ニュース
» 2013年04月04日 16時41分 公開

思春期に刺激が多いと脳の左右差が促進されるらしい

理化学研究所がラットの実験で確認。

[ITmedia]
photo

 右脳人間、左脳人間なんていうように、人の脳が左右それぞれ違う働きをしているということは有名です。こうした脳の左右差を生み出す理由の1つに、“思春期の体験”がある――そんなことを示唆する実験結果を、理化学研究所が発表しました。

 同研究所は今回、「思春期に刺激の多い環境で過ごすと脳に左右差が出現することを発見」したそう。ラットによる実験で分かったもので、飼育環境という外的因子で脳の左右非対称性が促進されることが確認できたんだとか。

 研究チームは今回、生後3〜6週目のラットを「隔離飼育群」(1匹だけでゲージ飼育)と「豊かな環境飼育群」(遊具付きゲージで集団飼育)に分けて、マウスの海馬(CA1領域)の脳波活動を計測。その結果、豊かな環境飼育群では、脳波の1つであるγ(ガンマ)波の振幅が大きくなり、なかでも“右側”の振幅が左側に比べてより大きくなったそうです。また、海馬のシナプス密度を調べてみると、右側が左側より明らかに密になっていました。

 もともと過去の研究で、「豊かな環境飼育」下にある思春期のマウスやラットは空間記憶や学習能力(いずれも海馬が関わるとされる能力)が向上することは分かっていました。今回は海馬の“左右”にスポットを当て、その違いを観察することで、思春期の刺激と脳の左右差の関係性を新たに見つけたということです。こうした一連の研究成果は、言語野が左にあるといったヒト脳の左右差の仕組み解明に役立つことが期待できるといいます。

関連キーワード

| 研究機関 | 理化学研究所(理研)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「彼氏に撮ってもらった」→窓ガラスに写った真実は…? アクロバティックな詐欺写真に「笑った」「器用な彼氏」
  2. 「俺も昔はワルだった」「へぇ〜 今日は当時の被害者を呼んでます」 女子高生がかわいさ全開で鉄槌をくだす漫画「正義のミカたん」
  3. 叶恭子、美女に擬態した『鬼滅の刃』鬼舞辻無惨コス マーベラスな着物姿に「すごい…妖艶すぎる」「完璧」
  4. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  5. 「助かりました」「早速実践します」 小児科医が教える“はがれにくい絆創膏の貼り方”が使えると話題に
  6. ステキな週末のパパ……! 荒ぶる子猫たちに囲まれたパパ猫の“無”の表情に「わかる」「私だ」と共感の声
  7. ClariS、デビュー10周年でメディア初の顔出し ファンからは「やっぱり美人さんやん!」「かわいい〜〜!!!!」
  8. 鮭ってこんなに種類あったのか! サーモン会社が投稿した「鮭の比較」画像が「買い物に便利」と話題
  9. 「貴方ならもっといける」「絶対に神絵師になれる」 応援コメント糧に10カ月で神絵師へと成長した人が話題に
  10. 中村江里子、フォロワー10万超のインスタが消滅 「どうにもならない気持ちでいっぱい」「一体、何の目的で?」