ニュース
» 2013年12月20日 13時47分 公開

カラオケ定番曲を世代別にみると、歌謡曲→JPOP→ネットの流れが一目瞭然だった件どんどん二次元化!

時代の鏡って感じ。

[ねとらぼ]

 カラオケ「JOYSOUND」が、2013年の世代別年間カラオケランキングを発表しました。会員数900万人のカラオケコミュニティーサービス「うたスキ」の歌唱履歴に基づき、10代から60代までの人気曲を年代別に抽出しています。世代ごとに傾向が見事に違うのが面白いですよ。

photo 10代

 まず、圧巻なのが10代のランキングのボカロ人気。1位の「千本桜」を筆頭に、トップ20の実に半数がVOCALOID曲という結果です。さらに、3位に入った「女々しくて」を除いた残りの9曲はいずれもアニソン。「女々しくて」がニコニコ動画で大ブレイクしたことも考えると、ネットの動画サービスやアニメの影響の大きさがうかがえます。

photo 20代

 20代は、トップ20のうち13曲がアニソンというアニメ世代。残りの7曲のうち、「女々しくて」を除いた6曲はボカロ曲。10代の傾向とのつながりもありつつ、よりアニメ派になったのが20代といった感じですね。

photo 30代

 30代は、ボカロ曲が「千本桜」の1曲にとどまる一方、アニソンは10曲がランクイン。「粉雪」をはじめ、ロックやJPOPの存在感もこのあたりから増してきます。

photo 40代

 40代は懐メロやアニソンが入り乱れるランキング。「天城越え」が入っているかと思えば、ボカロ曲の「千本桜」もランクインしているほか、「進撃の巨人」のオープニング曲としてブレイクした「紅蓮の弓矢」も入るなど、ジャンルの幅広さが目につきます。

photo 50代

 50代は、ランクインするアニソンが「宇宙戦艦ヤマト」になるなど、時代を感じさせる結果に。演歌や歌謡曲の人気も目立ちます。そして60代になると圧倒的に演歌や歌謡曲が強いですね。これは想像に難しくありません。

photo 60代

 演歌、歌謡曲、JPOP、アニソン、そしてボカロ――時代とともにカラオケの人気曲も移り変わっているんですね。ちなみに全くの想像ですが、例えば「歌ってみた」の練習にカラオケで1曲を集中練習したりとか、ユーザーの属性によるカラオケの使い方の違いなんかも、ランキングに影響していたりするのでしょうか? 若い世代がどんな風にカラオケを活用しているのか、ちょっと気になります。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  2. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  3. 有吉弘行、妻・夏目三久との“イラストショット”を公開 蛭子能収からのプレゼントに「下書きも消さずにうれしい!!」
  4. 「印象が全然違う!」「ほんとに同じ人なの!?」 会社の女性に勧められてヘアカットした男性のビフォーアフター動画に反響
  5. 梅宮アンナ、父・辰夫さんの看板が黒塗りされ悲しみ 敬意感じられない対応に「残酷で、余りにも酷い行為」
  6. 子猫が、生まれたての“人間の妹”と初対面して…… 見守るように寄り添う姿がキュン死するほどかわいい
  7. 工藤静香、バブルの香り漂う33年前の“イケイケショット” ファンからは「娘さんそっくり」「ココちゃん似てる」
  8. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  9. 後藤晴菜アナ、三竿健斗との2ショット写真で結婚を報告 フジ木村拓也アナ、鷲見玲奈アナからも祝福のコメント
  10. 「とりあえず1000個買います」 水嶋ヒロ、妻・絢香仕様の“白い恋人”に財布の紐が緩みまくる