ニュース
» 2013年12月08日 10時53分 公開

艦これ提督的ウォーゲーム要務令「日本機動部隊」編弓道部の艦娘と戦いたい提督は購入急げ!(1/2 ページ)

12月8日は太平洋戦争開戦の日。例年に増して注目のこの日に真珠湾、珊瑚海、ミッドウェー、ソロモン、南太平洋と、主要な空母戦をウォーゲームで体感する!

[長浜和也,ねとらぼ]

空母戦をシンプルルールと短時間で体感できる!

 時は西暦1941年12月8日。大日本帝国海軍の空母航空隊が真珠湾に停泊中の米艦隊に攻撃を開始した。それから72年後の日本は、130万人を超える提督が美少女と化した日本海軍の艨艟(もうどう)たちと仲むつまじく日夜戦い続ける軍事大国に成長した。

 全国130万の艦これ提督諸君! 艦娘のことをウィキペディアや艦これまとめWikiで調べるうちに「真珠湾攻撃で第2次攻撃をやっていれば」とか「ミッドウェー海戦で雷爆換装をしていなければ」とか思うようになったりしていないかな! なったりしたか! よおぉぉぉし! おじさんはうれしいぞお!

 そういうことならば、ボードウォーゲームで艦隊を指揮してみないか。え、ウォーゲームって、無駄に複雑で難しくてやたら時間がかかる廃人限定のゲームでしょうっと。いや、それは大いなる誤解だ。シンプルなルールと1〜2時間の常識的な時間でできるウォーゲームもたくさんある。

 空母戦なら、国際通信社の「日本機動部隊」がいい。空母や戦艦、巡洋艦は1隻1ユニット艦名入りで登場するし、シナリオには珊瑚海海戦からミッドウェー海戦、そして、秋イベントで登場した海域名の元ネタになった「イーストソロモン海戦」(第二次ソロモン海戦)と「サンタクルーズ諸島沖海戦」(南太平洋海戦)があるから、「翔鶴」「瑞鶴」姉妹や、大人びた「赤城」「加賀」姉さんたちに元気のいい「飛龍」「蒼龍」コンビを指揮して空母戦ができる。もちろん、「金剛」型高速戦艦4姉妹や「愛宕」「高雄」の“どっかん”重巡コンビで激しい夜戦やヘンダーソン飛行場の艦砲射撃も行えるぞ。

 ルールもシンプルで、かつ、チュートリアルのミニシナリオで少しずつ覚えることができる。最初のチュートリアルシナリオは「真珠湾攻撃」だ。おお、奇遇にも、きょうは12月8日! ということで、ちょっと一緒にやってみようか。


マップは1941年12月7日朝の真珠湾を再現している。米戦艦を配置して、攻撃に参加した空母航空部隊を用意する。航空隊ユニットは1ユニットで9機。第一次攻撃隊は爆装(800キロ徹甲爆弾搭載)の九七艦攻5.5ユニットと雷装の九七艦攻4.5ユニットが登場する。このシナリオでは航空隊で軍艦を攻撃するルールを覚える(写真=左)トラトラトラ! ワレ奇襲に成功せり。第一次攻撃隊は、5機の喪失で戦艦を1隻撃沈し、2隻を中破した(写真=左)。第2次攻撃隊は九九艦爆9ユニットで攻撃。戦艦4隻撃沈の戦果を挙げた(写真=右)


著名な海戦のミニシナリオでルールを段階的に把握する

 ミニシナリオには、真珠湾攻撃のほかにも索敵ルールを覚える「マレー沖海戦」や水上砲雷撃戦ルールを覚える「スラバヤ沖海戦」を用意している。

 日本機動部隊の索敵ルールは、マップにおいた本物の艦隊ユニットとダミーのユニットの中から本物の艦隊を見つける仕組みになっているが、索敵をするたびに引くチットの内容によっては「艦種誤認!」が発生して、珊瑚海海戦のような「空母と思ったらタンカーだった」という状況や、ミッドウェー海戦のように「空母がいないと思ったら空母がいた」といった状況が発生する。

 砲雷撃戦のルールは、昼間海戦で射程の長い艦種(戦艦>重巡>軽巡>駆逐艦の順で射程が長い)だけが砲撃ができて、両方のプレイヤーが合意すれば次に射程の長い艦種が攻撃できる一方で、夜戦になったら、すべての艦種がいきなり最初から攻撃に参加できるだけでなく、「日本の駆逐艦」は攻撃力が2倍(!)になったりするなど、艦これにおける戦闘の流れと共通している。


ダミーユニットを使った索敵ルールは、索敵を行うときにチットを引いて、その結果に合わせて相手にユニットの内容を「報告」する。チットに内容によっては間違った報告をしてもいいため、索敵報告の判断が重要になってくる(写真=左)。砲雷撃戦は昼間と夜戦でルールが異なる。昼間は射程の長い艦でないと攻撃に参加できないが(写真=中央)、夜戦では、いきなり駆逐艦の雷撃で敵主力艦を抹殺することも可能だ!(写真=右)


       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 勝手に「サービス終了ゲーム総選挙」をやったら6700票も集まってしまったので結果を発表します 2位の「ディバインゲート」を抑えて1位に輝いたのは……
  2. ママとの散歩中、田んぼにポチャンした柴犬さんが帰宅後…… パパに一生懸命アクシデントを報告する姿がいとおしい
  3. “26歳年の差婚”の菊池瑠々、第4子妊娠を発表「もう、とにかくうれしいです!」 年上の夫も満面の笑み
  4. 桐谷美玲、隠し撮りに「絶対ヤバい顔」 “ほぼ半目”な不意打ち写真に「100点満点に可愛い」と全力フォローの声
  5. 村田充、3匹目の愛犬の存在明かす 神田沙也加さんから引き取ったブルーザーとは「数日で仲良くなりまして」
  6. 三浦孝太、母・りさ子誕生日に“家族4ショット”でお祝い キングカズも笑顔の写真に「家族が1番!」
  7. バレー日本代表の清水邦広の再婚に盟友・福澤達哉さん「相手は私ではございません」 元妻は中島美嘉
  8. 「駅の待合室をバケモンが占領している」→“謎の生き物”の正体について大分県立美術館に話を聞いた
  9. 滝沢カレン、倖田來未の“バックダンサー”になりすまし 感極まって「人一人洗えるくらい泣きました」
  10. 宮崎駿愛用の「電動消しゴム」が故障 → サクラクレパス公式が倉庫の奥から発掘 Twitterが繋いだ温かな展開が話題に

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」