ニュース
» 2013年01月25日 22時19分 公開

「マンガ大賞2013」ノミネート作品発表 ゲーム好き必読の「ハイスコアガール」が一押し!ねとらぼ知ったかぶり

90年代アーケードゲームとラブコメの素晴らしき融合「ハイスコアガール」を紹介します。

[黒木 貴啓,ITmedia]

 ねとらぼの人気記事をランキングでお届けする「ねとらぼ知ったかぶり」。トップは「お父さん作の超難関迷路」でした。ほかにも今週は「マンガ大賞2013」ノミネート作品が発表されましたね。今回はその中から、ゲーム好きな方にオススメの「ハイスコアガール」を紹介したいと思います。

 「ハイスコアガール」は90年代のゲームセンターを舞台にしたラブコメ漫画。主人公であるゲームだけが取り柄のダメ男子小学生が、ゲーセンで1人の強敵に惨敗するところから物語は始まります。相手はなんと同じクラスの成績優秀・お金持ちのお嬢様。唯一の得意分野で負けたくないと、主人公は対抗意識を燃やすように。2人がぶつかり合いながらも、ゲームを通じて少しずつ仲良くなっていく物語です。

画像 スクウェア・エニックス公式サイト「ハイスコアガール」

 「ハメ技」「片手プレイ」などの言葉が飛び交ったり、駄菓子屋のゲーム筺体が壊れていたりと、至る所で描かれるアーケードゲームの「あるある」が、読み手をノスタルジックな気持ちにします。

 「ゲーム×ラブコメ」もしっかり成立。女の子が壊れた筺体でゲームをクリアし、その投げ出さない姿勢に男の子が敬意を感じるなど、2人はゲームを通じてお互いを知っていきます。

 なんといっても胸に来るのは、ゲームキャラを使って主人公の背中を押す演出。主人公の心の中にストIIのガイルが現れて「お前の気持ちはそれだけか!?」と叱咤するなど、遊んできたゲームキャラの応援で、彼は自分の気持ちに正直になっていきます。ゲームと恋の相乗効果に、涙腺がK.O.です。

 同作は今のところ3巻まで発売中。1巻ごとに物語が一区切りつくので、まずは1巻だけでも読んでみてはどうでしょう。スクウェア・エニックス公式サイトでも試し読みができます。

 また90年代ゲームの懐かしさにどっぷり浸かりたい人は、作者・押切蓮介さんのコミックエッセイ「ピコピコゲーム少年TURBO」もオススメ。ハイスコアガールの前身作としても十分楽しめます。1〜2話が太田出版の無料漫画サイト「ぽこぽこ」で読めるので、こちらもどうぞ!

関連キーワード

ゲーム | ゲームセンター | アーケード


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「竜とそばかすの姫」レビュー 危険すぎるメッセージと脚本の致命的な欠陥
  2. 笠井アナ、日比谷公園で「信じられないことが…」 サンドイッチを狙う集団に「何? えーっ! まさか、それはないでしょ!」
  3. 62歳の宮崎美子、マクドナルドCMで初々しい中学生少女を見事に演じる 「暖かい目でぜひ見てください」
  4. 瀕死のスズメのヒナを助けたのに…… 「助けたヒナたちに完全にナメられた」動画がほほえましくて面白い
  5. ハート打ち抜かれました! コロンビアのアーチェリー女子選手が「かわいい」「エルフ」と注目の的に
  6. 散歩中のラブラドール、助けを求める子猫を発見→保護 親子のような仲むつまじいふたりに涙が出る
  7. 宮迫博之、美容整形から2週間のビフォーアフター公開 手術直後の腫れ&炎症だらけな顔に「暴漢に遭ったんかって」
  8. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  9. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  10. 「本人にしか見えない」「めっちゃ似てる」 霜降り明星せいや、オリンピック開会式に“ガチのそっくりさん”を発見する