べていけるかなという感じでした。普通に仕事をするのは大変だなと思って、漫画なら家で作業できるなくらいの気持ちで。2人とも1度も漫画を描いたことはなかったのですが……。

――そんな経緯とはびっくりです。あらためて2人の出会いは。

原作 20歳の頃、アルバイト先が一緒でした。10年前になります。

――コンビで漫画を書こうとどちらから声をかけたのですか。

原作 僕です。

――2人でやっていて良かったことは。

原作 色々話し合って決められることです。やはり作画は大変なので、彼女(作画担当)が絵を描けることが大きいです。

作画 分業でできるところと、自分では思いもよらない話が出てくるところです。1人だと好きなことしかやらないのですが、他人は簡単に自分を飛び越えてくれる瞬間があって、そういう経験ができるのは良いなと思っています。

――作業するときは2人でどのようにやり取りしているのですか。

原作 電話とFAXとメールで連絡を取りながらそれぞれで作業を進めています。アシスタントさんには、仕事場に直接来てもらっています。

作画 今は仕事部屋があるんですが、以前は、カラオケボックスや漫画喫茶などで作業をしていました。自分はカラオケに行くような人間ではないのに(笑)。静かな漫画喫茶ではトーンを削ってる音を立ててしまって……いろいろ迷惑をかけましたね。

谷川ニコは「尖ってた」

画像 著者近影

――漫画を描き始めた頃のことを教えてください。

原作 8ページの漫画を描いていたら、5カ月くらいかかっちゃって……。こんなペースでは漫画賞に投稿できないなと思っていたとき、「月刊少年ガンガン」の「GGグランプリ」なら2ページでいけることに気が付きました(※「GGグランプリ」は、2ページで投稿できるギャグマンガ賞。5回連続で勝ち抜けば読み切り掲載権を獲得できる)

作画 今は2人組の漫画家も多くなったのですが、当時は漫画誌の編集部に行くと、2人だからという理由で断られることもありました。高いレベルで描けるならまだしも、(当時の自分たちのように)低レベルの作品だと、これを分担してやる必要があるのか?――という感じで、持ち込んでも誰も使ってくれませんでした。だから1人の名前を使って、ちょっとだましたりして……(笑)

――木内さんとの出会いも「GGグランプリ」の頃でしょうか。

編集 そうです。谷川ニコが「GGグランプリ」に投稿してきた時は、2人組であることを知りませんでした。あれ何回くらい勝ち抜いたんだっけ?

2人 掲載されたのが1度で1回も勝ち抜いてません。

作画 25歳くらいの時ですね。

編集 その後、「月刊少年ガンガン」の「月例マンガ賞 新G1ガンガン杯」に投稿して、評価が高かったので読み切り掲載という形に繋がったんです。

――それは何ページくらいですか。

作画 28ページです。初めて長編を描かせてくれたのが木内さんだったんです。それまで短編しか描いたことないのに……。

――長編に挑戦させた理由は何ですか。

編集 尖っていましたし、うがった見方をするギャグセンスがあったので、やってみたら面白いのではないかと思いました。

原作 それからその後に「フレッシュガンガン」にも載りましたね。

編集 「ガンガンPOWERED」の勝ち抜き投稿企画「4ページで4コママンガをやってみないか?」でも勝ち抜いて読み切りが載ったよね。

――そうなんですね。初期の作品を短篇集にまとめる予定はあるんですか。

2人 他社の作品もあるのでわからないです(笑)

――2008年には「ガンガンONLINE」で、谷川ニコにとって初めての連載作品「ちょく!」がスタートしました。思い出を聞かせてください。

原作 最初の方は描いていて楽しかったです。もちろん不安もありました。

画像 ちょく!(ガンガンONLINEより)

――終盤はどうでしたか。

原作 終わりが見えた時は大変でした……。

――終わりを告げたのは編集部の方から?

編集 そうです。そろそろ、終わりましょうと(笑)

2人 (連載は)1年半くらいでしたね。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2207/04/news120.jpg 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  2. /nl/articles/2207/06/news116.jpg どんな格好で撮ってるんだ! 中島美嘉、ベッドで寝転ぶショットのタネ明かしにファン爆笑「不覚にも笑った」
  3. /nl/articles/2207/04/news028.jpg パパが好きすぎて、畑仕事中も離れない元保護子猫 お外にドキドキしながら背中に乗って応援する姿があいらしい
  4. /nl/articles/2207/06/news127.jpg ともさかりえ、高校生息子と久々ディズニーへ 楽しげなショットの裏で冷静な一言「学生より盛り上がってていいね」
  5. /nl/articles/2207/05/news025.jpg 姉と父には「おかえりっ(ハート)」な出迎えワンコ→しかし私には…… 激しいギャップに「帰ってきたんかワレって感じ笑」
  6. /nl/articles/2207/05/news037.jpg 動物病院をがんばった猫ちゃん、帰宅すると文句が止まらず…… ンミャンミャ言いながら甘える姿がいとおしい
  7. /nl/articles/2207/05/news107.jpg 岩城滉一、“天井の高さ9m”北海道の広大マイホーム公開 大型ピックアップトラックでさっそうと登場
  8. /nl/articles/2207/06/news159.jpg 鈴木えみ、武井咲&桐谷美玲の“ママ友”3ショットを公開 豪華メンバーに「なんて美しいママ会」と反響
  9. /nl/articles/2207/05/news154.jpg “残HP見える化バッジ”を社員に配った会社に「うちもほしい」の声 導入に至った経緯や社内での評判を聞いた
  10. /nl/articles/2207/06/news097.jpg 野口五郎、ピアニストの20歳長女とステージ共演 岩崎宏美が“スペシャルメンバー”と親子ショット公開

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 有料スペースに乱入、道具を勝手に持ち出し…… 関電工労組の関係者がキャンプ場でモラルを欠く行為、Twitterでユーザーが被害を投稿
  2. 「皆様のご不満を招く原因だった」栗山千明、“百万石まつり”の撮影禁止騒動を謝罪 観客は「感謝しかありません」
  3. ダルビッシュ有&聖子、14歳息子のピッチングがすでに大物 「球速も相当出てる」「アスリート遺伝子スゴい」
  4. 息子を必死で追いかけてきた子猫を保護→1年後…… 美猫に成長したビフォーアフターに「幸せを運んできましたね」の声
  5. 野口五郎、20歳になったピアニストの娘と乾杯 「娘はカシスソーダ! 僕はハイボール!」
  6. 「めっちゃ恥ずかしい」 平嶋夏海、魅惑の「峰不二子スタイル」で橋本梨菜とお色気ツーリング 「すごいコラボやなぁ」の声
  7. ニコール・キッドマン、ネットで酷評された“54歳の女子高生”スタイルの真相を語る 「何考えてたんだろう?」
  8. 坂口杏里さん、夫の鍛え上げた上腕に抱きつくラブラブ2ショット 「旦那は格闘技もやってるから、ムキムキ」
  9. 大家に「何でもしていい」と言われた結果 → 台所が隠れ家バー風に! DIYでリフォームした部屋の変化に驚きの声
  10. 猫にボールを投げた飼い主さん、“1時間全力謝罪”する事態に!? 顔面直撃した猫の表情に「笑っちゃいました」