艦これ艦娘“戦歴的”プロフィール「三隈」編ほかの姉妹より幸せだったかも

その経歴から「薄幸の艦娘」と思われがちだったりするが、いやいや、けっこう充実した戦いぶりだったんじゃないのかなあと。

» 2013年10月21日 09時15分 公開
[長浜和也,ねとらぼ]
※本記事はアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

軍令部の性能要求ブラック過ぎる

 艦隊これくしょんの9・25システムアップデートで“第5-2海域ドロップ”となった重巡洋艦「三隈」は、最上型2番艦にして1935年(昭和10年)8月29日三菱長崎造船所の生まれ。最上型の4姉妹は、最初(書類上はずっと)主砲に15.5センチを採用した軽巡洋艦として登場して、途中20.3センチ砲に換装した。こんなややっこしいことになった理由は、各国海軍が保有できる軍艦の“量”(数でないことに注意)を制限した「ロンドン海軍軍縮条約」が1930年(昭和5年)にできたため。

「艦これ」の「三隈」

 この条約で日本は、「基準排水量1万トン以内で主砲に20.3センチまで搭載できる重巡洋艦を10万8400トンまで」「基準排水量1万トン以内で主砲に15.5センチまで搭載できる軽巡洋艦を10万450トンまで」持てることになった。ところが、当時の日本海軍は、重巡洋艦の“持分”を高雄型4隻作ったところで使い切ってしまいそれ以上重巡洋艦を作ることができない。一方、軽巡洋艦の“持分”は、あと3万5655トンだけ残っていた。

 そこで、この残りの重さで“重巡洋艦並みに強い”軍艦を1個戦隊4隻分作るため、基準排水量が8500トンで主砲に15.5センチを三連装5基15門載せた“軽巡洋艦”を設計した。これが最上型だ。当初計画では、1万トン級重巡洋艦相当の戦闘力と防御力に加えて、37ノットというこれまで以上の高速を発揮する機関を基準排水量8500トンに詰め込もうとしたが、もちろん収まるわけがない。

 過度な軽量化(もともと船体を支える骨組みの鋼材に軽量化の穴を開けていたが、さらに、その穴を増やしたりしていた)を進めた結果、1番艦「最上」と2番艦「三隈」は公試で船体亀裂、ゆがみ、砲塔旋回支障が発生して改正工事、第4艦隊事件で強度不足によるシワが発生して性能改善工事と、不具合を直すための“予備艦”時代が1938年まで続くことになる。結局、すべての工事が終わった状態で基準排水量は1万2000トン近くまで達し、公試時の最高速力は34.735ノットにとどまっている。

 「三隈」は、1942年6月のミッドウェー海戦で沈没してしまうので太平洋戦争で戦った期間は短い。とはいえ、緒戦で「最上」や駆逐艦「敷波」、第5水雷戦隊の「名取」に第11駆逐隊「初雪」「白雪」「吹雪」、第5駆逐隊とともに米重巡洋艦「ヒューストン」と豪軽巡洋艦「バース」を撃沈した1942年3月1日のバタビア沖海戦は有名だ。

 しかし、三隈(というか最上型4姉妹)の戦歴としてそれ以上に注目したいのが、地味ながらも日本の水上戦闘艦艇が成功した唯一の通商破壊戦「ベンガル湾機動作戦」だ。この作戦で三隈と最上、駆逐艦「天霧」で構成する馬来部隊南方隊は、4月6日にインド本土東岸のCocanada港沖まで進出、所属水偵が発見した敵商船5隻を午前11時から午後3時にかけて断続的に撃沈している。この作戦における三隈の消費弾数は主砲120発高角砲22発(熊野と鈴谷も駆逐艦「白雪」とともに馬来部隊北方隊を編成してインド本土Pizagapatam沖まで進出し敵商船8隻を沈めている)。

 ただ、この作戦は脱出が遅れた敵商船を掃討するという短期間の戦術的な通商破壊という側面が強く、独海軍の水上艦艇が行った長期間遠距離航海による戦略的通商破壊戦とは性質が異なると言えるだろう。

