ニュース
» 2012年11月01日 11時17分 公開

“ニューヨークの朝食の女王”が新宿にオープン 噂の朝食メニューを食べに行ってみた朝食いただきました

現地に行かなくても食べることができる世界の名店がまたもや日本に上陸しました。その名は「Sarabeth's (サラベス)」。

[北本祐子,ITmedia]

 去年マカオで喜び勇んで通った有名なエッグタルトのお店。そこに置いてあったパンフレットで、大阪に支店があると知ったときのやるせなさといったら……。そういう経験をした人は多いのではないでしょうか?

 ここ1年だけで振り返っても、イタリア・ナポリのピッツァの名店「ピッツェリア ダ・ミケーレ」、アメリカ・ハワイのハワイアンパンケーキが人気の「カフェ・カイラ」と、現地でも行列が絶えない店舗が続々と上陸中。厳密にいうと、料理によっては日本の法律の問題で同じ素材が使えなかったり、現地の雰囲気で味わうものとは違うし、そもそも食材がまるっきり同じわけじゃないので味は微妙に変わっており、まったく同じとは言い切れないのでしょうが……。それでもなんか、ね。

 そしてまた、「海外へ行かなくても、日本にあるじゃん」となってしまうお店がオープンしました。

 11月1日に新宿のルミネ2にオープンしたのは、「Sarabeth's (サラベス)」。アメリカ・ニューヨークの人気レストランです。

画像 アメリカの店舗のなかでも、トライベッカの店舗に近いイメージで作られているとか

 サラベスは、Sarabeth Levine(サラベス・レヴィーン)さんが1981年にニューヨークのアッパーウェストに1号店をオープン。31年経った現在では、ニューヨークに9店舗、フロリダに1店舗の計10店舗を展開している人気店に成長しました。そして、今回の日本進出は、サラベスにとっての初海外出店。

画像 サラベスさん。この日も厨房のチェックは欠かさず、アメリカの店舗のように働いていました

 その理由について、来日中のサラベスさんご本人が語ってくれました。

「ニューヨークの店舗にもたくさんの日本人のお客様が来てくれるのですが、いつ日本に来てくれるのですか? と何十年も前から言われていました。私の夫、ミスター・サラベスと呼ばれているビルも以前から日本進出について『やろうよ』と言っていましたが、日本は遠いし、キッチンのオペレーションのコントロールも直接できないと、考えないようにしていました。でも、今回素晴らしいビジネスパートナーに出会い、完成したお店を見て、日本進出の判断は間違っていなかったと思っています」(サラベス・レヴィーンさん)

 サラベスは、2010年公開のメリル・ストリープ主演の映画「恋するベーカリー」において、調理技術指導および店舗での撮影協力にかかわっています。なんとなく、サラベスさんとメリル・ストリープがかぶって見える……って髪型とやせているってことぐらいかもしれませんが。

 日本の店舗は、伝統的なアメリカの朝食料理を終日提供するレストランとしてオープンします。ちなみに、レストラン格付けガイド「ザガット・サーベイ」では、「ニューヨーク No.1 デザートレストラン」に選出。「ニューヨークマガジン」には“文句なしのニューヨークの朝食の女王”と評されているっていうから、期待は高まりますね。

 ひと足お先にいただいたのがこちら。まずは、ゴールディラックスという卵料理のプレートセットから。

画像 2人掛けのテーブルにお皿は2枚が限界です

 スクランブルエッグにクリームチーズ、スモークサーモンが入っています。味付けはかなりシンプル。

 このプレートセットには、パンにつけて食べるために、旬の果物で作られたフルーツスプレッドというジャムがついています。これは、サラベスの看板商品で、1980年にレストランのオープンよりも先に商品化されたもの。サラベス家に1780年から伝わるレシピをもとに作られていて、ジャムよりも砂糖の量を減らしているものの、果物そのものの甘みを生かしたフルーティなソースです。

 もう一品いただいた、アップルシナモンフレンチトースト(1400円)にも、チャンキーアップルというフルーツスプレッドが使われています。

画像 日本のカフェの一般的なフレンチトーストよりも、焼きあげたタイプ

 アメリカ発のレストランというと、ボリュームがあってこってり、というイメージが浮かびますが、こちらはボリュームがあるものの基本的にはあっさりした味わい。横にシロップやバターなどが添えられていて、個人の嗜好に合わせて調整していくスタイルが採られているようです。

画像画像

画像画像 味はあっさりでも、量はアメリカンサイズです

 こちらの店舗では時間帯によってメニューの内容が変わるのですが、ニューヨークの店舗のようなディナーメニューはありません。もし本家のサラベスにいくならば、ディナーメニューを狙うべきですね。

サラベス ルミネ新宿店

住所:新宿区新宿3-38-2 ルミネ新宿店 ルミネ2 2階

TEL:03-5357-7535

営業時間:午前9時〜午後10時(ラストオーダー午後9時30分)


関連キーワード

アメリカ | 飲食店 | 新宿 | 朝食 | 日本進出 | 料理


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/03/news085.jpg 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  2. /nl/articles/2112/03/news106.jpg 45キロ減のゆりやんレトリィバァ、劇的変化の“割れたおなか”に驚きの声 「努力の賜物」「昔を思い出せない」
  3. /nl/articles/2112/03/news124.jpg 「銀座でペットを散歩していたら職質されました」 “真っ白な奇怪生物”を連れた街歩き写真が前衛的すぎる
  4. /nl/articles/2112/03/news009.jpg 「鬼さん逃げてー!」「強すぎて草」 漫画「レベルMAXバージョンの桃太郎」が想像以上に強すぎると話題に
  5. /nl/articles/2109/09/news164.jpg 「奈良公園で柔術をするところ」がシュール過ぎて合成写真にしか見えず人気に 「奈良県民から見てもコラ」「ここではだしだと……」
  6. /nl/articles/2112/03/news088.jpg ダレノガレ明美、“痩せすぎ”指摘する声に「体絞っていました」 現在は4キロの増量 「ご安心ください」
  7. /nl/articles/2112/04/news041.jpg ニベア「ニベアクリームを他の製品と混ぜないで」 混ぜるとシミが消えるとうたう広告に注意喚起
  8. /nl/articles/2112/04/news040.jpg 福田彩乃、第1子妊娠を“ぽっこりおなか”ショットで報告 「マタニティ本を熟読してくれている主人」と夫に感謝も
  9. /nl/articles/2112/04/news052.jpg 「本当に愛しいです 毎日ありがとう」 加藤綾菜、夫・カトちゃんの「可愛いすぎて失神レベル」なお願いにメロメロ
  10. /nl/articles/1806/05/news150.jpg “シミがベリベリ剥がれるクリーム”はウソ 漫画村関与の代理店が偽装広告作成、販売元は「広告見たことない」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」