ニュース
» 2012年11月27日 10時18分 公開

“月を爆破する”!? 米国が冷戦中に企てた秘密作戦とは

「1950年代末、米国は核で月を爆破する計画を立てていた」とデイリー・メール紙が伝えている。

[livedoorニュース]
livedoorニュース

イギリスのデイリー・メール紙は25日、冷戦中アメリカが進めていた月爆破計画について報じている。

「SF小説のように聞こえるだろうが、1950年代末、米国は核で月を爆破する計画を立てていた」と始まる記事は、その作戦名を「月探査飛行の研究」だったと伝えている。

「プロジェクトA119」という別称を持つこの秘密作戦は、核を搭載したミサイルを月にぶち込み、その際に起きる核閃光をソ連側に見せつけ、威嚇することが目的だったという。

また、記事では、NASA副局長を務めた物理学者・レオナード・レイフルが、2000年AP通信のインタビューで「核閃光を見せることは、スプートニク号以降の米国にとって、ソ連への牽制と自信回復の効果があっただろう」、「空軍が大陸間弾道ミサイルを保有した1959年に作戦を実行しようとしたが、失敗した場合、地球への影響や、月面被曝の恐れを理由に中止となった」と話したことを伝えている。

スプートニク号は、1957年ソ連が米国に先立って撃ち上げた世界初の人工衛星で、テクノロジーにおける優位性を確信していた当時の米国に大きな衝撃を与えた。同計画には当時大学院生だった天文学者のカール・セーガンも関わっていたという。 

なお、AP通信の問い合わせに、米空軍はコメントを拒否している。

【関連記事】

【関連情報】

記事提供元:livedoorニュース

関連キーワード

アメリカ | 宇宙


livedoor CC-BY-ND

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響