ニュース
» 2013年01月14日 14時21分 公開

デス・スターは作りません――国民の陳情にホワイトハウスが公式マジレス

お金がかかるので……。

[ITmedia]

 「スター・ウォーズ」の宇宙要塞「デス・スター」を作ってほしい。そんな国民の陳情に、アメリカ政府が公式回答しました。その答えは「ノー」。

 陳情はホワイトハウスの陳情受け付けサイトに提出されたもの。雇用創出につながり、国防強化にもなるとして、2016年までにデス・スターの建設を始めてほしいと訴えていました。

陳情のページ

 ホワイトハウスは「雇用創出と国防強化は我々も望んでいますが」としつつも、近いうちにデス・スターを建設することはないと答えています。理由は3つで、1つはお金。デス・スターの建設費は推定で852京ドル。政府は債務の削減に励んでいるところで、そんな巨額の資金を投入することはできません。

 あとの2つは「政府は惑星の破壊を支持していません」「1人乗りの宇宙船に付け入られるような根本的な欠陥のあるデス・スターに、なぜ多額の税金を投じるのでしょうか」というもの。

 デス・スター建設をすっぱりと断ったホワイトハウスですが、国による宇宙探査が進んでいることや、大統領が科学・宇宙分野を将来の重要分野ととらえていることなどに触れてフォロー(?)しています。「もしもあなたが科学、技術、工学、数学関連の分野でキャリアを追求しているのなら、フォースは私達とともにあるでしょう。デス・スターの星を破壊する力も、フォースの前には取るに足らないということを思い出してください」

photo:Frickr/artifishall

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた