きっかけは「攻殻機動隊」 “透明プリウス”の稲見教授が語るアニメと科学の関係

藤子・F・不二夫先生の「21エモン」などは科学者を目指す人にぜひ読んでほしい――マンガ「攻殻機動隊」をきっかけに「光学迷彩」を開発した慶応義塾大学の稲見教授が、マンガやアニメが研究者にもたらす影響について語った。

» 2012年11月02日 13時06分 公開
[松岡洋,ITmedia]

 日本科学未来館で開催されたDCEXPOにおいて、慶應義塾大学の稲見昌彦教授による透明プリウスの展示が話題を集めました。物を見えなくする(=透けて見える)というのは古今東西の民話からSF映画などでたびたび登場する究極の技術です。日本の「隠れ蓑」からSFドラマ「スター・トレック」のクリンゴン宇宙船のクローキングデバイスまでさまざまな名称で呼ばれていますが、稲見教授は透明プリウスに用いた自身の技術を「光学迷彩」と呼んでいます。特殊な反射素材に映像を投影することで透明に見せる仕組みです。DCEXPO会場で稲見教授にインタビューに応じていただきました。

―― 透明プリウスに使われている稲見先生の「光学迷彩」のアイデアはかなり前から発表されていますよね。

稲見教授 透明マント的なものはこれまでもさまざまなアイデアが出てきています。ただ、透明マントと言った場合、何らかの方法で光を通すという受動的な意味合いが強くなり、実現するためのハードルはとても高くなります。しかし、士郎正宗氏のマンガ「攻殻機動隊」で「光学迷彩」という言葉を知ったとき、それまで行ってきた研究の、立体映像を投影するという能動的な方法が生かせると気づいたのです。だから私は「光学迷彩」という言葉を使っています。

―― かねて飛行機や自動車の内装にこの光学迷彩を施して死角をなくす提案をされており、今回実際に透明プリウスとして実現に至りました。

稲見教授 今回実現できたのは、コンピューターの性能向上と小型で明るいプロジェクターのおかげですね。乗用車に搭載できるものがそろったことで、実用化への道筋がみえてきました(注:通常のプロジェクターは暗い場所で投影するのに対して、明るい場所で投影するためより強力なプロジェクターが必須となる)。

後部シートに張られた再帰性反射素材にハーフミラーで投影し、プリウスの後ろに設置されている白いコーンや床などが見えている

―― 実用化までの道のりはいかがでしょうか?

稲見教授 今回はトヨタのプロモーション的なものですが、すでに自動車関連の各社から声をかけていただいています。自動車メーカーの開発スパンは10年単位ですが、私たち研究者はもっと早く、例えばオプションとしてもっと早い時期に提供できるようになると考えており、10年はかけたくありません。

―― これまでにも近接警告システム、MIT(マサチューセッツ工科大学)やスタンフォード大学の自律走行システムと、自動車業界で長く研究されてきた技術が実験段階から実用段階に入ってきており、いずれはこの光学迷彩もと期待がかかります。

稲見教授 自律走行ですが、実は最初に開発したのが日本人なんです。カーネギーメロン大学の金出武雄教授が1990年代にロサンゼルスからピッツバーグまでの高速道路の9割を自律走行で走ることに成功しました。これはアメリカのDARPA(国防総省の先端研究を担当する組織)による実験でした。DARPAは明確な目標を提示して研究を促進させますが、日本にもこのような仕組みが欲しいですね(注:金出武雄:画像技術の分野で様々な業績を残している研究者で、この分野で知らないものはもぐりと言われている)。

―― 研究室の必読書「攻殻機動隊」で「光学迷彩」を知ったとのことでしたね?

稲見教授 研究室に配属されたとき、議論したければまずはこれを読めと研究室の必読書「攻殻機動隊」を渡され、光学迷彩という言葉を初めて知りました。もともとCTなどで撮影した人体の内部映像を立体映像として見せる研究を行っていたのですが、再帰性反射素材をマネキンに貼り付けて投影する方法に行き着き、(透明プリウスでも使われた)光学迷彩のアイデアにつながりました。

―― マンガやアニメ、SFというものに囲まれてきた影響もあるわけですね。

稲見教授 マンガやアニメにSF的なものが多く、例えば藤子・F・不二夫先生の「21エモン」などは科学者を目指す人にぜひ読んでほしいですね。ジェームス・P・ホーガンのSF小説「星を継ぐもの」は科学者がどのように考えるかということが緻密に描かれているのでお勧めです。未来を描いたものは研究者にとって非常によい刺激になりますから。それとアニメの作り手との交流もあり、相互に影響を受けています。「ロボティクス・ノーツ」制作者とお話したとき、「95%のリアリティと5%のフィクションが必要」だとおっしゃっていましたが、私たち研究者はその5%の部分をリアルに考える人種なんです。

