ニュース
» 2013年12月27日 10時00分 公開

「このマンガがすごい!」にランクインしなかったけどすごい! 2014――を選んでみました虚構新聞・社主UKのウソだと思って読んでみろ!第11回(1/4 ページ)

虚構新聞・社主UKのウソだと思って読んでみろ!第11回は今年お気に入りだったマンガベスト10を発表します。1万字以上の渾身のレビュー(長いっ!)です。

[虚構新聞・社主UK,ねとらぼ]

 ねとらぼ読者のみなさん、こんにちは。虚構新聞の社主UKです。

 月日が経つのは早いもので、「虚構抜きで書いてるの?」と疑われながら始まった本連載も、日を追うごとに「おい、どうやらマジメに書いているらしいぞ」とささやかれ、いつの間にやら11回目を迎えました。これもひとえに、社主の類まれなる選別眼読者のみなさんからのご声援のおかげです。あ、あと最近「ねとらぼ」記事では芸人顔負けに体を張っている敏腕美人編集M女史にも大変お世話になりました。

 何だか少女マンガの「あとがき&スペシャルサンクス」みたいな書き出しですが、ともあれこれが今年最後の連載です。

画像 今年もたくさんマンガ読んだよー!

年末だから今年のマンガを振り返ろう

 さて、毎年年末ともなるとマンガ界隈はにわかに盛り上がりを見せはじめます。というのも、「ダ・ヴィンチ」「オトナファミ」など、書評を掲載する雑誌が毎年恒例の年末企画として、この1年で面白かったマンガのランキングを次々と発表するのです。そしてマンガ読みはその結果に一喜一憂し、「これは順当」「あれは過大評価」など、あれこれ議論を交わしながら年を越します。

 これら「年間マンガランキング」に入賞したマンガというのは、さっそく帯に「第○位獲得!」と載りますし、書店での扱いも破格のものとなります。それまで知名度の低かったマンガが入賞を機に一気にスターダムにかけ上る様子は、まさにマンガ界の「M−1グランプリ」といった様相。すでに大手書店では各種ランキング結果がダイレクトに反映されたレイアウトになっているはずなので、ぜひ一度お近くのマンガコーナーをのぞいてみてください。

影響力大の「このマンガがすごい!」

画像

 そんなランキング企画は数あれど、現在最も影響力を持っているのは何と言っても宝島社の「このマンガがすごい!」です。同誌のあり方には賛否両論ありますが、上位作品は確かに面白い。去年までの3年間選者として参加した社主も同誌を新しくマンガを買うときの参考にしていますし、総合ランクだけでなく、自分と趣味の似通った選者が挙げた未読作品を読んでみるという使い方もできます。ちなみに社主と最も趣味の近い選者は毎年「京都大学漫画研究部」で、今年もハトポポコ先生の別作品「けんもほろろ」(竹書房)をしっかり入選させているあたり、さすがだなと思いました。

 これ1冊あれば、とりあえず面白いマンガ選びには困らない「このマンガ〜」ですが、それでもやはりフォローしきれない良作は多々あります。例えば本連載で取り上げた「僕らはみんな河合荘」「青春しょんぼりクラブ」「ひまわりさん」は、実際読んでみた人からはとても評価が高いにもかかわらず、残念ながらいずれもランク外。本連載で紹介した中で入賞を果たしたのは、渡辺カナ先生の「花と落雷」のみでした。

虚構新聞・社主UKが選ぶ「このマンガがすごい!」にランクインしなかったけどすごい! 2014

 そこで今年最後の今回は「このマンガ〜」では入賞を逃したものの、社主が「すごい!」と思った10作品(男女区別なし)をランキング形式で紹介していきます。対象は今年発売のマンガで、「このマンガ〜」の男女編各50位(計100作品)に含まれず、また過去本連載で紹介していない作品です。

 それではさっそく「虚構新聞社主が選ぶ『このマンガがすごい!』にランクインしなかったけどすごい! 2014」ランキング発表です。どうぞ!