ボードウォーゲーム「INDIAN OCEAN ADVENTURE」(GDW)でベンガル湾機動作戦における4月6日1200の戦況を再現してみた。「三隈」「最上」「天霧」の南方隊(TaskForce1)はCocanada沖で商船5隻を沈めている。この作戦には「熊野」「鈴谷」「白雪」の北方隊(TaskForce2)のほか、中央隊(TaskForce3)として軽空母「龍驤」重巡「鳥海」軽巡「由良」駆逐艦「夕霧」「朝霧」が参加して、龍驤所属機が商船8隻撃沈5隻大破を報告している

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2404/18/news134.jpg 21歳の無名アイドル、ビジュアル拡散で「あの頃の橋本環奈すぎる」とSNS騒然 「実物の方が可愛い」「見つかっちゃったなー」の声も
  2. /nl/articles/2404/18/news025.jpg 生後5日の赤ちゃん、7歳のお姉ちゃんから初めてミルクをもらうと…… 姉も驚きの反応がかわいい
  3. /nl/articles/2404/18/news057.jpg 9カ月の赤ちゃん、バスで外国人の女の子赤ちゃんと隣り合い…… 人生初のガールズトークに「これは通じあってますね!」「ベビ同士の会話、とろけます」
  4. /nl/articles/2404/17/news037.jpg 【今日の計算】「8+9÷3−5」を計算せよ
  5. /nl/articles/2404/17/news034.jpg 「妹が入学式に着るワンピース作ってみた!」 こだわり満載のクラシカルな一着に「すごすぎて意味わからない」「涙が出ました」
  6. /nl/articles/2404/18/news155.jpg 大谷翔平選手、ハワイに約26億円の別荘を購入 真美子夫人とデコピンとで過ごすかもしれないオフシーズンの拠点に「もうすぐ我が家となる場所」
  7. /nl/articles/2404/17/news179.jpg 「ケンタッキー」新アプリに不満殺到 「酷すぎる」「改悪」の声…… 運営元「大変ご迷惑をおかけした」と謝罪
  8. /nl/articles/2404/16/news192.jpg 「ゆるキャン△」のイメージビジュアルそのまま? 工事の看板イラストが登場キャラにしか見えない 工事担当者「狙いました」
  9. /nl/articles/2404/17/news129.jpg 「ハーゲンダッツ硬すぎ!」と力を入れたら……! “目を疑う事態”になった1枚がパワー過ぎて約8万いいね
  10. /nl/articles/2404/16/news175.jpg 「そうはならんやろ」をそのまま再現!? 「ガンダムSEED FREEDOM」のズゴックを完全再現したガンプラがすごすぎる
先週の総合アクセスTOP10
  1. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  2. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  3. 安達祐実、成人した娘とのレアな2ショット披露 「ママには見えない!」「とても似ててびっくり」と驚きの声
  4. 兄が10歳下の妹に無償の愛を注ぎ続けて2年後…… ママも驚きの光景に「尊すぎてコメントが浮かばねぇ」「最高のにいに」
  5. “これが普通だと思っていた柴犬のお風呂の入れ方が特殊すぎた” 予想外の体勢に「今まで観てきた入浴法で1番かわいい」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評
  8. お花見でも大活躍する「2杯のドリンクを片手で持つ方法」 目からウロコの裏技に「えぇーーすごーーい」「やってみます!」
  9. 弟から出産祝いをもらったら…… 爆笑の悲劇に「めっちゃおもろ可愛いんだけどw」「笑いこらえるの無理でした」
  10. 3カ月の赤ちゃん、パパに“しーっ”とされた反応が「可愛いぁぁぁぁ」と200万再生 無邪気なお返事としぐさから幸せがあふれ出す
先月の総合アクセスTOP10
  1. フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. 親が「絶対たぬき」「賭けてもいい」と言い張る動物を、保護して育ててみた結果…… 驚愕の正体が230万表示「こんなん噴くわ!」
  3. 水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
  4. フワちゃん、収録中に見えてはいけない“部位”が映る まさかの露出に「拡大しちゃったじゃん」「またか」の声
  5. スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  6. 桐朋高等学校、78期卒業生の答辞に賛辞やまず 「只者ではない」「感動のあまり泣いて10回読み直した」
  7. 「これは悲劇」 ヤマザキ“春のパンまつり”シールを集めていたはずなのに…… 途中で気づいたまさかの現実
  8. 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
  10. 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」