―― Production I.Gのアニメ「東のエデン」ではAR(拡張現実)がキーデバイスとして出てきました。その1年前、稲見先生と私も参加したある研究会の打ち上げに、同作品の神山健二監督が現れ「アニメのネタを仕入れに来ました」と語ったことを思い出しました。

稲見教授 最先端の技術をリアリティのある描き方をされていて感心しました。

―― その打ち上げ会場には稲見先生をはじめそうそうたる研究者が顔をそろえてましたね。

稲見教授 「(AR技術を紹介するWebサイト「工学ナビ」の)橋本直さんなどがいましたね。そのほかにも「電脳コイル」の磯光雄監督などアニメ制作者との交流は多く、お互いに刺激を受けています(注:打ち上げは神山監督を橋本氏らに引き合わせるための会でもあったそうだ)

―― (インタビューの前に行われていた)ニコニコ学会で稲見先生たちの発表を拝見していて、日本の研究者と海外の研究者との研究の方向性に違いがあるように感じました。

右から2人目が稲見教授

稲見教授 日本は秋葉原に行けば必要な部品が全部そろいますから、とりあえず物を作る傾向にありますね。かたや海外ではそんなに部品が自由に手に入る環境ではないため、物を作らないですむならそれを避け、ソフトウェアのほうに注力してますね。日本の研究者にとって秋葉原の存在というものは非常に大きいです。

―― 日本のものづくりに秋葉原ありですね。

稲見教授 私の研究室の3分の一は留学生ですが、みんな「秋葉原があるから」というのが留学の動機になっています。彼らの好きなマンガと電子部品、その両方が集積している秋葉原は非常に大きな魅力になっています。海外の方は「日本には秋葉原があるから悔しい」そうです。

―― かつて私たちが海外をうらやましがってたのが、今はうらやましがられる時代に!

稲見教授 マンガやアニメ、ゲームから着想を得た研究が、さらにマンガやアニメに還元される、このループは偉大ですね。日本の大きな財産だと思います。センスオブ・ワンダー、わくわくさせるものがそのループの中から生み出されています。

―― 財産と考えると、日本には無尽蔵の資源があるわけですね。

稲見教授 実はハリウッド映画にも影響を与えているようで、映画「アベンジャーズ」で空母が「レトロリフェクティブ(再帰性反射)パネル」を展開するシーンがあり、私の研究を参考にしたのかなと感じました。またトム・クルーズ主演の「ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル」でもクレムリンに進入したときに光学迷彩が使われましたが、背景を撮影するカメラの動きや映像が乱れたときのノイズがよく調べて描かれていました。

―― ニコニコ学会では研究者のありかたとして「野生の研究者」という言葉も出てきましたが。

稲見教授 もともと科学者という存在は職業ではなかったのです。職業としての研究者だけではなく、趣味として研究する研究者が存在してもいい、それが「野生の研究者」です。研究職につかなくても野生の研究者としてわくわくするものを生み出してほしいですね。

―― 最後に研究者(科学者)を目指す人たちへのアドバイスをお願いします

稲見教授 まず面白いと思うものを見つけること、好きなものであれば勉強は苦にならない。見つけるまでは苦労しますが。それとつっこみ癖を身につけること。教科書に書かれていることはすべてが真実ではない、その隙を見つけてつっこむ癖を持つことが必要です。その隙の部分が新たな研究テーマになりますので。

翌日は中国出張という忙しい時間を割いていただいた稲見先生に、お約束の「ろくろを回すポーズ」をとっていただいた
おまけ:DCEXPOではニコニコ動画のタグをポストイットにした「リアルタグ」が配布されており、透明プリウスにも「ね、簡単でしょう?」「プロの犯行」「なるほど、わからん」などたくさんのタグが貼り付けられていた