ぜ、全部知らない?

 今、このランキングを眺めているみなさんの心の声が手に取るように聞こえてきますよ。

 「知らない……」

 ですよねー。できるだけ「このマンガ〜」と重複しないことを念頭に厳選した結果、このようなランキングになりました。逆に言えば、同誌がどれほどメジャー作品を広く網羅しているかということの裏返しでもあります。

 しかし、あなどるなかれ! この10作品は本当ならそのどれもがこの連載で1つ1つ個別に取り上げ、その面白さをゆっくり紹介したいのを、断腸の思いで泣く泣くリストアップした次第です。この場での紹介だけで終わらせてしまうのが本当にもったいない。

 それでは、やや駆け足気味ですが、入選作を順に紹介していきます。

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2110/21/news155.jpg 伊藤かずえ、13年間ともにした愛車とお別れ 総走行距離は14万キロ超で「今まで本当に有り難う」と感謝
  2. /nl/articles/2110/21/news173.jpg だって安室ちゃんがついてる! 中川翔子「この写真を見れば生きていける」1枚が100人力どころじゃない頼もしさ
  3. /nl/articles/2110/22/news092.jpg ROLAND、“両サイドの巻き髪”が強い新ヘアに賛否 称賛の一方で「あぁ金髪ローランドが恋しい」との声も
  4. /nl/articles/2110/22/news077.jpg つるの剛士、10年前の家族ショットに時の流れ実感 “このころ影も形もない次男”にしみじみ「今年は七五三」
  5. /nl/articles/2110/20/news095.jpg 「これはガチ長所」 採血で発覚した思わぬ長所を描いた漫画が「うらやましい」と話題に
  6. /nl/articles/2110/22/news028.jpg 「あなた一日中家にいるの? はー…シンドイ」→妻が不機嫌になった意外な理由 “ちょっと怖い妻”の漫画がおそろしくかわいい
  7. /nl/articles/2110/21/news013.jpg カリスマ美容師が子猫をスタイリングした結果…… 笑撃の仕上がりが電車の中で見てはいけないやつ
  8. /nl/articles/2110/21/news050.jpg 「攻殻機動隊」タチコマの“コスプレ”がすごい完成度 人が乗れて走ってアームも動く!
  9. /nl/articles/2110/21/news010.jpg “新人猫の受け入れに精魂尽き果てた管理職の猫です” あおむけで脱力寝する姿に「おつかれさま」「昇給してあげて」と励ましが集まる
  10. /nl/articles/2110/21/news023.jpg 「ババアの年金パワーが火を吹くよ!」 85歳のおばあちゃんがガチオタクになった漫画 孫を驚かせた衝撃の進化

先週の総合アクセスTOP10

  1. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  2. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  3. 有吉弘行、妻・夏目三久との“イラストショット”を公開 蛭子能収からのプレゼントに「下書きも消さずにうれしい!!」
  4. 「印象が全然違う!」「ほんとに同じ人なの!?」 会社の女性に勧められてヘアカットした男性のビフォーアフター動画に反響
  5. 梅宮アンナ、父・辰夫さんの看板が黒塗りされ悲しみ 敬意感じられない対応に「残酷で、余りにも酷い行為」
  6. 子猫が、生まれたての“人間の妹”と初対面して…… 見守るように寄り添う姿がキュン死するほどかわいい
  7. 工藤静香、バブルの香り漂う33年前の“イケイケショット” ファンからは「娘さんそっくり」「ココちゃん似てる」
  8. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  9. 後藤晴菜アナ、三竿健斗との2ショット写真で結婚を報告 フジ木村拓也アナ、鷲見玲奈アナからも祝福のコメント
  10. 「とりあえず1000個買います」 水嶋ヒロ、妻・絢香仕様の“白い恋人”に財布の紐が緩みまくる