ニュース
» 2012年12月13日 15時56分 公開

今夜はふたご座流星群! 観測には最高の条件 たくさん見られる観測方法は?

流れ星をたくさん見るにはどこを見たらいい?

[ITmedia]

 12月13日夜から14日明け方にかけて、ふたご座流星群がピークを迎える。気象協会によると、全国的に晴れるところが多く、新月で月明かりが少ない「観測に最高の条件」。

 流れ星は午後8時ごろから見え始め、1時間に数十個見られる予想とのこと。肉眼で楽しめる天体ショーとしては、今年最後になるかもしれないそうだ。

画像 肉眼で楽しめる天体ショーとしては今年最後!?

 国立天文台は「ふたご座流星群を眺めよう」というサイトで、観測の仕方を紹介している。

 理想的な観測場所は、街灯など人工の明かりが少なく、できるだけ空が広く見渡せるところ。眺める方向は気にせず、空の広い範囲に注意を向けた方が、より多くの流れ星をとらえやすくなるそうだ。目を暗さに慣らす意味でも、最低15分は観測することを勧めている。

画像 22時ごろの放射点は東の空にあって、離れたところに長い光の筋が見られる(提供 国立天文台)

 長い軌跡を描く流れ星は、放射点(流星が飛び出してくるように見える点)のあるふたご座から離れた方向で見られるとのこと。星が流れるのを前後からではなく、横から見ることになるからだ。ふたご座はオリオン座のやや左にあって、午後10時ごろまでは東の空に見られる。

画像 気象協会の星空指数。外へ飛び出したくなる

 気象協会は、ピークの時間帯は全国的に冷え込むため、温かい服装で、温かい飲み物を用意して、天体ショーを楽しむことを勧めている。

関連キーワード

天文 | 流星群 | 天気 | 日本気象協会


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響