ニュース
» 2012年12月13日 15時56分 公開

今夜はふたご座流星群! 観測には最高の条件 たくさん見られる観測方法は?

流れ星をたくさん見るにはどこを見たらいい?

[ITmedia]

 12月13日夜から14日明け方にかけて、ふたご座流星群がピークを迎える。気象協会によると、全国的に晴れるところが多く、新月で月明かりが少ない「観測に最高の条件」。

 流れ星は午後8時ごろから見え始め、1時間に数十個見られる予想とのこと。肉眼で楽しめる天体ショーとしては、今年最後になるかもしれないそうだ。

画像 肉眼で楽しめる天体ショーとしては今年最後!?

 国立天文台は「ふたご座流星群を眺めよう」というサイトで、観測の仕方を紹介している。

 理想的な観測場所は、街灯など人工の明かりが少なく、できるだけ空が広く見渡せるところ。眺める方向は気にせず、空の広い範囲に注意を向けた方が、より多くの流れ星をとらえやすくなるそうだ。目を暗さに慣らす意味でも、最低15分は観測することを勧めている。

画像 22時ごろの放射点は東の空にあって、離れたところに長い光の筋が見られる(提供 国立天文台)

 長い軌跡を描く流れ星は、放射点(流星が飛び出してくるように見える点)のあるふたご座から離れた方向で見られるとのこと。星が流れるのを前後からではなく、横から見ることになるからだ。ふたご座はオリオン座のやや左にあって、午後10時ごろまでは東の空に見られる。

画像 気象協会の星空指数。外へ飛び出したくなる

 気象協会は、ピークの時間帯は全国的に冷え込むため、温かい服装で、温かい飲み物を用意して、天体ショーを楽しむことを勧めている。

関連キーワード

天文 | 流星群 | 天気 | 日本気象協会


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む