ニュース
» 2013年07月31日 08時37分 公開

美人ロシア人コスプレイヤー独占インタビュー海外コスプレ事情

ロシアで人気がある日本の作品は「ワンピース」が断トツ――ロシアのコスプレイヤーに聞いてみた。

[Tokyo Otaku Mode]
tokyoOtakuMode

 今年の4月28日、ロシアにて日本文化を広めることを目的としたイベント、HINODE2013が開催された。このイベントでは、毎年夏に日本の愛知県で行われる世界コスプレサミットに参加できるロシア代表ペアが選考されている。今回の記事では、残念ながら代表には選ばれなかったものの、「鉄拳」のコスチュームで演じたプロレス風のパフォーマンスが高く評価されて見事別のイベントへ参加するための来日のチャンスを手に入れたペアのコスプレイヤーにお話を聞いた。ジェイシー(JAYCEE)のコスプレを担当したエカテリーナ・ポリガロヴァさん(EKATERINA POLYGALOVA)と、ニーナ・ウィリアムズ(NINA WILLIAMS)のコスプレを担当したアナスタシア・グルコヴァさん(ANASTASIA GLUSHKOVA)のお二人だ。


――コスプレを始めようと思ったきっかけは何ですか?

Anastasia: 最初は他の人と同じように、日本のアニメが好きという理由で興味をもつようになりました。しだいに、ただ見るだけでは物足りなくなって……。そうなってくると、絵が上手な人はイラスト、文章の得意な人は小説というふうに、それぞれの分野で創作活動を始めますよね。私たちは、裁縫が得意なのでコスプレのための衣装を作るようになったんです。

――確かに、衣装にすごくこだわっていらっしゃいますね。服を作るのがお好きなのですか?

Anastasia: 大好き! コスプレの衣装だけじゃなくて、普段着まで作っちゃうくらい。私たちのように、マンガやアニメといった日本文化が好きな人は、普段からカラフルな色使いの可愛いファッションを好みます。大部分の人はアニメから情報を得ているようですが、最近はJ-POPアーティストの衣装から入る人も増えていますね。

――ちなみに、ロシアで人気がある日本の作品は何ですか?

Anastasia: 「ワンピース」が断トツ! コスプレイヤーの間では、ボーカロイドや「トリニティーブラッド」、「黒執事」なども人気です。10年前に比べるとマンガの出版量は増えましたが、今でもマンガよりもアニメを見て興味を持つようになる人のほうが多いです。

――ロシアのコスプレ事情について教えてください。

Anastasia: 大都市ではコスプレイベントを定期的に開催しています。そういったイベントでは、日本と同じように、人気の高いコスプレイヤーを何人ものカメラマンが囲んで撮影している様子も見られます。インターネット上で出会ったコスプレ仲間たちで、プライベートのパーティーをすることもありますよ。

Ekaterina: ロシアのコスプレイヤーにも世代があります。古い世代は衣装を作るだけでなく、作品そのもののストーリーを理解したうえで、自分なりの新しい世界観を付加しようと真剣に取り組みます。ただし、自分を見せたいという自己満足だけではなく、お客さんにも楽しんで欲しいという意図があるので、パフォーマンスにも力を入れますし、小道具や舞台まで作っちゃいます。それとは対照的に、今の若い世代は衣装を着てカジュアルに楽しんでいる人が多いですね。ファン層の拡大に繋がるし、こんな風にコスプレイヤーの数が増えるのは嬉しいことです。参考にできるコスプレイヤーが増えるし、相互に刺激し合う状況が生まれますから。

――世界コスプレサミットの予選はどうでしたか?

Ekaterina: 日本で行われるサミットへの参加権が得られる大会なので、ロシアの代表として恥ずかしくないよう真剣に取り組みました。衣装の準備には半年、パフォーマンスのためのプロレスの特訓にはさらに2カ月を費やしました。残念ながら今年は世界コスプレサミットの選抜メンバーに残れなかったにも関わらず、日本での別イベントへ参加する機会を与えてくれたことに非常に感謝しています。日本での活動を通して、ロシアのコスプレ文化を伝えることが出来たと思います。

――来年の世界コスプレサミットに向けての意気込みをどうぞ。

2人: 今年は残念ながら選抜されませんでしたが、来年はさらにレベルアップした姿を見て頂けるよう頑張ります!


 メイド喫茶やコスプレイベントなど、日本発祥の文化がどんどん広まっているロシア。中でも、コスプレは日本人も大絶賛するほどのクオリティを誇り、盛り上がりを見せている。今後も、TOMではロシアのコスプレ事情に注目していきたい。

英文:Tell Us About Russian Otaku! Exclusive Interview with Beautiful Russian Cosplayers

© Tokyo Otaku Mode Inc.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2110/25/news149.jpg 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  2. /nl/articles/2110/24/news050.jpg 庄司智春、愛車ダッジ・チャレンジャーが廃車に ガソリンスタンドで炎上、ボンネットから発煙し「やばい」
  3. /nl/articles/2110/25/news079.jpg 浜崎あゆみ、帝王切開の経験を告白 「お腹の傷を愛おしく誇りに思う」と“消えない偏見”に思いつづる
  4. /nl/articles/2110/25/news007.jpg 「ロード・オブ・ザ・リング」の重要アイテムがカプセルトイで登場 “ひとつの指輪”も手に入ってしまう
  5. /nl/articles/2110/25/news051.jpg 「アッ...アッ......困りますお客さま…!」 子猫を迎えて2日目、すっかり懐いて飼い主を無事メロメロにしてしまう
  6. /nl/articles/2110/24/news049.jpg 本田望結、小型船舶免許を取得し免許証を公開 姉・真凜もびっくり「凄っ、知らんかったって笑」
  7. /nl/articles/2110/23/news032.jpg 『ちいかわ』が“幸福論を問う作品”であるという決定打 なぜ「オフィスグリコちゃんのカエル」でTwitterがどよめいたのか
  8. /nl/articles/2110/24/news027.jpg 所さんのピンクのフィアット500が事故で「水没」 めっちゃかっこいい、からの「普通に失敗しちゃうところも好き」の声
  9. /nl/articles/2110/24/news044.jpg 深田恭子、2022年のカレンダーで花に囲まれた美女ショット ファン「美しすぎる」「来年も一緒に過ごします!」
  10. /nl/articles/2110/21/news028.jpg 本当にあったZoomの怖い話 母がうっかりカメラON、100人に実家が丸見えになった実録漫画が地獄みしかない

先週の総合アクセスTOP10

  1. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  2. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  3. 有吉弘行、妻・夏目三久との“イラストショット”を公開 蛭子能収からのプレゼントに「下書きも消さずにうれしい!!」
  4. 「印象が全然違う!」「ほんとに同じ人なの!?」 会社の女性に勧められてヘアカットした男性のビフォーアフター動画に反響
  5. 梅宮アンナ、父・辰夫さんの看板が黒塗りされ悲しみ 敬意感じられない対応に「残酷で、余りにも酷い行為」
  6. 子猫が、生まれたての“人間の妹”と初対面して…… 見守るように寄り添う姿がキュン死するほどかわいい
  7. 工藤静香、バブルの香り漂う33年前の“イケイケショット” ファンからは「娘さんそっくり」「ココちゃん似てる」
  8. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  9. 後藤晴菜アナ、三竿健斗との2ショット写真で結婚を報告 フジ木村拓也アナ、鷲見玲奈アナからも祝福のコメント
  10. 「とりあえず1000個買います」 水嶋ヒロ、妻・絢香仕様の“白い恋人”に財布の紐が緩みまくる