ニュース
» 2012年11月01日 11時17分 公開

“ニューヨークの朝食の女王”が新宿にオープン 噂の朝食メニューを食べに行ってみた朝食いただきました

現地に行かなくても食べることができる世界の名店がまたもや日本に上陸しました。その名は「Sarabeth's (サラベス)」。

[北本祐子,ITmedia]

 去年マカオで喜び勇んで通った有名なエッグタルトのお店。そこに置いてあったパンフレットで、大阪に支店があると知ったときのやるせなさといったら……。そういう経験をした人は多いのではないでしょうか?

 ここ1年だけで振り返っても、イタリア・ナポリのピッツァの名店「ピッツェリア ダ・ミケーレ」、アメリカ・ハワイのハワイアンパンケーキが人気の「カフェ・カイラ」と、現地でも行列が絶えない店舗が続々と上陸中。厳密にいうと、料理によっては日本の法律の問題で同じ素材が使えなかったり、現地の雰囲気で味わうものとは違うし、そもそも食材がまるっきり同じわけじゃないので味は微妙に変わっており、まったく同じとは言い切れないのでしょうが……。それでもなんか、ね。

 そしてまた、「海外へ行かなくても、日本にあるじゃん」となってしまうお店がオープンしました。

 11月1日に新宿のルミネ2にオープンしたのは、「Sarabeth's (サラベス)」。アメリカ・ニューヨークの人気レストランです。

画像 アメリカの店舗のなかでも、トライベッカの店舗に近いイメージで作られているとか

 サラベスは、Sarabeth Levine(サラベス・レヴィーン)さんが1981年にニューヨークのアッパーウェストに1号店をオープン。31年経った現在では、ニューヨークに9店舗、フロリダに1店舗の計10店舗を展開している人気店に成長しました。そして、今回の日本進出は、サラベスにとっての初海外出店。

画像 サラベスさん。この日も厨房のチェックは欠かさず、アメリカの店舗のように働いていました

 その理由について、来日中のサラベスさんご本人が語ってくれました。

「ニューヨークの店舗にもたくさんの日本人のお客様が来てくれるのですが、いつ日本に来てくれるのですか? と何十年も前から言われていました。私の夫、ミスター・サラベスと呼ばれているビルも以前から日本進出について『やろうよ』と言っていましたが、日本は遠いし、キッチンのオペレーションのコントロールも直接できないと、考えないようにしていました。でも、今回素晴らしいビジネスパートナーに出会い、完成したお店を見て、日本進出の判断は間違っていなかったと思っています」(サラベス・レヴィーンさん)

 サラベスは、2010年公開のメリル・ストリープ主演の映画「恋するベーカリー」において、調理技術指導および店舗での撮影協力にかかわっています。なんとなく、サラベスさんとメリル・ストリープがかぶって見える……って髪型とやせているってことぐらいかもしれませんが。

 日本の店舗は、伝統的なアメリカの朝食料理を終日提供するレストランとしてオープンします。ちなみに、レストラン格付けガイド「ザガット・サーベイ」では、「ニューヨーク No.1 デザートレストラン」に選出。「ニューヨークマガジン」には“文句なしのニューヨークの朝食の女王”と評されているっていうから、期待は高まりますね。

 ひと足お先にいただいたのがこちら。まずは、ゴールディラックスという卵料理のプレートセットから。

画像 2人掛けのテーブルにお皿は2枚が限界です

 スクランブルエッグにクリームチーズ、スモークサーモンが入っています。味付けはかなりシンプル。

 このプレートセットには、パンにつけて食べるために、旬の果物で作られたフルーツスプレッドというジャムがついています。これは、サラベスの看板商品で、1980年にレストランのオープンよりも先に商品化されたもの。サラベス家に1780年から伝わるレシピをもとに作られていて、ジャムよりも砂糖の量を減らしているものの、果物そのものの甘みを生かしたフルーティなソースです。

 もう一品いただいた、アップルシナモンフレンチトースト(1400円)にも、チャンキーアップルというフルーツスプレッドが使われています。

画像 日本のカフェの一般的なフレンチトーストよりも、焼きあげたタイプ

 アメリカ発のレストランというと、ボリュームがあってこってり、というイメージが浮かびますが、こちらはボリュームがあるものの基本的にはあっさりした味わい。横にシロップやバターなどが添えられていて、個人の嗜好に合わせて調整していくスタイルが採られているようです。

画像画像

画像画像 味はあっさりでも、量はアメリカンサイズです

 こちらの店舗では時間帯によってメニューの内容が変わるのですが、ニューヨークの店舗のようなディナーメニューはありません。もし本家のサラベスにいくならば、ディナーメニューを狙うべきですね。

サラベス ルミネ新宿店

住所:新宿区新宿3-38-2 ルミネ新宿店 ルミネ2 2階

TEL:03-5357-7535

営業時間:午前9時〜午後10時(ラストオーダー午後9時30分)


