ニュース
» 2013年10月30日 09時15分 公開

艦これ艦娘“作戦的”プロフィール「サボ島沖海戦」編千歳と思った? 残念、ボイシでした!

秋のイベントにちなんだ「史実の鉄底海峡」2回目は、「ワレアオバ」で提督たちも知っている“あの”夜戦だ。でも、彼のことは責められないと思うのよねー。

[長浜和也,ねとらぼ]

だって、夜はいないと思うじゃない

 1942年10月11日に起きたサボ島沖海戦は、第6戦隊の重巡洋艦「青葉」「衣笠」「古鷹」「加古」とその護衛の第11駆逐隊第1小隊「吹雪」「初雪」が、レーダーを使った敵艦隊の待ち伏せで“えらい目”にあった夜戦だ。この戦いで青葉大破、古鷹と吹雪が沈没、衣笠と初雪が小破した。しかし、日本軍も古鷹と衣笠、初雪の反撃で敵駆逐艦1隻を撃沈、重巡・軽巡・駆逐艦それぞれ1隻を撃破している。

 日本軍をレーダーで先に見つけていた米軍は、きれいな丁字で迎え撃つ……はずだったが、直前の順次回頭で陣形が崩れて混乱したのと、旗艦の旧式レーダーでは発見できず、司令官が味方駆逐艦の可能性を疑ったため先制攻撃ができなかった。敵味方識別で攻撃できなかったのは米軍も同じだったことになる。日本軍も攻撃を受ける前に敵を発見していたが、第6戦隊旗艦の青葉が味方と誤認して敵味方識別の発光信号を送っているうちに敵の集中砲撃が次々と命中してしまう。

 “出会い頭の一発”で青葉と吹雪がガスッっとやられて右に逃げる。古鷹はいったんは行動計画通りに左に逃げたが、青葉を助けるために右に戻って敵から青葉をかばいつつ反撃する。しかし、古鷹は敵巡洋艦を撃退したものの青葉の身代わりとなって沈没してしまう。衣笠と初雪は左に回避しながら反撃を行い敵駆逐艦を撃沈。さらに、有効な砲撃で敵巡洋艦を次々と撃退していった。

 サボ島沖海戦は、「日本が負けた初めての夜戦」と評価されているが、自分より優勢な敵艦隊(巡洋艦4隻・駆逐艦5隻)に丁字で頭を押さえられる圧倒的に不利な状況から果敢に反撃して、古鷹と吹雪を失いながらも敵駆逐艦1隻撃沈、敵巡洋艦2隻・駆逐艦1隻撃破の戦果を挙げている。夜戦に強い日本海軍は依然として健在だった。

米海軍は2133にレーダーで日本軍を発見するも味方と誤認して攻撃できず。ようやく2145に距離4000(メートル、以下同)で砲撃開始(写真=左)。先制攻撃を受けた青葉は第1砲塔第3砲塔に被弾火災。吹雪も距離500で砲撃するも被弾して2213沈没。古鷹は青葉をかばいつつ2146に反撃を開始。衣笠と初雪は左に回って反転しつつ敵駆逐艦を撃破する(写真=中央)。古鷹と衣笠、初雪は反転後も2154から距離4000と7000で有効な砲撃を行い、0013から0028にかけて敵巡洋艦と駆逐艦を撃退する。しかし、青葉の“盾”となった古鷹は0028に沈没した(写真=右)

 敵の初弾で負傷した第6戦隊司令官は戦闘終了後に死ぬまで同士討ちと信じていた。当時の日本海軍は「米水上艦艇は夜間に出撃してこない」と考えていたのに加えて、同じ夜に重火器砲弾食糧を輸送する水上機母艦「日進」「千歳」と直衛の駆逐艦「秋月」「夏雲」、そして、駆逐艦輸送として「綾波」と第9駆逐隊「朝雲」、第11駆逐隊「白雪」「叢雲」が同じ海域で行動していた。

 こういう前提条件を考えると、暗闇の海に艦影を発見したら、まず「おや、あれは日進か千歳?」と考えたのもやむ得ない。暗闇の海を自分で航海した経験がある俺提督としては第6戦隊司令官に同情を禁じえなかったりする。

