ニュース
» 2012年11月27日 09時00分 公開

国会図書館が貴重な音源を公開! 歴史的音源約1万3千点のデジタル化が完了

国立国会図書館は「国立国会図書館デジタル化資料」に歴史的音源を追加すると発表した。

[livedoorニュース]
livedoorニュース

3連休突入前の11月22日、国立国会図書館は同図書館の「国立国会図書館デジタル化資料」に歴史的音源を追加するという発表を行った。その数、実に約1万3千点というのだから驚きだ。もともとアナログ音源として存在していたサウンド類をデジタル化したとはいえ、かなりの手間であることは想像に難くない。

例えば、このデジタル化作業に年間220日間を費やしたとして、1日当たり60本のアナログ音源をデジタル化する必要がある(あくまで机上の計算)。1本デジタル化するのに30分程度かかったとして一人での作業なら1時間に2本、1日あたり8時間働いたとして16本/日だ。

4人で作業していれば1日に64本、で1年間かけてようやくデジタル化が完了する計算だ。110日で作業するなら、一人当たり1日120本程度のデジタル化を行うか人数を8人まで増員する必要がある。これは全員の作業ペースが同じレベルだと仮定した場合であって、個人差を考慮すると、もっと時間がかかってもおかしくはない。

貴重な歴史的音源とはいえ、膨大な数の音源をデジタル化するには、先述したようなかなりの手間ヒマと人材が投入されていることがわかる。しかし、こういう貴重な資料は、後世に伝えて行く必要があるので、今後も地道にコツコツと積み上げて行っていただきたいものだ。

なお、デジタル化された歴史的音源は、国立国会図書館のほか、全国約90館の歴史的音源配信参加図書館で利用できるようになっている。また、インターネット経由では、741点のデジタル化された音源を参照できる。

ほかにも国立国会図書館憲政資料室が所蔵する近現代の日本の政治家・官僚・軍人などが所蔵していた書簡・書類・日記等のうち、約140点が「国立国会図書館デジタル化資料」で検索・閲覧できるようになった。またこれまで国立国会図書館の“館内限定”で提供していたデジタル化資料のうち、著作権処理が終了した図書約1万8千点をインターネット公開する。これにより、国立国会図書館が提供するデジタル化資料の総数は約220万点、うちインターネット経由で利用できる総数は約43万点になる。

記事提供元:ITライフハック

関連キーワード

国会図書館 | デジタル化 | 歴史


livedoor CC-BY-ND

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」