ニュース
» 2012年11月26日 18時52分 公開

なぜ今“移動映画館”なのか? 東京・中目黒に誕生した「中目黒シネマズ」をのぞいてきた

2013年1月より本格始動予定。「アニー・ホール」を上映したプレイベントは満員御礼という結果に。

[池谷勇人,ITmedia]

 映画館のない街・中目黒に初の“移動映画館”がオープンする。中目黒の街全体を映画館とし、月に1度、無料で映画を上映するプロジェクト「中目黒シネマズ」のプレイベントが11月24日行われた。

 中目黒シネマズについてはこちらの記事でも書いたが、なんとなく面白そうだったので遊びに行ってみた。上映作品はウディ・アレン監督の代表作「アニー・ホール」。前後には映画文筆家・松崎健夫さんと映画解説者・中井圭さんによるトークショー「初めてでもわかるウディ・アレン論」も開催。そういえば「アニー・ホール」は好きだけど、他のウディ・アレン作品って見たことなかった気がする。

画像 区民ホールの一室にプロジェクターが設置され、即席の映画館に

 会場に使われたのは、目黒区青少年プラザ内のレクリエーションホール。定員65人と聞いていたが、開場15分前くらいに行ってみると、すでに40人くらいが入場列に並んでいた。後で聞いたら、最終的には100人以上が集まり、定員オーバーで入れなかった人もいたとのこと。中はホールというより小さな公民館のようで、正面の壁に大きなスクリーンが据え付けられていた。床にはラグが敷いてあり、観客はイスではなく床にぺたりと座って映画を見る。昔の映画上映会とかもきっとこんな感じだったんだろう。

画像 松崎健夫さん(左)と中井圭(右)さん。中井さんはイベント企画者の1人でもある

 主催者の挨拶に続いて、まずは松崎さん、中井さんによるトークショウがスタート。ご存じのとおり、アニー・ホールは1977年のアカデミー賞作品。「でも、この年はほかにすごい作品があったんです。何だかわかりますか?」と松崎さん。首をひねっていると、後ろの方から「スター・ウォーズ!」という声があがった。ええっ、そうなのか!

「そうなんです。この年は『スター・ウォーズ』があったのに、『アニー・ホール』が作品賞を受賞してるんです」(松崎さん)

 おおお、そう聞くとあらためてすごい作品なんだと思えてくる。その後も松崎さんを中心に、ウディ・アレンのユニークな経歴や、なぜこれほど多くの人に評価され、愛されてきたかを解説。もともとはギャグライター出身で、コメディアンとして活動していた時期もあった、ヒロインを演じるダイアン・キートンはウディ・アレンの元恋人だが、「アニー・ホール」の撮影時点ではもう別れていた――などなど。無料なのにプロの解説まで聞けるなんて、なんともぜいたくなイベントだ。

画像 トークショウでは聞き役に徹していた中井さん。「実生活で別れた2人、という結果を知ってから観るのも面白いですよね」

画像 さまざまな視点からウディ・アレンの魅力を語った松崎さん。「監督・脚本・主演を継続して40年もやり続けている人というのは、世界中でもウディ・アレンだけなんです」

 30分ほどのトークののち、いよいよ「アニー・ホール」上映。作品の内容についてはいまさら説明するまでもないだろう。今回はBlu-ray上映だが画質は十分で、スクリーンが近いので映画館並みの迫力が楽しめた。スクリーン位置の関係上、後ろの方に座った人からは「字幕が見えにくい」という指摘もあったが、このあたりは次回以降の課題となりそうだ。

 とは言え、やっぱり大勢で1カ所に集まって映画を見るという体験は貴重。「アニー・ホール」のような古い作品となればなおさらだ。もともとはトークショウにも参加していた中井さんの発案で、「映画産業全体が右肩下がりにある中、みんなで暗がりでひとつの映画を見る楽しさを、もっと多くの人に知ってほしかった」という。本イベントは中目黒の町おこし企画「中目黒村マルシェ」の一環として行われているが、町おこしだけでなく「映画おこし」の側面もある。「若い人の中には、映画は家で見るものだと思ってる人も多い。でもやっぱり、みんなで映画を見るのって楽しいじゃないですか」(中井さん)

 今後の予定としては、12月下旬に2回目のプレイベントを開催し、2013年1月には本格スタートを目指す。以降は月に1〜2回のペースで、さまざまな名作を無料上映していきたいとのこと。

画像 「中目黒シネマズ」公式サイト

撮影/堀場俊孝

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2106/14/news065.jpg 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. /nl/articles/2106/13/news025.jpg アントニオ猪木、腸の病気で再入院も“闘魂”消えず 「本当に強い人」「復活劇の始まり」と不屈の姿に反響
  3. /nl/articles/2106/13/news004.jpg 子猫「ねぇねぇ」先輩猫「コラー!」 子猫のちょっかいを教育的指導する先輩猫の“お怒りポーズ”が面白い
  4. /nl/articles/2106/14/news084.jpg 肺がん手術の広田レオナ、リハビリ中を襲う苦痛に意気消沈 道端にへたり込んで悲鳴「やたらと心臓も痛い」
  5. /nl/articles/2106/14/news051.jpg 日本マクドナルド50周年で歴代人気バーガー3種が復活! 「ジューシーチキン 赤とうがらし」「テキサスバーガー2021」「トリチ」
  6. /nl/articles/1809/15/news037.jpg 「クソデブ」「痩せたモデルを出せ」 渡辺直美、グッチの公式インスタが大炎上にもブレない姿勢が反響呼ぶ
  7. /nl/articles/2106/14/news048.jpg 大好きなお父さんが帰宅すると、猫が駆け寄って…… 寄り添って甘える猫ちゃんのお出迎えがうらやましい
  8. /nl/articles/2106/14/news081.jpg 田中将大の愛妻家ぶりを妻・里田まいと息子がレポート “父の日”テストの回答が「尊い」「最高」「泣きそう」と反響
  9. /nl/articles/2005/06/news010.jpg 病床の少女に死神が迫る→連れて行くどころか看病するオカン死神の漫画にほっこり
  10. /nl/articles/2106/14/news036.jpg 外出自粛で健康診断が“見たことのない数字”に 自宅最高と思っていたらヤバいことになった実録漫画が人ごとじゃない

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  2. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」
  3. 熊田曜子、“離婚決意”後初の動画で銀座ホステスに 「極妻」の不用意発言に苦言も
  4. 「お」「ま」「ち」「こ」「う」「ん」の文字が書かれたダイスを振って役を作る神ゲー「んこダイス」登場 → 「ドラクエ」を抜いてSteam売上1位に
  5. 注射前は“無”の表情だったワンコ、帰りの車では…… 無敵になったワンコの表情ビフォーアフターが面白い
  6. めちゃくちゃ煽ってくる「GR スープラ」を捉えた1枚の写真が話題に モニターに映し出される「ようこそ、親の脛かじりさん」イタズラ 仕掛け人は父親
  7. 美術館に侵入する黒猫と警備員の攻防戦、4年の時を経て…… 「また来たニャ」な猫ちゃんと優しいスタッフのやりとりがあたたかい
  8. 子猫「おねがい、おねがい!」 ごはんの前でおねだりをする子猫ちゃんがかわいい!
  9. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  10. 「1万曲入りiPodをオークションに出したら飛ぶように売れた」 宮下崇『連続起業家のTHEORY』が物議、会社側は「事実確認中」

先月の総合アクセスTOP10