 輸送部隊は第6戦隊が撃たれまくっている間に揚陸を終えて全艦無事に退却する。しかし、夜が明けてから青葉を救うために戻ってきた叢雲と夏雲はヘンダーソン基地からの航空機攻撃を受けて沈没する。その乗員を救助したのは前夜の戦いを生き残った初雪だった。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2402/22/news039.jpg 長女と赤ちゃんの夜のルーティンが「可愛いしか言えん」 愛が強すぎな姉から逃げる姿に「嫌いじゃないのねw」「素敵な姉妹」
  2. /nl/articles/2402/22/news147.jpg つんく♂、「僕の大好きな妻」と元モデル妻の貴重ショット公開 「めちゃくちゃお綺麗」と反響
  3. /nl/articles/2402/21/news158.jpg 業務スーパーの“高コスパ”人気冷凍商品に「基準値超え添加物」 約1万5000個販売……自主回収を実施
  4. /nl/articles/2402/22/news030.jpg 夫が妻に「お芋モンブラン」を作ったら放送事故発生 爆笑の結末が940万再生「夫婦そろってギャグセン高すぎ」
  5. /nl/articles/2402/22/news034.jpg 着物警察のハラスメントにプロ着付け師が物申す 「ひどい着方ね」に対するスカッとするアンサーに「よくぞ言ってくださいました」
  6. /nl/articles/2402/21/news017.jpg 庭にアジサイがあるなら知っておくべき!? 春になる前に急いでやりたい“大きな花を咲かせる”お手入れ術に反響続々
  7. /nl/articles/2402/22/news008.jpg 2歳娘、雪遊びででっかいおにぎりを作ってニコニコ→突然の暴挙に「ほんっとに天使すぎる」「豪快w」 ママを笑わせる姿が770万再生
  8. /nl/articles/2402/22/news165.jpg 「BreakingDown」こめお、大会関係者のグラドルとX上で“場外乱闘” 「頭沸いてんのかヤリマンが」「アバズレ」
  9. /nl/articles/2402/22/news035.jpg 歩けないカエルが3年間溜め込んだ“大”の量に爆笑!! 想像絶する規格外サイズに「思っていた10倍」「言葉を失った」
  10. /nl/articles/2402/21/news012.jpg 大好きな兄が2階にいってすねちゃった猫、ママが励ますけれど…… 一歩踏み出せない乙女な姿が「なんでこんなにかわいいの!?」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 8歳兄が0歳赤ちゃんを寝かしつけ→2年後の現在は…… 尊く涙が出そうな光景に「可愛すぎる兄妹」「本当に優しい」
  2. 犬が同じ場所で2年間、トイレをし続けた結果…… 笑っちゃうほど様変わりした光景が379万表示「そこだけボッ!ってw」
  3. 宿題する8歳娘と、邪魔しつづける猫を1年記録したら…… 490万再生の愛がつまったやりとりに「最強の名コンビ」
  4. 真田広之の俳優息子、母の手塚理美がエール「彼なりに頑張ってる」 両親ゆずりのルックスに「イケメン」「男前」の声
  5. 野生の鯉を稚魚から育て4年後、判明した事実に飼い主「僕は今まで何を…」 激変した姿に「爆笑してしまいました」
  6. 1歳妹を溺愛する18歳兄、しかし妹のひと言に表情が一変「ちがうなぁ!?」 ママも笑っちゃうオチに「かわいいし天才笑」「何度も見ちゃう」
  7. 食用でもらった車エビ、4歳息子に「育てたい」と懇願され…… 水槽で飼育した貴重な記録に「可愛い姿見せてくれてありがとう」
  8. 2歳娘とパパ、愛と平和しかないやりとりに「100億年分のストレスが消滅した」 涙が出るほど幸せな会話に称賛の声
  9. 3歳双子姉妹、17歳お姉ちゃんを修学旅行で見送ったら…… 寂しくて号泣する様子に「もらい泣きです」「愛されてますね」
  10. 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「天までとどけ」長女役、芸能界の「負の連鎖」訴え 主演俳優の“お誘い”拒否し「他の演者やスタッフからも無視」「本当の事なんか誰も話さない」
  2. 田代まさし、南部虎弾さん通夜で“一団”に絡まれる騒動へ……にらみ合いの末に「ちょっと来い」「止めろよお前」
  3. 妊娠中の英俳優、授賞式での“金太郎”ドレスが賛否両論 「半裸の妊婦なんて見てられない」「ホットなママ」
  4. 「変わんないもん俺のと」 所ジョージ、ホンダ軽を超速カスタムで高級外車と“まったく同じ”外見に 「朝から楽しいよ」「完璧!」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「意識もうろう」「何も食べられない」 すい臓がんステージ4の森永卓郎、痩せた顔出しで“最悪の時期”告白 息子は「『死ぬ』が冗談に聞こえなかった」
  7. 授業参観の度に「かっこいい」と言われた父親が10年後…… 「時間止まってる?」と驚愕の声がやまない父子の姿が870万再生
  8. 65歳マドンナ、ワールドツアー中のダンスが“おばあちゃん”だと視聴者衝撃 「もうやめなよ」「こんなふうに終わりを迎えるなんて」
  9. 人気ブロガー医師が4年の闘病の末に42歳で逝去 夫が伝える「素敵な女性がいたということを皆様の心に残していただければ」
  10. 能登半島地震により海底が“隆起”→すさまじい様子を収めた写真に「自然の脅威を感じる」