関連キーワード

アメリカ | 飲食店 | 新宿 | 朝食 | 日本進出 | 料理


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2402/25/news016.jpg 8人目の赤ちゃんが誕生、兄姉たちとの初対面が愛にあふれている 300万再生の光景に「号泣です」「素敵すぎて、尊くて……」
  2. /nl/articles/2402/24/news060.jpg 小泉進次郎、生後3カ月の長女を抱く姿に「貴重なパパの顔」 2023年末には小泉元首相の“幸せじいじ姿”も話題に
  3. /nl/articles/2402/24/news009.jpg かなり危ういほど小さく、獣医師から「育たないかも」と告げられた子猫が豪快に成長し…… 現在の姿に感嘆「あー涙出ちゃう」
  4. /nl/articles/2402/25/news065.jpg 「ほんと愛でしかない」「心から尊敬します」 “6男7女の大家族”うるしやま家のスーパーママ、“15人分のお弁当作り”が神業レベルで称賛の声
  5. /nl/articles/2311/24/news117.jpg 小泉純一郎元首相、進次郎&滝クリの第2子“孫抱っこ”でデレデレ笑顔 幸せじいじ姿に「顔が優しすぎ」「お孫さんにメロメロ」
  6. /nl/articles/2402/24/news017.jpg 雑草で荒れた庭を柴犬のために劇的ビフォーアフター 約2万円で実現した夢の自宅ドッグランが「イイお買い物」と話題に
  7. /nl/articles/2402/25/news014.jpg 母が帰宅したと思って出迎えた猫、ふと顔をあげたら…… 想定外の事態へのリアクションに「いいねを一万個ぐらいあげたい」
  8. /nl/articles/2402/25/news059.jpg 「吉本の給料上がらず」 山田花子、“リアルな台所事情”さらし共感の嵐 割引駆使する“ママの顔”に「親近感」「見切り品も買って偉い」
  9. /nl/articles/2402/24/news007.jpg “幻の錦鯉”を入手→開封して見てみると…… 素人目でも分かる“他の鯉とは明らかに違う”姿に「こんな鯉いるのかよ」
  10. /nl/articles/2402/25/news028.jpg 赤ちゃんの目の前で横になってみたら……? 思わぬ展開に「泣いていい?」「号泣」と780万いいね【海外】
先週の総合アクセスTOP10
  1. 8歳兄が0歳赤ちゃんを寝かしつけ→2年後の現在は…… 尊く涙が出そうな光景に「可愛すぎる兄妹」「本当に優しい」
  2. 犬が同じ場所で2年間、トイレをし続けた結果…… 笑っちゃうほど様変わりした光景が379万表示「そこだけボッ!ってw」
  3. 宿題する8歳娘と、邪魔しつづける猫を1年記録したら…… 490万再生の愛がつまったやりとりに「最強の名コンビ」
  4. 真田広之の俳優息子、母の手塚理美がエール「彼なりに頑張ってる」 両親ゆずりのルックスに「イケメン」「男前」の声
  5. 野生の鯉を稚魚から育て4年後、判明した事実に飼い主「僕は今まで何を…」 激変した姿に「爆笑してしまいました」
  6. 1歳妹を溺愛する18歳兄、しかし妹のひと言に表情が一変「ちがうなぁ!?」 ママも笑っちゃうオチに「かわいいし天才笑」「何度も見ちゃう」
  7. 食用でもらった車エビ、4歳息子に「育てたい」と懇願され…… 水槽で飼育した貴重な記録に「可愛い姿見せてくれてありがとう」
  8. 2歳娘とパパ、愛と平和しかないやりとりに「100億年分のストレスが消滅した」 涙が出るほど幸せな会話に称賛の声
  9. 3歳双子姉妹、17歳お姉ちゃんを修学旅行で見送ったら…… 寂しくて号泣する様子に「もらい泣きです」「愛されてますね」
  10. 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「天までとどけ」長女役、芸能界の「負の連鎖」訴え 主演俳優の“お誘い”拒否し「他の演者やスタッフからも無視」「本当の事なんか誰も話さない」
  2. 田代まさし、南部虎弾さん通夜で“一団”に絡まれる騒動へ……にらみ合いの末に「ちょっと来い」「止めろよお前」
  3. 妊娠中の英俳優、授賞式での“金太郎”ドレスが賛否両論 「半裸の妊婦なんて見てられない」「ホットなママ」
  4. 「変わんないもん俺のと」 所ジョージ、ホンダ軽を超速カスタムで高級外車と“まったく同じ”外見に 「朝から楽しいよ」「完璧!」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「意識もうろう」「何も食べられない」 すい臓がんステージ4の森永卓郎、痩せた顔出しで“最悪の時期”告白 息子は「『死ぬ』が冗談に聞こえなかった」
  7. 授業参観の度に「かっこいい」と言われた父親が10年後…… 「時間止まってる?」と驚愕の声がやまない父子の姿が870万再生
  8. 65歳マドンナ、ワールドツアー中のダンスが“おばあちゃん”だと視聴者衝撃 「もうやめなよ」「こんなふうに終わりを迎えるなんて」
  9. 人気ブロガー医師が4年の闘病の末に42歳で逝去 夫が伝える「素敵な女性がいたということを皆様の心に残していただければ」
  10. 能登半島地震により海底が“隆起”→すさまじい様子を収めた写真に「自然の脅威を感じる」