ニュース
» 2012年11月06日 16時40分 公開

誕生日に11万円自腹か、それとも…… Twitterでフォロワーを巻き込んだ「プレゼントチキンレース」

総取りか、大負けかの挑戦。結果は!

[ITmedia]

 誕生日といえばプレゼントがもらえるチャンス。先日、あるTwitterユーザーがインターネットの繋がりを生かした試みを企て、ドラマチックな結末を迎えていました。

 エヒタさんが企画したのは「プレゼントチキンレース」。500円のトイレットペーパーから230万円のロレックスまで約30点を登録したAmazonのほしい物リストを公開し、プレゼントを募るというもの。ポイントは、11日4日の誕生日にあわせてプレゼント総額の目標を11万4000円に設定したこと。24時間以内にフォロワーからのプレゼントが設定額を超えれば、エヒタさんの「負け」。贈られたプレゼントすべてに加え、自腹で11万4000円分のギフト券(500円×228枚)を用意し、抽選で再配布する――総取りか、大負けかの挑戦です。

 「絶対負ける」「自腹確定ではないか」と発案者不利の予想が飛び交うなか、勝負がスタート。「【プレゼントチキンレース】 現在のプレゼント総額……¥6,220 エヒタ敗北まで……¥107,780 頂いたもの…めんつゆ、エリエール×2、TENGA×3、ダンボー、コンドーム144個 #プレチキ」などと、状況はTwitterで逐一報告され、午前11時に約2万5000円、午後4時で約4万5000円と勢いも上昇。夕方には早速一部の商品が届きだし、ギリギリのペースに緊張感が高まります。

 終盤になると「総額がラスト1万円を切った場合、1万円以下のプレゼントは無効」という新ルールが追加され、午後9時半に発動。最後の一撃をインパクトがあるものにすべくフォロワーたちも盛り上がっていきます。そして、午後10時半に「先ほどプラクラ空気清浄機をプレゼントさせて頂きました。おめでとうございました!」と空気清浄機が投下され、チキンレース終了。ついに目標額をオーバーしました。

 翌日、続々と届く商品がツイートされていました。これらすべてを再配送する苦労を思うと……。一連のイベント模様は本人によりTogetter「誕生日に11万4000円を失う話」にまとめられ、10万ページビューの人気となっています。

画像 愛はカタチになったものの……

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響