ニュース
» 2012年11月02日 20時27分 公開

ネットで空前の将棋ブーム!? 竜王戦第2局、羽生三冠の解説が大人気

ハッシー事件や王座戦の△6六銀について本人の口から語られた。あの故・村山聖九段の名前も……!

[高橋史彦,ITmedia]
画像 ニコ生配信。残念ながらタイムシフト視聴には対応していない

 11月1日に行われた第25期竜王戦7番勝負第2局・2日目。ニコニコ生放送の大盤解説を羽生善治三冠が担当し、話題になった橋本崇載八段のインタビューに言及するなどライブ配信を盛り上げた。

 対局は渡辺明竜王が優勢に進め、午後2時半に勝利。“午後のおやつ”前のスピード決着となった。勝負後半には、羽生三冠が「劣勢になった丸山忠久9段は投了のタイミングが速い」と述べ、ニコ生のアンケート機能を使って「ねばる/ねばらない」を問うなど、ネットならではのやり取りもあった。

画像 ねばる:50.6% ねばらない:49.4%

 番組では「NHK杯のハッシー」に関するコメントが多く流れ、藤田綾女流初段が読み上げると、「控え室では音声が流れなく映像だけ。それでも雰囲気で何かやったんだろうなと分かった」「放送で内容を把握した。みんなが真似しだしたらどうなるんだろう(笑)」と、当時の様子を明らかにした。

カレーを箸で? 羽生伝説の真相にも言及

 700通を超える質問メールや続々と寄せられるコメントに対し、羽生三冠は随時応じていく。「食事中の脳トレのために、カレーを箸で食べるのは本当ですか?」という問いには「カレーはスプーンですよ。箸で食べたことがあるかもしれないが、スプーンがなかったから」と答えるなど、都市伝説のいくつかには終止符が打たれた。インターネットにより将棋の楽しみ方が増えたことには「5年前には考えられなかったこと」と歓迎していた。

画像 △6六銀の解説

 さらに対局が早めに終了したことから、第2部では先日の第60期王座戦第4局の解説が初手から行われ、視聴者は大盛り上がり。これは羽生三冠が劣勢の局面から「△6六銀」を繰り出し「千日手」を導いた1局で、指し直しの末に渡辺竜王から王座を取り返している。伝説の1手「▲5二銀」に並ぶ「△6六銀」は“詰めろ逃れの詰めろ”の手。詰めろとは「攻めの手番だと詰んでしまう状態」のことで、受けるか王手をかけるかしないと決まってしまう。△6六銀は「最後の最後にみつけた手」であり、「いけるかどうかは半信半疑」「ほかに手がなかった」と、本人の口から語られ、ファンには思わぬ大収穫となった。

 また、試合序盤の居飛車と四間飛車の形勢が、本局の観戦記を記した河口俊彦七段と故・村山聖九段による20年以上前の対局と同じ形であることなど、羽生三冠が「村山くん」とコメントしながら丁寧に解説する姿に感嘆の声が上がっていた。

画像 ネット中継により新たなファンが参入している

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2106/14/news065.jpg 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. /nl/articles/2106/13/news025.jpg アントニオ猪木、腸の病気で再入院も“闘魂”消えず 「本当に強い人」「復活劇の始まり」と不屈の姿に反響
  3. /nl/articles/2106/13/news004.jpg 子猫「ねぇねぇ」先輩猫「コラー!」 子猫のちょっかいを教育的指導する先輩猫の“お怒りポーズ”が面白い
  4. /nl/articles/2106/14/news084.jpg 肺がん手術の広田レオナ、リハビリ中を襲う苦痛に意気消沈 道端にへたり込んで悲鳴「やたらと心臓も痛い」
  5. /nl/articles/2106/14/news051.jpg 日本マクドナルド50周年で歴代人気バーガー3種が復活! 「ジューシーチキン 赤とうがらし」「テキサスバーガー2021」「トリチ」
  6. /nl/articles/1809/15/news037.jpg 「クソデブ」「痩せたモデルを出せ」 渡辺直美、グッチの公式インスタが大炎上にもブレない姿勢が反響呼ぶ
  7. /nl/articles/2106/14/news048.jpg 大好きなお父さんが帰宅すると、猫が駆け寄って…… 寄り添って甘える猫ちゃんのお出迎えがうらやましい
  8. /nl/articles/2106/14/news081.jpg 田中将大の愛妻家ぶりを妻・里田まいと息子がレポート “父の日”テストの回答が「尊い」「最高」「泣きそう」と反響
  9. /nl/articles/2005/06/news010.jpg 病床の少女に死神が迫る→連れて行くどころか看病するオカン死神の漫画にほっこり
  10. /nl/articles/2106/14/news036.jpg 外出自粛で健康診断が“見たことのない数字”に 自宅最高と思っていたらヤバいことになった実録漫画が人ごとじゃない

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  2. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」
  3. 熊田曜子、“離婚決意”後初の動画で銀座ホステスに 「極妻」の不用意発言に苦言も
  4. 「お」「ま」「ち」「こ」「う」「ん」の文字が書かれたダイスを振って役を作る神ゲー「んこダイス」登場 → 「ドラクエ」を抜いてSteam売上1位に
  5. 注射前は“無”の表情だったワンコ、帰りの車では…… 無敵になったワンコの表情ビフォーアフターが面白い
  6. めちゃくちゃ煽ってくる「GR スープラ」を捉えた1枚の写真が話題に モニターに映し出される「ようこそ、親の脛かじりさん」イタズラ 仕掛け人は父親
  7. 美術館に侵入する黒猫と警備員の攻防戦、4年の時を経て…… 「また来たニャ」な猫ちゃんと優しいスタッフのやりとりがあたたかい
  8. 子猫「おねがい、おねがい!」 ごはんの前でおねだりをする子猫ちゃんがかわいい!
  9. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  10. 「1万曲入りiPodをオークションに出したら飛ぶように売れた」 宮下崇『連続起業家のTHEORY』が物議、会社側は「事実確認中」

先月の総合アクセスTOP10