撮影者紹介

松岡洋は日本のポップカルチャー情報を発信するONETOPI「日本のポップカルチャー」のキューレーター。海外で起きている日本ブームについて「なぜ日本に魅せられたのか」を調査し、ONETOPIで紹介している。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2403/01/news052.jpg スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  2. /nl/articles/2403/01/news159.jpg 薬剤師は「医者憧れ」「そいつが見たって薬変わらへん」 バラエティー出演芸人の発言に批判殺到 かまいたち濱家らが相次ぎ謝罪
  3. /nl/articles/2308/31/news023.jpg 庭の草刈り中に小さな卵を発見、孵化させてみたら…… 命の誕生の記録に「すごい可愛い!」「すてきな家族」
  4. /nl/articles/2403/02/news015.jpg 生後2カ月赤ちゃん、ミルクを飲むとなぜか“信じられないほどカメラ目線”に かわいすぎる目力に「懐かしい〜」「たまらん!」
  5. /nl/articles/2308/13/news007.jpg 脱皮に失敗したセミを助けたら…… “ありえない姿に大変身”した姿に感嘆の声「驚きました」「貴重な映像」
  6. /nl/articles/2403/02/news025.jpg イケメンを自覚しているインコの登場シーンに「歩き方がww」「10回はリピート」 笑いをこらえきれない姿がSNSで話題
  7. /nl/articles/2403/01/news028.jpg 伝説の魚・タキタロウと出会い“人生が狂った”学生、驚きの現在が117万表示 数奇な運命に「ロマンだ」「釣りキチ三平世代には憧れ」
  8. /nl/articles/2309/27/news019.jpg 最大2キロ超の“高級カニ”が千葉で大発生!? 浜名湖の名産を都会のドブで「開始1分」採取、食す様子に反響
  9. /nl/articles/2403/02/news023.jpg 世界を旅する女性サックス奏者、外国の路上で演奏していたら…… 驚きの超展開が560万再生「音楽に国境はない」「すごい出会いと巡り合わせ」
  10. /nl/articles/2403/02/news008.jpg 赤ちゃんに、パパが本気で「モンスターズ・インク」のサリーのまねをしたら…… “100点満点”の反応が「めっちゃ可愛い」「そっくり!」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 小泉進次郎、生後3カ月の長女を抱く姿に「貴重なパパの顔」 2023年末には小泉元首相の“幸せじいじ姿”も話題に
  2. 庭にアジサイがあるなら知っておくべき!? 春になる前に急いでやりたい“大きな花を咲かせる”お手入れ術に反響続々
  3. 生まれたばかりの孫に会いに来た両親、赤ちゃんを見た瞬間号泣し…… 幸せあふれる光景に「一緒に泣いちゃいました」
  4. つんく♂、「僕の大好きな妻」と元モデル妻の貴重ショット公開 「めちゃくちゃお綺麗」と反響
  5. 小泉純一郎元首相、進次郎&滝クリの第2子“孫抱っこ”でデレデレ笑顔 幸せじいじ姿に「顔が優しすぎ」「お孫さんにメロメロ」
  6. 「ずっと手を触って」「強烈な口説きが」 グラドル、元K-1王者のセクハラ行為を“告発”→反論しバトルに 「引っ込んどけよロバは」謎の容姿罵倒で流れ弾も
  7. 2歳娘、帝王切開で入院するママの前では強がっていたが…… 離れてから号泣する姿に「いじらしくて可愛くて朝から泣いた」
  8. 業務スーパーの“高コスパ”人気冷凍商品に「基準値超え添加物」 約1万5000個販売……自主回収を実施
  9. 長女と赤ちゃんの夜のルーティンが「可愛いしか言えん」 愛が強すぎな姉から逃げる姿に「嫌いじゃないのねw」「素敵な姉妹」
  10. 「ほんと愛でしかない」「心から尊敬します」 “6男7女の大家族”うるしやま家のスーパーママ、“15人分のお弁当作り”が神業レベルで称賛の声
先月の総合アクセスTOP10
  1. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  2. パーカーをガバッとまくり上げて…… 女性インフルエンサー、台湾でボディーライン晒す 上半身露出で物議 「羞恥心どこに置いてきたん?」
  3. “TikTokはエロの宝庫だ” 女性インフルエンサー、水着姿晒した雑誌表紙に苦言 「なんですか? これ?」
  4. 1歳妹を溺愛する18歳兄、しかし妹のひと言に表情が一変「ちがうなぁ!?」 ママも笑っちゃうオチに「かわいいし天才笑」「何度も見ちゃう」
  5. 8歳兄が0歳赤ちゃんを寝かしつけ→2年後の現在は…… 尊く涙が出そうな光景に「可愛すぎる兄妹」「本当に優しい」
  6. 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
  7. 67歳マダムの「ユニクロ・緑のヒートテック重ね着術」に「色の合わせ方が神すぎる」と称賛 センス抜群の着こなしが参考になる
  8. “双子モデル”りんか&あんな、成長した姿に驚きの声 近影に「こんなにおっきくなって」「ちょっと見ないうちに」
  9. 犬が同じ場所で2年間、トイレをし続けた結果…… 笑っちゃうほど様変わりした光景が379万表示「そこだけボッ!ってw」
  10. 新幹線で「高級ウイスキー」を注文→“予想外のサイズ”に仰天 「むしろすげえ」「家に飾りたい」